カテゴリ:ため池( 127 )
2015カイボリシーズン
 加古川市志方町西牧で今シーズン初めてのカイボリがあった。揚げた魚の総量は385kg、ほとんどがコイとヘラブナだった。あとはブラックバス、アメリカザリガニ、モズクガニ3匹、ドンコ1匹。
e0020945_16131292.jpg

e0020945_161488.jpg

池はヘドロの蓄積もなく、小さな池なのでカイボリ初体験の学生も楽しめた。
e0020945_1651379.jpg
e0020945_16104199.jpg

ブラックバスの総量は25kg、大物は1匹だけだったが稚魚が多かった。
e0020945_162857.jpg

山沿いのため池で水質が良く、取った魚を直ぐに捌いて、フライにしてご馳走になったが、泥臭く無く非常に美味しかった。
e0020945_16324100.jpg

11月28日には下の写真の寺田池のカイボリが待っている。こちらはトン単位で魚が揚がると予想される。
e0020945_16413100.jpg

by ecoism-toshi | 2015-10-25 16:14 | ため池
東二見新池カイボリ Catching Fish at New Higashifutami Pond
 1月25日、今シーズン2度目のカイボリを行った。前日の下見で、魚の量が少ないとが解っていたので、私は写真係をする。学生参加者は10名、捕獲総量は122kg。

We had caught fish second time in this season, January 25. In preliminary inspection of the day before, so when a small amount of fish had been found, I took photo on the embankment. 10 students participated. The total fish amount is 122kg.
e0020945_1454218.jpg

女子学生もヘドロと格闘中。

The female student was fighting with sludge.
e0020945_1453311.jpg

天然鰻を6匹捕獲しました。現在、雨水タンクで泥抜き中です。泥抜きが完了したら鰻重にして食べたい。

Six natural eels were captured. They are pulled out mud in rainwater tank now.
e0020945_14545486.jpg

今回、海苔の養殖を行っている漁協の方が多数参加してくれていた。カイボリ後に、消防用ホースを使ってヘドロの排出を行った。このシーズンに海苔に栄養が供給されないと色落ちして、美味しい海苔ができない。池に溜まったヘドロを排出し富栄養化を改善し、海の養殖海苔に栄養を供給する作戦だ。

This time, many fishermen cooperated who are farming of seaweed. After Kaibori (catching fish), the sludge was exhausted using firefight pump. If the nutrients is not enough for seaweed in this season, seaweed can not be delicious. The accumulates sludge was discharged to improve the eutrophication in the pond. It is strategy to supply nutrients to the farming seaweed in the sea.
e0020945_14554076.jpg

by ecoism-toshi | 2015-01-25 15:07 | ため池
2014レンコン堀大会 Digging lotus root tournament 2014
 恒例の西島皿池のレンコン堀大会に学生6名と参加してきた。掘ったレンコンの可食部(レンコンの直径が約3cm以上)の長さを競う。これまで数年間、明石高専が入賞していたので、今年も気合を入れて参加した。副賞の餅米を1月のブラジル学生との交流餅搗き大会に使おうという計画もあった。
 レンコン堀を1時間するとヘトヘトです。私も翌日筋肉痛でした。

I had been participating with six students in the digging lotus root tournament of annual Nishijima Irrigation Pond. It is competed for length of edible part of the lotus root which diameter of lotus root is more than about 3cm. Because NIT Akashi College team had won in the past few years, we participated by also fired up this year. We had a plan to use the sticky rice of tournament prize for making rice cake with Brazilian student in exchange program next January. After digging the lotus root for 1 hour, it is exhausted. I was muscle soreness on the next day.

e0020945_14452782.jpg

結果は、敗退。優勝は124cm、入賞するには115cmを超える必要があった。参加人数が増えて、レベルが上がっています。

We were lose. Winning record is 124cm, to prize had to more than 115cm. An increasing number of participants, the level has gone up.
e0020945_14502056.jpg

お腹が空いたので、帰りにリヤカーでドライブスルーを利用して丼をお持ち帰りした。

Since we were hungry, bought takeaway the bowls using the drive-through with Rear Car on the way home.
e0020945_1448753.jpg

by ecoism-toshi | 2014-12-23 14:46 | ため池
17号池 カイボリ Catching Fish in 17th Irrigation Pond
 地下水が給水されているため17号池は富栄養化が進んおらず、ドブガイ、テナガエビなどが多く生息していた。外来種ではブラックバスとアカミミガメがいた。量の多い順にコイ、ヘラブナ、ナマズ、メダカ、ムツゴ、アカミミガメ、クサガメ、スッポン、テナガエビといったところだろうか。ヘドロはないので臭くは無かったが泥が予想以上に深く苦戦した。捕獲総重量は993kgだった。

Underground water is supplyed to 17th Irrigation Pond, thereby progress in eutrophication is not. Sinanodonta woodiana and macrobrachium nipponense are living in it.
In descending order of Carp, Herabuna, Catfish, Medaka, Mutsugo, Trachemys scripta, Chinese pond turtle, Soft-shelled turtle and macrobrachium nipponense inhabited.
e0020945_1349988.jpg

 今回のカイボリ担当キャプテンのYくん。鯉とお友達。このサイズのコイが大量にいた。

Mr. Y is Capten of Kaibori who became friend with big Carp. There are many this size carps.
e0020945_13542496.jpg

 最初は泥を浴びるのを気にしていた学生も途中からどうでも良くなり、泥んこ遊びをしていた。

First of the event, students avoided to exposure mud, from middle of event, they enjoyed mud play.
e0020945_13535518.jpg

 今回、泥が深いことを予測していなかったので、トロ箱を持って行かなかった。次のカイボリには浮きと捕獲した魚が入れるために必ずトロ箱を持って行こう。

This time, I did not predict that mud is deep, thereby I did not take Toro box. Let's always bring Toro boxs for floating and keep fish.

1日だけなら、まだ学生よりも動けることが解った。でも次の日の疲れが半端ない。

If only one day, I can move than the students. But there is fatigue the next day.
by ecoism-toshi | 2014-11-25 13:59 | ため池
2014-2015冬のカイボリ Kaibori in winter
 淡山疏水の最末端にある大正時代初期に作られた17号池を半分埋め立てグラウンドを作る。工事をするために池を干し上げるため、カイボリを行う必要がある。数十年間カイボリをして無いので、大きな鯉の魚影が見える。
 11月24日実施予定だが、何処まで水が抜けるかが心配だ。池が大きいので魚の量によっては学生の大動員が必要かもしれない。

No. 7 irrigation pond made ​​in early Taisho era in the end of Tanzan canal will be land filled half and be made a ground. The irrigation pond has to be dried up for construction, it is necessary to Kaibori. Since not to Kaibori for decades, there are big carps.
e0020945_11454627.jpg

 東二見の新池は上流のため池工事に伴い、そこにいた魚を下流の新池に集めてしまっている。魚の個体数が増え過ぎると植生も無くなり、泥をかき回すので富栄養化しアオコが発生している。こちらは、1月25日の午前中にカイボリを実施し、午後からヘドロを排出する予定だ。

Because of contracting the irrigation pond of the upstream, fish was collecting in Higashifutami Sinike Irrigation Pond of the downstream. When the fish populations is too increased, vegetation is eliminated. Eutrophication and waterbloom occurs because churning mud by fish. We are going to do Kaibori in the morning of January 25, 2015. It is planed to discharge the sludge from afternoon in that day.
e0020945_11451815.jpg

 ため池協議会、明石市、東播磨県民局、明石高専と合同で現地を見て段取りを決めた。今年の新ゼミ生3名はカイボリを楽しみにしている。

Irrigation Ponds Council, Akashi City Office, East Harima prefectural Office and NIT Akashi College looked at the site for planning Kaibori. The new seminar students are looking forward to do Kaibori.
e0020945_11445572.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-05 15:34 | ため池
芦刈 Cutting reed
 毎年恒例の大中遺跡に復元している竪穴住居の屋根材となる葦を加古大池に刈にいってきた。明石高専からは20名が参加した。
 このプロジェクトはため池環境の保全を進めるいなみ野ため池ミュージアム、里山林の保全に取り組むひょうご森の倶楽部、史跡の保存整備と活用に取り組む兵庫県立考古博物館と博物館の支援ボランティアグループひょうご考古楽倶楽部、明石高専が共同して行っている。既に4棟が建設せれている。
 屋根材料の葦刈りは手作業なので多くのマンパワーを必要とする。

We went to collect reed which become the roof material of bit house at Onaka Site to Kako Big Irrigation Pond. 20 students participated from ANCT.
The Museum of Irrigation Pond in Inamino which conserve irrigation pond environment and The Hyogo Woods Club which conserve Satoyama, the support volunteer group archaeological club of Hyogo prefectural archaeological museum which maintain historic relics, and ANCT are undertaking this project. 4 pit houses have been built already.
A lot of manpower need to collect reed of roofing materials.
e0020945_18231794.jpg

 この日は、兵庫県立考古博物館のプロモーションムービーの撮影をあり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」をみんなで踊った。やっぱ学生は乗りが良い。

Dancing all together "The fortune Cookie to love" of AKB48 that will be promotion movie of Hyogo prefectural archaeological museum was taken on that day.The Students are upbeat.
e0020945_18224968.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-29 13:12 | ため池
レンコン堀大会  Digging lotus root tournament
 恒例となった西島皿池のレンコン堀大会に学生11名を連れて参加してきた。胴長、長手袋、レンコン堀用スコップまたは鍬、バケツをリヤカーに積んでため池に向かう。

I participated in digging lotus root tournament of Nishijima irrigation pond with 11 students. Long boots, long gloves, shovels and hoes for lotus root ditches, and buckets were carried with human trailer to Nishijima irrigation pond.
e0020945_14322768.jpg

 昨年掘った場所は水たまりになっているので、水たまりは避けて蓮の枯れた茎が有る所を掘るとレンコンがある。以下の順序で掘っていく。体力勝負です。
1.深さ50〜60cmの自分が入れ大きさの穴を掘る。
2.掘った土で水たまりから水が流れ込まないように堤防を作る。
3.横に穴を広げていくとレンコンに当たる。
4.レンコンに沿って穴を広げていく。
 掘り起こすことで底質土への酸素供給効果もあるだろうが、ヘドロの使い道を考えて掘ったヘドロを浚渫できれば、もっと良いのだが。

The places dug last year are puddles, so lotus root is not in puddles. There are lotus roots in the place with lotus withered stalk without puddles.
How to dig lotus root are showed in following.

1.Dig a hole of 50 ~ 60cm depth which you can be in it.
2.Create a dike to prevent water of puddle with soil dug.
3.Widen the hole in the side to hit the lotus root.
4.Go to expand the hole along the lotus root.
The lotus root digging needs physical strength match.

There will also supply oxygen to the effect of sediment soil by digging. If you could use sludge for fertilize, it is ideal.
e0020945_14345573.jpg

 可食部の長さを競うレンコン堀大会にエントリーし、N君が2位になり米を5kgもらっていた。ここのところ、優勝を逃している。来年こそ、優勝を狙いましょう。
 ため池の保全に関わっている関係者への感謝祭という意味合いもあり、継続されている。この池のレンコンは市販のレンコンと種類が違い、細いが粘りがあり美味しい。レンコンの天婦羅と焼き芋をご馳走になった。

We entered in lotus moat tournament to compete length of the edible portion, and Mr. N had got 5kg rice in second place. I have missed the championship. Next year, let's aim to win.

There is also a saying that thanksgiving to the people of working for conservation ponds, and it is continuing. I ate a baked sweet potato and tempura lotus root. The lotus root is different type of commercial, and thin, but the lotus root is delicious and tenacity.
e0020945_14341234.jpg

 江井ヶ島皿池にもレンコンを移植してレンコン堀大会ができれば楽しそうだ。アカミミガメが蓮の新芽を食べらてしまうので、レンコンを移植する前に個体数を減らす必要がある。

It's fun digging lotus root tournament if possible by implanting the lotus root also Eigashima dish pond. Because Trachemys scripta eat all buds of lotus, it is necessary to reduce the number of Trachemys scripta before implanting the lotus root.
by ecoism-toshi | 2013-12-23 19:34 | ため池
江井ヶ島地区ため池ワークショップ Eigashima irrigation ponds workshop 
江井ヶ島皿池、谷池の保全活動に関わり初めて7年になる。アオコが発生して悪臭が漂っていたころに比べるとずいぶんと水質も改善し、皿池南へ移植したアシやガマも繁茂した。とは言っても、流入水の水質が劇的に改善せれた訳ではなく、これからも保全活動を続ける必要がある。昨年に引き続き、今年も江井ヶ島地区ため池ワークショップに学生5名を連れて参加してきた。

It has been seven years since the preservation activities of Eigasima irrigation ponds were begun. Compared with the situation of irrigation ponds which blue-green algae occurred and bad smell had generated, it has improved now and reed and bulrush which transplanted to the irrigation pond grew thick.
e0020945_1441296.jpg

 高齢者の多いため池管理者のグループの中に学生が入ると、お祖父さんと孫のようで雰囲気が和む。学生はワークショップに参加することで、世代間での考え方の違いやため池の現状を知ることができる。

When students enter into the group of irrigation pond administrator with many elderly people, it will become the atmosphere of grandfather and grandchild, the atmosphere will be softened. By participating in a workshop, the student can know the difference in the view between generations, and the present condition of irrigation ponds.
e0020945_14403442.jpg

 行政に要求するだけでなく、ワークショップで出てきたアイデアを自分たちで一つでも実行に移して行きたい。

I would like to realize at least one idea which came out in the workshop by ourselves, without requiring of governmental agency.
by ecoism-toshi | 2013-12-22 19:41 | ため池
クリーンキャンペーン in 江井ヶ島谷池 Cleaning in Eigashima Irrigation Pond
 11月9日(土)江井ヶ島谷池でクリーンキャンペーンが行われ、学生12名が参加した。地域企業、自治会にも呼びかけ、参加者も増えた。

Clean campaign was performed in Eigashima Irrigation Pond on Sat., November 9th , and 12 students participated. The local companies and residents were also called to and participants increased in number.
e0020945_10171178.jpg

江井ヶ島皿池北、皿池南、谷池の3つの池を3年サイクルで順番に池干しをしている。今年は、谷池を干す年になっている。池の底のゴミを拾っていく。

In winter season, Eigashima North Dish Pond, Eigashima South Dish Pond, and Valley Pond are dried in a three-year cycle. Eigashima Valley Pond is dried this year. The garbage at bottom of the pond is gathered.
e0020945_10185896.jpg

自転車や消火器など様々なゴミが捨てられている。

Various garbage such as bicycles and fire extinguishers were dumped.
e0020945_10252221.jpg

本日の収穫物。

Harvest of today.
e0020945_1026661.jpg

清掃の後は、何時ものように焼き芋とお茶を頂いた。

After cleaning, the students received baked sweet potato and tea.
e0020945_1020020.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-10 21:52 | ため池
第2回アカミミガメ捕獲作戦 2nd Turtle capture
 3月10日のカイボリ、8月20日の第1回ミシシッピーアカミミガメ捕獲作戦でも個体数がまだ多いため、11月6日高専祭の代休日に学生9名が参加し、第2回ミシシッピーアカミミガメ捕獲作戦を行った。
 前日に東播磨県民局の方がトラップを仕掛けてくれていたので、現地到着後にトラップを引き上げる。

Since Kaibori on 10th March and 1st Trachemys scripta capture on 20th August also still three are many numbers of Trachemys scripta , nine students participated in the makeup holiday day of College festival on November 6, and it held the 2nd Trachemys scripta capture.
The students pull up the traps which are sat up by officer of East Harima Resident office on the previous day.
e0020945_916539.jpg

 春先と秋口が一番良く取れるそうだが、少し気温も下がっていたので、どれだけ取れるか心配していたが、大漁でした。

It is said that beginning of spring and beginning of autumn are best season for capturing Trachemys scripta.
Since temperature has also fallen for a while, I was worried to cannot catch Trachemys scripta before sow the traps, but it was a big haul.
e0020945_9175654.jpg

 和亀保護の会の西堀さんから、ミシシッピーアカミミガメとクサガメの雌雄の見分け方のレクチャーを受ける。

Students learned how to recognize the sex of Trachemys scripta and Chinemys reevesii from Ms. Nishihori of Conservation Japnese Tortoise.
e0020945_919430.jpg

ミシシッピーアカミミガメとクサガメに分類したあと、直線甲長、体重、雌雄を記録していく。

After classifying into Trachemys scripta and Chinemys reevesii, shell length, weight, and sex are recorded.
e0020945_9173585.jpg

クサガメは測定済みかが解るように甲羅に小さな穴を開けて池に戻す。クサガメも江戸時代末期に大陸から持ち込まれた生物と言われているが、アカミミガメほど繁殖していないため駆除対象とはしていない。ただ、石亀の生息地では交雑問題がある。

Chinemys reevesii is maked a small hole in shell and returns to the pond so that it may recognized to be measured.
Although Chinemys reevesii was carried from Asia Continent in Edo period, since it has not bred like Trachemys scripta, it has not been considered as extermination.
e0020945_9171494.jpg

 亀は卵の産み付けられた地温で雌雄が決まる。今回捕獲したアカミミガメの9割がメス、クサガメは9割がオスだった。メスが多いアカミミガメが圧倒的に繁殖に有利に思う。クサガメの生き残り戦略は「増えすぎない」なのだろうか?
 水中で冬眠中、水に解けた酸素を咽頭粘膜・総排泄口粘膜から直接取り入れることができ、水陸両方で生きることが出来る上に、30年以上長生きできる。亀ってすごいと改めて感心した。

It is possible to be able to have taken directly from the pharyngeal mucosa, total excretion mouth mucosa oxygen hibernating in water, was dissolved in water, to live in the land and water both. It can live longer than 30 years. It is impressive and amazing for me.
by ecoism-toshi | 2013-11-07 13:13 | ため池
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧