<   2005年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧
ゾウに乗るなら頭の上(タイNO.3)
タイにクライミングに行ったとき、レスト日に家族でゾウに乗りに行った。ゴム園の中をゾウに乗ってまわるのだが、ゾウの背中は乗り心地が良くない。ゾウの歩き方は、右前足、右後足を同時に運ぶ、つぎは左前足、左後足を同時に運ぶ、その結果ゾウの背中は左右に大きく揺れる。ゾウの背中には椅子を取り付けているが、掴まっていないと振り落とされそうになる。揺れない場所は頭の上だ(動物園で観察してください)。2才だった長男は、抱っこされ特等席の頭の上で御満悦。ゾウ使いさん、ありがとう。
e0020945_1691896.jpg

by ecoism-toshi | 2005-09-30 08:17 | 旅の記憶
エコロジーな行為とは
ゴミ問題NO.7でエコロジーな行為と書いたが、最近「エコ」と言う言葉が氾濫し、いったい何が「エコ」なのか首をかしげたくなる「エコ」がある。問題の本質を見ないで小手先だけの対策を建てていると、下の「高月先生の環境まんが」のようになっていく。

本質を見ない(見えているのだが見えないフリをしている?)、理念が無い政策が多過ぎる。
e0020945_963183.jpg

by ecoism-toshi | 2005-09-30 08:10 | 環境問題
ゴミ問題NO.7
なぜ、ゴミ問題が生まれたかはゴミ問題NO.6までで見てきたが、ではどうすれば解決できるのか。結論から言ってしまうと、エコロジーな行為が、エコノミー(経済的にお徳)にすることだ。

例えば、都市部でゴミ処理費用は年間一人当り2万円以上かかっている。ゴミ処理費用には汚染物質の排出などの環境負荷は含まれていないので、もっと大きな費用がかかっていることになる。しかし、ゴミ処理費用は税金から払われているので、ゴミをたくさん出そうが、少なかろうが同じだ。現状の「エコな人」の善意にのみたよる政策では、改善の方向に進まない。

また、商品の製造者の側も、ゴミ処理費用は税金で払われるので、ゴミを減らすことが直接コスト削減に結び付かない。

エコロジーな行為が、エコノミー(経済的にお徳)になる飴と鞭の政策が必要だ。
by ecoism-toshi | 2005-09-29 08:05 | 環境問題
エコロジーとエコノミー
エコノミー(経済)とエコロジー(生態)は、本来対立するものでは無いはずだ。
エコノミクスとは、もともとギリシャ語でオイコノミクスといって、共同体のあり方と言う意味だそうだ。経済は人間の世界のあり方だ。一方、エコロジーは生態学、人間を生態系を構成する一員とみる考え方だ。つまり、エコノミーはエコロジーの一部に入っていなければならない。
それが、エコノミー(経済)が拡大し、本来エコロジー(生態)の内で行われなければならないものが、はみだして母体を荒し始めた。
by ecoism-toshi | 2005-09-29 08:00 | 環境問題
スズメバチ
北六甲の岩場に直径50cmはあるキイロスズメバチの巣ができていた。雨のかからない前傾した岩を登る機会の多いクライマーはスズメバチの巣を見る機会が多い。最近、スズメバチの焼酎漬けが強壮剤として販売されているが、かなり高価だ。

昔、クライマーが、イワタケを取って、お金を稼いでいた話を聞いたことがある。一般人には近寄れない、岩場にあるスズメバチの巣をとり、スズメバチの焼酎漬けができれば、クライマーの新しい収入源になるのかも? ただし、完全防備で挑まないと命の保証はありません。
e0020945_16373050.jpg

by ecoism-toshi | 2005-09-28 08:17 | クライミング
5才児にわかる循環
「ペットボトル活用法」に書いたが、わが家の♂はペットボトルに小便を取っておく。長男は5才の時から始めた。ある日、長男が「オシッコってぐるぐる回っているの?」と私に聞いてきた。「どういう意味?」と聞くと、「だって、僕のオシッコ、野菜さんが好きなんでしょ、野菜さんがオシッコたべて、僕が野菜たべて、またオシッコして」そのとおり。

5才児にわかる循環だ。1才の次男は、まだオムツ(当然布オムツ)だが、トイレ・トレーニングが終わったら、ペットボトル・トレーニングを始めてみよう。
by ecoism-toshi | 2005-09-27 08:15 | たのしいエコライフ
ペットボトルの活用法
わが家の♂は、オシッコを水洗トイレに流さない。ペットボトルに取っておき、毎日落葉と混ぜて堆肥にしていく。落葉を堆肥にするには、窒素が足りないが、小便の中には尿素があり窒素の添加材として使える。小便は汚くない、病気でもなければ無菌だ。飲尿療法といって飲む人がいるのだから、これは確かだ。

臭いが出ないようにするには、たくさんの落葉が必要だ。落葉が少ないと窒素過多となり、アンモニアを発生させてしまう。落葉に小便をかけ、その上にまた落葉をかけると臭いが出ない。

大便、小便を合わせたし尿の栄養分の約80%が小便にある。つまり、小便を水洗トイレに流さなければ、河川の富栄養化への負荷も5分の1になるということだ。その上、良い堆肥ができれば、一石二鳥。
by ecoism-toshi | 2005-09-27 08:01 | たのしいエコライフ
ボルダーリングジャパンカップ
連休中、神戸ポートアイランドで開催されたボルダーリングジャパンカップのお手伝いに行っていた。第1回大会ということもあり日本のトップクライマーが参加していた。保持することが不可能に感じる悪いホールド、遠いホールドへのランジなど、選手への負荷も大きい。故障している選手を何人か見かけた。日本には有望な若い選手が何人かいるが、体のケアーを若いときからしておかないと故障で引退してしまう選手が出てくるのではないかと心配してしまう。さすがに、世界の平山選手には専属スタッフが付いていて体のケアーをしていたが、若い選手も今からケアーできる仕組みを作っておく必要があると思う。
e0020945_1620127.jpg

by ecoism-toshi | 2005-09-26 18:06 | クライミング
アントレプレナーになろう!
アントレプレナー:Entrepreneurとは起業家。

社会問題を解決するために起業した人を社会起業家:ソーシャル・アントレプレナー(イギリスで発達)、アメリカではソーシヤル・ベンチャーという。1980年代イギリスのサッチャー首相が財政赤字をなくすといってナショナル・サービスを次々にカットした。そうすると、小学生が学校に行けない、病気になっても病院に行けない人がでてきた。これじゃいけないというので民間の人が乗り出した。それがイギリスの社会起業家の第一陣だそうだ。

私は一度、自分のプランを再検討するために、読んでみた。解かりやすく書かれている。

最近、日本でも社会起業家の必要性が叫ばれているが、人材が不足している。これから、起業してみようと言う人には、必読。
e0020945_9385218.jpg

by ecoism-toshi | 2005-09-26 08:04 | 読んだ本・見た映画
組織のかたち
株式会社、有限会社、組合、NPO法人、宗教法人など、組織の形式上のかたちは色々ある。事業の目的、事業方法によって選べばよいのだが、どうも自分がやろうとしている事業にぴったりの法人形態がない。

株式会社を立ち上げたというと、「そんなに儲けてどうするの」と言われる。どうも、株式会社というと儲けるための会社というイメージがあるようだ。事業の目的に賛同して出資してくれるのなら、キャピタルゲインが目的でない出資もあるはずだ。できれば、少数の人に大金を出資してもらうより、小額を事業目的に賛同してくれた多くの人に出資してほしい。

NPO法人でも専任スタッフ(従業員)を雇用すれば、従業員なしの我社(株式会社)よりよほど儲けなくてはならない。人は霞を食って生きているわけでもなけらば、聖人でもない。私も働いてくれた人には、金銭的にも報いたいが、まだ先のようだ。
by ecoism-toshi | 2005-09-23 17:15 | その他の仕事
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧