<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
ヤバンな科学
池内先生は、宇宙物理学者であるが、幅広い見識を持っておられる。氏は21世紀のあるべき科学は「等身大の科学」「アカデミーから地域へ」「風土に根ざした科学」であると主張されている。私も同感だ。

「超」や「スーパー」が付く科学に莫大な研究費が使われている。一方で科学と技術が生み出した解決しなければならない問題(負の遺産)が我々の身の回りにあふれている。最先端科学に比べ、地道で脚光も浴びないが地域での地道な研究が今求められている。
e0020945_1726295.jpg

by ecoism-toshi | 2006-01-31 08:26 | 読んだ本・見た映画
腕時計も非電化
数年間使っていた、腕時計がこわれてしまった。方位磁石が付いていると旅行の時に便利なのでカシオのPRO TREKを使っていた。

買い替えるにあたり今回は機械式を選んだ。理由は、
1、腕時計に使われるボタン電池は使用数が多いだけに廃棄量がバカにならない。
2、機械式の時計は、クオーツ時計に比べ長持ちする。

HAMILTONの自動巻時計をネットで見付けたので買った。一日に20秒早く進むので最初はちょっと気になったが、たまに止めて時間を合わせれてやれば問題ない。自己満足だが電気を使わないで動いているが嬉しい。
e0020945_16585987.jpg

by ecoism-toshi | 2006-01-30 07:59 | たのしいエコライフ
餅つき大会
学校と地域の行事で餅付き大会があった。1年生の長男と一緒にいって餅つきをしてきた。学校行事に参加して何時も思うことは父親が少ないことだ。それぞれの家庭の事情はあるだとうが、父親が子供と一緒に地域や学校の行事に参加することは、仕事と同じように大事なことだと私は思っている。お金を稼ぐために働くだけが、父親の役目ではないはずだ。
by ecoism-toshi | 2006-01-28 15:35 | 父親・夫として
ガラクタを捨てれば自分が見える
研究室の机の上に書類と本が積み重なり、机が見えなくなってきたが忙しさにかまかけ、放っていた。そんなとき原田誉一さんのブログ でこの本の記事を見たので読んでみた。

風水の理論と整理の効果については信じがたい部分もあるが、呼んでいると片付けようと思う気にさせてくれる。整理をしようと思っているがきっかけが無い人にお薦め。
e0020945_15375033.jpg

by ecoism-toshi | 2006-01-27 19:40 | 読んだ本・見た映画
特許流通フェア−
26日、27日とインテックス大阪で行われる特許流通フェア−の明石高専ブースの店番に行く。教師の仕事はここ数年間、増える一方だ。会議、出張で学生と一緒に実験やディスカッションする時間が減ってきている。

ちなみに、インテックス大阪で「はらぺこ君」も展示しています。
by ecoism-toshi | 2006-01-25 08:08 | 教師の仕事
ルート開拓
クライミングを始めて10年以上になるが、ルートの開拓をしたのは初めてだ。これまでは、開拓する時間があればもっと多くのルートを登りたいと思っていた。壁の掃除、試登、プロテクションのセットをしていると一本のルートを作るのに何日もかかる場合がある。

自分自身が登る時間を割いて開拓してもいいなと思えるようになり、ルートを引いてみたいと思う岩に出会った。これも運命か。
by ecoism-toshi | 2006-01-24 08:27 | クライミング
ビジネススーツ
私がビジネススーツを着るときは、儀式(行事)の時ぐらいだ。ほとんどが自転車と徒歩で移動し、省エネを心がけた生活をするにはビジネススーツは具合が悪い。クールビズやウォームビズなどと言われる10年以上も前から、日本の風土にあった服装をしてきたつもりだ。たまに、スーツを学校に着て行くと学生から「先生どうしたん?」と質問されてしまう。

ビジネススーツを全員が着ているような会合に、ちょっと違った服装で参加するのは勇気がいるが、ライフスタイルを変えようというアピールにはなっていると思う。それと、日本人の体型にはどうもスーツは似合わないと思うのは私だけだろうか?
by ecoism-toshi | 2006-01-23 08:04 | たのしいエコライフ
空間の公私の境界
ある方が、公園の隅に花壇を作って公園の美化を行っていた。すると、公園に花壇を勝手に作っていると、お役所に苦情の電話があったそうだ。何のために電話をしたのか不明だがどうも、公の空間はお役所が管理するものという意識が住民にあるようだ。しかし、この考え方が行き詰まりにきている。

財政面、住民の自治意識の向上のためにも、街路樹、公園などの維持管理を市民に委託する方向に進んでいる。住民自身が緩やかなルールを作り住民の手で地域を美化する。それを行政がサポートする仕組が必要だ。

そうすると、物理的には空間の公私の境目が明確にあるが、そこで行う活動には公私の境目が明確でなくなる。ある人が、公的空間を美化することが楽しみであるのなら、それは個人の楽しみでもあり、公の活動でもある。道路(公的な空間)を自家用車の駐車場がわりにするなどは論外だが。
by ecoism-toshi | 2006-01-21 08:29 | その他
高齢化社会
団塊の世代が定年退職するなか、小型耕耘機が売れているそうだ。登山(ハイキング)、家庭菜園などもブームのようだ。若い頃は、刺激の多い都市生活がよくても、年をとると自然の中で、ゆったりとした生活がおくりたくなるのだろう。

確かに、田舎で暮らすと高齢者が体を動かす仕事がいくらでもある。私の祖母は99才で亡くなる2週間前まで農作業をしていた。
by ecoism-toshi | 2006-01-20 07:50 | 菜園
分業
働くのは、本来、生活するため(お金を稼ぐためでは無い)だが、分業が進むとお金をだして他人にやってもらうことが多くなる。その結果、お金を稼ぐために働くことになる。生活の基本の衣食住しかり。ちょっと昔なら、食べ物のほとんどは自給し、調理もしていた。家も大工さんに作ってもらいながらも、自作できる部分は自分で作った。服も縫った。やぶれたら繕もした。

お金を出せば買えるのだから便利だが、これが行き過ぎるとお金があると何でもできるという錯覚に陥る。完全に自給することは不可能(その必要もない)でも、楽しみとして自作、自給する部分を残して行きたい。
by ecoism-toshi | 2006-01-19 08:08 | たのしいエコライフ
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧