<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
薪入荷
 ため池の整備をしたときに、知り合いになった造園屋さんが、近くの団地の樹木を伐採したので持ってきてくれた。樹種は、ヤマモモ、ケヤキ、楠、樫。市街地では、樹木を伐採すると廃棄物になってしまう。明石高専で薪ストーブを使っていることが世間に知れると燃料が自然に集まってくる。これまで集めた薪と合わせると2年分の燃料が備蓄できた。
e0020945_10284214.jpg
e0020945_10285114.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-31 07:28 | 薪ストーブ
自然農
 自然農とは、耕さない、除草しない、肥料を与えない、農薬を使用しないことを特徴とした農法とされている。現実には、草刈りや地力によっては堆肥(糠など)も使っている場合が多いようだ。私も家庭菜園で、ほぼ自然農に近い状態で栽培している。以下の本を読んだが、最終的にはどれだけ生態系(土、植物、虫、地域の気候など)を読み解く力があるかにかかっているように思う。以下に私なりの方法をまとめておく。
1、耕さない
 腐植土が積み重なり、柔らかい土になっていれば耕さなくてもよい。地力の無い土地でいきなり不耕起栽培をしても、育つ作物は限られる。刈った雑草で表土を覆って置けば、ミミズなどが耕してくれる。

2、除草しない
 除草しないといっても、作物に雑草が勝ってしまうようなら、抜くなり刈るなりする。私の場合刈った雑草でマルチをしているので、それほど雑草は生えない。雑草も残しておかないと虫の餌がなくなる。

3、肥料を与えない。
 私の場合は、雑草堆肥と生ごみ堆肥を使っている。腐植土の層ができれば堆肥の量も少なくて済む。物質循環を考えると、生ごみや排泄物は使って行くべきだと考えている。

4、農薬を使わない。
 まったく使っていなが、野菜が元気であれば農薬は必要ない。そのためには、栽培品種、種まきの時期、土の状態に注意する必要がある。自家消費用であれば、すこし虫食い跡があっても問題ない。
e0020945_10533531.jpg
e0020945_10534150.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-30 07:53 | 読んだ本・見た映画
マラウイ記
 国家予算の半分を海外からの援助に頼る南部アフリカの最貧国マラウイにシニアボランティアで行かれた木下氏の体験記を送っていただいた。木下氏は明石高専の卒業生で縁あって、お会いする機会があった。マラウイは1人当たりのGDPは200ドル以下、HIVの罹患率は20%を超え、5歳未満の乳幼児の死亡率は40%に達するそうだ。
 本の帯に「ハイテクなんていらない。ローテクこそが必要だ!」と書かれている。裏返せば、今なおハイテク機器を送って援助しましたと言っている国があるということだろう。ハイテク機器をいくら送っても壊れたら直すこともできない。ゴミを増やすだけだ。
e0020945_1048581.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-29 07:39 | 読んだ本・見た映画
アゾラの回収方法
 7月23日に江井ヶ島ため池協議会、兵庫県と共同してアゾラの回収を行った.アゾラの回収方法に改良を加えたので、まとめておきます。

準備する物:回収ホース、網、一輪車、胴長、回収用カゴ、ボート、ロープ

1.写真のように約30cmピッチで結束バンドで2本のホースを束ねる。ホースの1本は空気の入った状態で末端を塞ぐ。もう1本は、水を入れられるように開けておく。2本の内1本に水をいれることでアゾラを引き寄せるときにホースが重くなり、ホースがアゾラの上に逃げなくなる。
e0020945_9375089.jpg


2.大きめの網ですくい取る。今回は三谷釣漁具店の養魚用ステンレス二重枠三角玉網のLサイズを使いました。
e0020945_954994.jpg


3.水深の深い池のゾラを回収するならロープとボートが必要。

4.一輪車(猫車)で回収したアゾラを運ぶ。岸辺に揚げただけでは分解したアゾラが雨で池に戻る。アゾラは、適度に細かく空気を含み、窒素が含有率も多いので堆肥化速度が早い。臭いもほとんどしない。
 今回はアオミゾロも揚げたが、アオミドロは積み上げると臭くなる。アオミドロは積み上げる前に乾かす必要がある。
e0020945_9555582.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-27 19:19 | ため池
近畿ブロック大会
 新潟国体出場をかけた近畿ブロック大会が19日リード(星田ウォール)、20日ボルダー(ナカガイジム)で行われた。少年男子の結果は4位に終わり、新潟国体には出場できなかった。1位滋賀県、2位京都府が本選に出場する。
 滋賀県はKOーWALLの奥村氏がKid,sの育成から力を入れており、ボルダーは圧倒的な強さを見せた。京都も奥井さんが熱心に指導しており、リードは強かった。クライミング競技もレベルが上がり、小学生から育成し才能のある子供を発掘しないと勝てなくなっていきそうだ。
by ecoism-toshi | 2009-07-22 18:52 | クライミング
アゾラ集め
 ため池で大量発生したアゾラを全て取り除くことは無理だろうが、放っておくと沈殿してヘドロになってしまう。アゾラは空気中の窒素を固定する能力があるため、富栄養化した池では栄養分の蓄積が早まることになる。
 今のところ利用方法は堆肥ぐらいしか思いつかないが、回収する方法を試してみようということになった。30mのホース2本結束し、アゾラを近くに引き寄せ網ですくい上げる方法を試してみた。人間の数と網さえあれば回収できそうだ。
e0020945_14561268.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-17 15:20 | ため池
ひまわり
 江井ヶ島皿池のヘドロを浚渫したマウンドに今年はヒマワリが植えられている。ヘドロは粘土質のため、植物残渣を混ぜて土質を改良しないと乾燥するとカチカチに固まってしまう。それでも、栄養分が多いため青々とした大きな雑草が生え始めている。
 浚渫したマウンドの一部に昨年はコスモスが植えられ、今年はヒマワリが植えられた。一面にヒマワリの大きな花が咲き綺麗です。
e0020945_18443628.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-14 07:44 | ため池
湯原合宿
 湯原クライミングセンターで兵庫県少年男子と少年女子の合同合宿を行った。少年男子は強化選手3名の中から近畿ブロック大会に出る2名を選ぶのが今回の合宿の目的だった。
 結果は、昨年と同じメンバーになった。3人ともドングリの背比べで飛び抜けた選手がいない。来週の近畿ブロック大会で、もし2位までに入り新潟国体に行くことになったら、秋にもう一度選考を行う予定だ。
 湯原クライミングセンターに津山高専クライミング同好会が練習にこられていた。以外に高専でクライミングをしているところがあるのですね。
 地元クライマーで以前一緒にコンペにも出ていたM本君に何年ぶりかで会った。M本君は少年の育成にも力を入れているようだ。
e0020945_16544621.jpg
e0020945_1654555.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-13 19:05 | クライミング
バスツアー
 妻が某手芸店のキャンペーンで2等の日帰りバス旅行を当て、私も行くことなった。①日生(ひなせ)町漁協市場②農マル園芸③珠屋(真珠・ジュエリー)④倉敷美観地区に行ってきた。
 備前市日生町の五味の市では名物の牡蠣アイスを食べ、水揚げされた魚を見物。
 農マル園芸でブルーベイリー園を見学したが、味はイマイチ。ここで買った桃の方が美味しかった。
 珠屋は淡水真珠のジュエリーのお店だが、ここでの営業のオバサンがすごかった。まず、ネックレスを買いそうな人を指名して試着してもらいべた褒め。その人たちは全員買ってました。長年の経験で買いそうな人が解るのでしょうね。私は真珠より、真珠を生み出すヒレイケチョウ貝に興味があった。
 倉敷美観地では、骨董品屋を中心に見学。久々に妻と二人だけの旅行で楽しかったのですが、バスの車内は狭いし結構疲れた一日でした。
 企業のキャンペーンに買物ツアーを組み込んだバスツアー会社の作戦ですね。
e0020945_1755929.jpg
e0020945_14253071.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-10 08:06 | 旅の記憶
薪トカゲ
 今年は薪の入荷量が多かったため、Yさんのアイデアで第2作「薪トカゲ」を作ることになった。梅雨の晴れ間をついで卒研生全員と協力者を募り、一気に組み上げた。蒸し暑い中での作業で皆さんバテぎみだったが、なんとか完成。
 作業のあとは、井戸水で冷やしておいた今年2個目の自給スイカを皆で頂きました。偶然通りかかった学生さんにもスイカを食べてもらって完食。
e0020945_17502524.jpg
e0020945_17503770.jpg
e0020945_17515842.jpg

by ecoism-toshi | 2009-07-08 17:50 | 薪ストーブ
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧