<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ズッキーニ
 ズッキーニを毎年植えているが品種改良がされているのか、ここ2~3年栽培したものは、雄しべが少なく、雌しべばかり付き、実はなるがあまり大きくならない。葉が大きいため成長すると自重で茎が折れてしまう。今年も茎が折れてしまったが、折れた茎に付いていた最後の実が肥大化して一つだけ巨大なズッキーニが収穫できた。
e0020945_13294792.jpg

e0020945_1330781.jpg

栽培方法を調べてみるとズッキーニの葉の茎を折り曲げて支柱に巻きつける方法がズッキーニの倒伏防止方法に載っていた。これは、良いアイデアだと思う.来年は、作るのを止めようと思っていたが、K先生の大好物でもあるのでこの方法で栽培してみよう。
by ecoism-toshi | 2011-06-29 06:52 | 菜園
環境系NPO
 先日、研究補助金を頂いているコープ神戸環境基金の会合に学生と一緒に出席してきた。私としてはどんな方が環境系NPOに関わっておられるのかに興味があった。あわよくば、ため池の保全活動に協力してくれそうな環境系NPOが見つからないかとも思っていた.出席してみて気づいたことは、ほとんどの方がため池に入るのは体力的に無理そうな定年退職後の方々だった。学生の団体などが1つぐらい見つかるかと思ったがまったく無い.
 現役で仕事を持ちながら、環境系NPOに関わっておられる方もいることはいるが、極めて少ないようだ。最近になって政府が音頭をとって仕事と生活の調和(ワーク・ライフバランス)といい始めたが、裏を返せば仕事に追われ、生活時間が奪われているということだ。自分たちの居住地周辺で(Act Locally)環境保全活動や環境教育が重要だとは言われているが、さて誰がその活動を担っていくのだろうか?
by ecoism-toshi | 2011-06-28 06:37 | 環境問題
台風被害
 台風5号の接近で明石でも昨日から強風があり、菜園の野菜が倒れた。トウモロコシは倒れているが何とか復活できそう。
e0020945_7495580.jpg

トマトは支柱ごと倒れていたが、トマトの茎は折れていないので復活できそうだ.それにしても、今年は5月、6月に日本に台風が2個も接近してきた。
e0020945_750280.jpg

by ecoism-toshi | 2011-06-27 07:50 | 菜園
アオコ
 カイボリと取水管理で水質が改善していた江井ヶ島谷池に突然アオコが発生していると調査している卒研生から連絡があった。
e0020945_7233060.jpg
現地に行ってみると流入口付近だけでアオコが発生していたので、近日の雨で田植え後の栄養塩を多量に含む水田の水が流入したと考え、水路に沿って調べてみた。 予想どおり田植え後の栄養塩たっぷりの水が先日の雨でオーバーフローしていたようだ。
e0020945_723416.jpg

雨量が多く、池が満水のため赤根川の水を止めていたため、希釈されずに池に入りアオコが発生したようだ。取り合えず、赤根川の水をさばけるだけ入れてもらい希釈する対策を取ってもらおうと思う。 ため池は比較的規模が小さいので原因と結果が解りやすい。
e0020945_7253674.jpg

by ecoism-toshi | 2011-06-22 21:39 | ため池
アオサの堆肥化
 アオサを落葉・雑草堆肥に混ぜて堆肥化を試みてみた。堆肥化する上で海藻は雑草・落葉と違い、水分を吸ったときに強度がないため密着して空隙がなくなる。やはり、空隙を作るため雑草・落葉・木質チップのようなものをある割合で混ぜる必要がある.後は、アオサを一度乾燥させると空隙率が大きくなるだろうが、海藻のニオイの問題があるので現場で可能だろうか。卒研生に試してもらおう.
by ecoism-toshi | 2011-06-21 07:42 | 堆肥化
2011梅雨の雑草回収
 今シーズンの雑草集めは、6月6日の「トライやるウイーク」で中学生に雑草回収をしてもらうことから始めた.毎朝、リヤカーに2杯づつ集めれば、2週間ほどで済む予定だ.今年は、5年生の担任をやっていることもあって、クラスの何人かが朝の活動に参加してくれている。朝の早起きは辛いとボヤいているが、やり始めればワイワイと楽しそうに雑草集めをしてくれている。
e0020945_1995750.jpg

by ecoism-toshi | 2011-06-15 19:09 | 堆肥化
堆肥への酸素と水分供給
 学内の落葉・雑草の全量堆肥化も5年目になる。始めたころは手探りでやっていたが、今ではどれだけの量が集まるか、どのタイミングで積み込むの良いか、切り返しのタイミングなど要領を得てきた。今年は、切り返しの回数を少なくし、分解速度を上げるために、堆肥の山の中心にドレインパイプを埋め込むことにした.これで中心部に水分と酸素を供給する作戦だが、どれほどの効果があるかはやってみないと解らない。パイプから熱が逃げるので冬場は設置場所、通気量調整の工夫もいりそうだ。
e0020945_8582889.jpg

by ecoism-toshi | 2011-06-14 08:58 | 堆肥化
グリーンタイド(Green Tide)
 化学肥料が使われ始めると、農業に下肥が使われ無くなった。水に溶けやすい化学肥料は利用量が多いと農地から流出し河川を経由して海へ流れ込む。一方、人間のし尿は水洗便所から浄化槽に流れていき無機化され、液体肥料となって河川から海へ流される。つまり、化学肥料を使うことでダブルで海域の富栄養化が促進される。日本の場合、食料量自給率が30%を切っているので、海外から入ってきた7割の食料の栄養塩がこれに加わる。
 海水中の栄養塩(窒素、リン)濃度の上昇によって、熱帯では珊瑚礁に藻類が発生しサンゴが死滅し白骨化していく被害が深刻だが、温帯地域ではアオサが異常繁殖し海を覆うグリーンタイドが問題になっている。
 根本的な解決は、栄養塩の循環を取り戻すことだが、緊急の課題として写真のように浜に打ち揚げられたアオサを何とかしないと悪臭とヘドロの蓄積がすごい。まずは、この大量のアオサの回収方法を考えなければならない。
e0020945_834177.jpg

by ecoism-toshi | 2011-06-02 08:28 | 堆肥化
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧