<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
成分献血
 人間ドックを受けない代わりに献血は比較的頻繁にしてプチ社会貢献と自分自身の健康チェックをしている。何時もは400ml 献血をしているが、昨日は時間が少しあったので成分献血をした。その後、小便に頻繁に行きなくなり、夜中にも起きてトイレにいった。調べてみると、成分献血時に、血液が固まらないように抗凝固剤(クエン酸+クエン酸ナトリウム)を加えながら採血している。クエン酸+クエン酸ナトリウムは尿の排泄を促すことかから、痛風の治療薬や尿路結石の治療にも使用するそうだ。尿とともに老廃物が排泄されたのか、なんだが今日は関節の動きが軽くなったような気がする。プラシーボ効果だろうか。
by ecoism-toshi | 2012-10-30 07:21 | その他
バガス食器の堆肥化
 今年も高専祭で使ったバガス食器と模擬店から出てきた生ゴミの堆肥化をおこなった。高専祭実行委員を中心に10人集まってくれたので、袋をあける人、埋め込む人と手分けして作業を進めることができたので、1時間ほどで作業は終了した。
 昨年、通気用のドレインパイプ下が嫌気状態となっていた反省から、今年はエアレーション用のドレインパイプを一番下に2本配置し、バガス食器、生ゴミ、堆肥を積層していった。春には堆肥として使える。
e0020945_1515066.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-29 15:18 | 堆肥化
ハイキング
 日曜日、家にいると長男と喧嘩してばかりで喧しい次男を連れ出してハイキングに行ってきた。行き先は、千年家のある衝原→丹生山要明寺→帝釈山→シビレ山→蝙蝠谷→衝原と廻った。丹生山の明要寺は平清盛が福原に都を移した頃は相当栄えていたようだ。その後、別所氏の出城の役割を担っていたが、秀吉に攻められ焼き尽くされたそうだ。石垣に伽藍の面影が残っている。
e0020945_13282938.jpg

「こびとづかん」にハマっている次男はツチノコビトを今回は持参して、コビトがいてそうな場所を選んではツチノコビトを置いて写真を撮っていた。
e0020945_13285159.jpg

蝙蝠谷の山道が途中から険しくなり、小学校3年生にはちょと大変だったが何とか下山した。今度行くなら逆回りの方が良さそうだ。
e0020945_1329584.jpg

蝙蝠谷の呑吐ダムへの合流地点で塩ビの排水パイプ内にニホンミツバチが巣を作っていた。写真左下に写っているキイロスズメバチがミツバチを襲おうとしているのに対してミツバチは集団で防御をしていた。しばらく、息子とミツバチとスズメバチの攻防を眺めてから帰宅した。
e0020945_13292493.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-22 18:26 | 父親・夫として
雑草堆肥の積み方
 私のブログで最もヒット数が多いのが「雑草堆肥の作り方」のようなので、少しは堆肥化についてアップしておきます。今、2012秋の雑草を回収して積み上げているが、積み上げる時に一度に一つ山に積み上げ過ぎると温度が80℃近くに上がり臭いが強くなる。中心部温度が60℃まで上がったら、一旦、別の山に雑草を積み上げてから温度が60℃前後で安定するのを待って、また積み上げる。明石高専学内の雑草・落葉を全て堆肥化するには春と秋の2回、巾2m×長さ5m×高さ2mの雑草の山を3つ作る。堆肥を積み上げるときに分解が進んだ堆肥をふり掛け、水を撒いておくと分解が早い。
e0020945_11505047.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-20 11:51 | 堆肥化
冬野菜発芽
 冬野菜の種まきを早くしなければと思いつつ、畑の準備が出来ずにズルズルと遅れていた。先週末にやっと種まきが出来た。高専の堆肥スペースの横にある菜園は堆肥を使って育つ野菜展示の意味もあるので、いい加減にはできない。解る人がみれば、出来た野菜の形と色で土の良し悪しが解る。もちろん、無農薬有機栽培です。
 今回播いた種は、小松菜、葉大根、水菜、ブロッコリー、キャベツ、青首大根、エンドウマメ、ソラマメ。今のところ、市販の種を買って播いているが、できれば在来品種の種子保存にも協力したい。
e0020945_10532391.jpg
e0020945_1053223.jpg
e0020945_10525069.jpg
e0020945_10523710.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-18 07:27 | 菜園
薪ストーブシーズン前の清掃
 毎年11月中旬から薪ストーブを炊きはじめる。薪ストーブシーズンを前に、昨日、学生と一緒に煙突掃除をした。今回は、ドアのパッキングの交換、室内側の煙突掃除、屋外の煙突掃除、薪ストーブ内もできる範囲で煤を掃除した。やはり、薪ストーブを使いこなすにはメンテナンスが必要だ。
by ecoism-toshi | 2012-10-16 07:01 | 薪ストーブ
Kite Runner
 英語学習を兼ねて英語の原書を読むようにしている。Khaled Hosseini氏の作品A Thousand Splendid Sunsを先に読んで素晴らしかったので、処女作でベストセラーのKite Runnerも読んでみた。
 主人公のAmirは子供の頃に親友Hassanを裏切ってしまった罪の意識を引きずりながら大人になる。その間、舞台のAfghanistanはソ連の侵攻、その後の内戦と悲劇が続く。良家の息子のAmirはアメリカに亡命し、作家として成功し豊かな暮らしを手に入れるが、最後に親友Hassanの息子を助けるために戦乱のAfghanistanに戻ることになる。久々に小説を読んで感動した。
e0020945_13161318.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-15 07:10 | 読んだ本・見た映画
カブトムシの幼虫
 堆肥の切り替えしをしていたらカブトムシの幼虫が出てきた。周囲にはカブトムシの住めるような森は無いので、誰かが飼っていたカブトムシが逃げてきて産卵したのだろうか。隣のカナブンの幼虫と比べると大きさが解る。デカい。春にカブトムシの幼虫を掘りに行ったことはあるが、秋に既にこんなに大きくなっているのを始めて知った。
 明石高専内に、カブトムシが住めるような森を作りたいものだ。
e0020945_18283619.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-12 18:31 | 堆肥化
明石市のとあるため池
 K先生によると明石市のため池の中で富栄養化が最悪の状態と思われる池を見に行ってきた。確かに池の色は抹茶色、見える生物は大量のミシシッピーアカミミガメと大型のコイだけ。相当なヘドロが蓄積しているだろう。浅瀬では大きなコイが泥を巻き上げていた。
e0020945_1546426.jpg

e0020945_15461788.jpg

 この池も、元々は農業用水の確保が目的で作られたものだが、利水域が都市化し水田が無くなったために水利機能が必要でなくなり維持管理がされなくなっている。しかし、一方で周囲が都市化したために洪水緩和機能、地下水涵養機能、微気候調節機能、景観形成機能、生態系保全育成機能といった機能の必要性は高まっている。住民の方に集まってもらって、今後の池の利用と管理についてワークショップをする予定だが、手強そうなため池だ。
by ecoism-toshi | 2012-10-11 07:01 | ため池
2012秋の雑草回収
 秋の雑草回収が始まった。今回、草を刈ってくれた業者さんはチップソーをあまり使わず芝刈り機で刈っていたので、草が細かくなっている。堆肥の積み替え時には、雑草がからまずに掬えそうだが、細かくよく乾いた雑草が回収時に飛び散るのが難点だ。一雨降ってくれれば、回収も楽だし、水分を含んでちょうど良いのだが。
e0020945_18322796.jpg

by ecoism-toshi | 2012-10-10 07:10 | 堆肥化
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧