<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
煙突掃除 Chimney sweeping
 台風27号が去った後、急に気温が下がり秋めいてきた。昨日と今日、今年で7度目の薪ストーブシーズンに備え、煙突掃除を行った。温暖な明石でも、毎年11月下旬には薪ストーブを焚き始める。
 そろそろ、薪割りシーズンでもあるのだが、今年はまだ、薪の原料を入荷していない。明石近辺で街路樹などの伐採木があれば、教えていただきたい。薪のストックは2年分あるが、薪割りトレーニングをしないと腕が鈍ってしまう。

After the typhoon No. 27 went away, temperature has fallen and it has become autumn like. The chimney swept for the 7th wood stove season yesterday and today. It is begun to burn a wood stove even in warm area Akashi late November every year.
Soon, although it is also a wood-chopping season, the materials of firewood have not been arrived yet this year.
If there were felling trees, such as roadside trees, in near Akashi, I would like you to know. While there are firewood stock for two years, my arm will become blunt if I don`t chop woods.
e0020945_17295767.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-31 18:25 | 薪ストーブ
松葉&アオサ堆肥 Pine needle & Sea lettuce compost
 2年前からアオサの堆肥化方法を研究している。堆肥とアオサの積層構造と通気パイプの挿入により一度に数トンの堆肥化が行える方法を開発した。次の課題としてアオサが打ち上げられる海岸に多い黒松の落葉を堆肥の材料として使えないか模索している。昨年の実験で松葉のアレロパシー効果で発芽抑制があることは解っていたが、どれほど持続するのか知るために、分解の進んだ細かい堆肥を使って栽培実験を行ってもらった。蒔いた種は、水菜、小松菜、春菊の3種類、写真の左3列は松葉&アオサ堆肥、右3列が雑草堆肥となっている。同時に蒔いたが、明らかに左3列の発芽が遅れ、発芽数も少ない。発芽してしまえば、よく育つことは昨年実験でも解っているが、松葉を堆肥にするなら説明書が要りそうだ。


The composting method of sea lettuce has been studied from two years before.
We developed how the laminated structure of sea lettuce and return compost, and insertion of pipes with holes can compost at once.
As a next subject, many pine needles on the seashore where sea lettuce is launched can be used for the material of compost, it is inquiring.
Although it turned out that inhibiting germination occurs by the allelopathy effect of pine needle by the experiment last year, in order to know whether it will continue however, the cultivation experiment was conducted using the fine compost which decomposition followed.
Three kinds, Mizuna, Chinese cabbage, and Crown daisy, were planted. The left 3 row are pine needle & sea lettuce compost and the right 3 row are weeds compost of under photograph. Although planted simultaneously, the sprout of left 3 row is clearly overdue, and there are few sprouts.
If it buds, it turns out in the experiment that it grows up well last year, but a description is needed if pine needles are used for compost.
e0020945_921880.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-26 09:44 | 堆肥化
エコロジカル農園の畝たて The trough of Ecological framing
 早く冬野菜の種を蒔かねばと思いながら、夏野菜の残渣処理が遅れ、畑の準備が遅れていた。明石の夏は雨が少ないので夏野菜は不耕起畝無しで上手く栽培できた。しかし、冬野菜を昨年の冬に不耕起畝なしで作ったが、土の含水率が上がりすぎて腐ってしまう野菜が出てきたので、今年は畝を立てた。堆肥を毎年追加しており、有機物が土の中に多いので、肥沃な土壌に出るオオシロカラカサタケの菌で土が白くなっている部分がある。

Time has passed while residue summer vegetables were delayed, I had to prepare the field, and sow the seeds of winter vegetables earlier. Summer vegetables could be grown well at nontillage no-trough field with less rain in the summer of Akashi. However, although winter vegetables were made at nontillage no-trough field in the winter of last year, since the vegetables which the moisture content of the ground increases too much and rot came out, the troughs were made this year.
The compost is added every year, so there are much organic matters in the ground, the part of soil is white with the bacillus of mushroom “Chlorophyllum molybdites” which appears in rich soil.

e0020945_13235577.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-24 17:28 | 菜園
四国仁淀川水系 Rock Climbing in Niyodo River
 Mr.Oから一泊2日の四国クライミングツアーに誘ってもらったので、即答でOKした。研究室でパソコンばかり見てると、たまには自然の中で遊ばないと動物としてダメになってしまう。
 メンバーはモチベーションの高い40歳後半組のMr.Oとよこちゃんと30代オカカマン、現地でコバーン親子に合流。私は岩登り半分、自然の中でのお昼寝が半分楽しみで参加させてもらった。初日は面河川でスラブ課題とマントル課題にトライするが、スラブは全員登れず、マントル課題を登れてのはコバーンだけ。コバーンは以前にもましてパワーが付いていた。

I was invited to Shikoku climbing tour which one night, two days from Mr.O. It consented by the prompt answer. If I use only computers at the laboratory and not play in nature every day, I will become a useless animal.
As for the members, Koban, his son, Mr.O, Yokochan and Okakaman joined at Omogo River. I was looking forward to the nap and bouldering in beautiful nature.
We had tried the slab problem and the mantle problem of White Dolphin Rock, all members cannot climb, but the mantle problem can be climbed by Koban who is upgraded.

e0020945_1036373.jpg

面河川は水が澄んでいて綺麗だ。

The river water is clear and it is beautiful.
e0020945_10423316.jpg

仁淀川本流のエリアに移動して、1級か初段のかぶり課題に私以外は取り付く。オカカマン、一人が完登。私はお昼寝を決め込む。

We moved to Niyodo River and tried the overhang problem except me. Only Okakaman was succeed. I presumed a nap.
e0020945_10385929.jpg

中津渓谷の「ゆの森温泉」でお風呂と食事を済ませ、キャンプ場に移動する。キャンプ場は山の中で気温が低く寒いので、Mr.Oが持ってきたBio Liteで暖を取る。Bio Liteを初めて使ったが、温度が上がれば煙が出ないので人が近寄れ調理や暖房に使える。ファンの電源はサーモモジュール(ペルチェ素子)で自己発電し、火力もあるので、小枝さえあれば調理に使える。USBコネクターから充電もでき防災用品として持って来いだ。

We took the bath and dinner at Yunomori Hot Spring of Nakatsu Ravine, and moved to a campsite.
Since temperature was low in the mountain, It got warm by Bio Lite which Mr.O brought.
Since smoke will not come out if oven temperature goes up, people can approach and it can use for cooking or heating. The heat from the fire generates electricity via a thermoelectric generator to power a fan creating airflow for improved combustion. Surplus electricity is sent to the USB port for charging devices.
e0020945_10414742.jpg

二日目は塗仏のあるエリアに行く。私は4級を登ったあと、テクでなんとかなりそうな1級にトライするが敗退。再び、お昼寝タイムに突入。

We went to area with Nuribotoke Problem on second day. After I succeed 4th class problem, although I tried the 1st class problem that is likely to climb somehow by technic not power. I was defeated and got a nap.
e0020945_10442872.jpg

この川も綺麗だった。仁淀川水系は、クライマーにとっては岩資源がまだまだ眠っている。

This river was also beautiful. For climber, rock resources lie unexploited still more in Niyodo River.
e0020945_10394378.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-14 11:01 | クライミング
スリランカカレー  Sri Lanka Curry
 9月に2週間スリランカで毎日カレーを食べて過ごした。基本的に選択肢はカレー味以外にない。美味しいのだが、めちゃ辛いし、量も多いので1週間ほどすると胃がギブアプしてきた。後半1週間は、お昼はカレーで、夜はバナナを食べて過ごしていた。手で直接混ぜて食べるので、右手の指先が何時もカレーのニオイがした。スリランカから帰って当分カレーは食べたくないと思ったが、1月経過してカレーが食べたくなってきた。「喉元過ぎれば辛さ(熱さ)を忘れる」か。

I had eaten Curry in two weeks every day in Sri Lanka, September. There is no choice other than to curry taste. Although it is delicious, since it is taste hot and much quantity, after week is taken, my stomach had given up. After one week, I ate curry at lunch and ate a banana at supper. Since it mixed directly by hand and ate, there was always the smell of curry in the right fingertip.
 Even if I did not want to eat curry for the time returned from Sri Lanka, I would like to eat curry after passed one month.
Is it "Vows made in storms are forgotten in calms."?
e0020945_10492716.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-11 19:35 | 旅の記憶
2ヶ月放置雑草 the weeds neglected for two months
 毎年6月に学内の雑草を刈って、前期末試験前には堆肥化を始めていたが、今年は草刈りの時期が7月末に遅れ、刈った草を夏休みの間放置していた。2月間放置した雑草は分解も若干進み、栄養分が抜けているため、刈って1週間後に集めた雑草と比べて発熱量が少ないようだ。

Although the weeds had been mowed in June every year and composted before the examination in the end of the first term, the weeds which of mowing in the end of July was neglected during the summer vacation this year.
It seems that there is little calorific value compared with the weeds collected one week after cutting since decomposition also progressed a little and nutritive substance has escaped from the weeds neglected for two months.
e0020945_1546815.jpg

 何時もなら、これだけの量を積み込めば、軽く60℃を超えるのだが、温度上昇が40℃で止まっている。

If a quantity like this weeds is piled up, it will exceed 60 ℃ easily, but the temperature has stopped at 40 ℃.
e0020945_1665482.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-11 16:32 | 堆肥化
高砂海浜公園をゆる〜く語る会 1th meeting which talked about Takasago Seaside Park liberally
 10月1日にNPO法人市民シーズの呼びかけで第1回の「高砂海浜公園をゆる〜く語る会」が開かれた。2年前から高砂海浜公園でのアオサの堆肥化で関っており、今年からは明石高専の「地域貢献、教育、研究の融合プロジェクト」も始まっているので、学生4名を連れて参加してきた。
 ため池関係のワークショップだと参加者は基本的にお年寄りばかりだが、この会には私より若い方が多く参加されており、参加者は20名を超えていた。参加者は、高砂市で何らかの社会活動をされている方々で、活発に発言をされていた。私が知らなかっただけかもしれないが、高砂市の市民参加レベルの高さに驚いた。学生にも良い刺激になったと思う。 
 今後の予定としては11月16日には高砂海浜公園で2回目のアオサの回収と堆肥化を行なう。前回8月17日に堆肥化した約1.5トンのアオサは堆肥化が完了しており、これを戻し堆肥に使い回収したアオサを全て堆肥化する。

“1th meeting which talked about Takasago Seaside Park liberally" was held in the appeal of NPO Citizen Seeds on October 1th.
Since it is concerned by composting of sea lettuce in Takasago Seaside Park from two years before and "The fusion project of local contribution, education and research" of the Akashi National College of Technical has started this year, it has participated with four students.
Many participants are younger than me in this meeting, in contrast with old persons in case of irrigation ponds meeting, and the participants were over 20 persons.
They had spoken actively, who have participated social activity in Takasago City.
Although I did not know, I was surprised at the height of the citizen participation level of Takasago. I think that it had influence good for the students.
As a future schedule, correcting and 2nd composting of sea lettuce are performed in the Takasago Seaside Park on November 16.
The compost was making with 1.5 tons of sea lettuce composted last time on August 17 that will be reused to make compost again.
e0020945_10123295.jpg
e0020945_10124868.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-06 10:40 | 教師の仕事
地域材を使った椅子 Hand made Chairs with local wood
 この夏、明石高専、神戸高専合同の被災地での防災リーダー研修で学生に部品を作ってもらった椅子が気仙沼市本吉町小泉八幡神社のお祭りで使われた。これから、何年も使ってもらえるだろう。
 学生諸君には1,000本以上ある部材の切断、穴あけ、サンダー掛けをやってもらった。表舞台には出てこないそんな地味な作業に支えられて、世の中が動いています。

  The chairs assembled the parts which Akashi National College of Technology and Kobe City College of Technology students made at disaster prevention leader training in Kesennuma this summer. These were used to the festival of Kesennuma Motoyoshi-cho Koizumi Hachiman shrine. These will be used for many years after this.
Students had been cutting, drilling holes, and sanderling credit of the component which exists 1,000 or more. It supports to such simple work which does not come out in a front stage, and the world is moving by these kinds of jobs.

e0020945_9435074.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-02 12:16 | 被災地・国際支援
朝活再開 Activity before Lecture
 明石高専の後期授業が今日から始まった。同時に朝活が再開され、内定式に出席している1名を除いてゼミ生メンバー10名が参加してくれた。
 夏休みの間に、堆肥化は進み、雑草は刈られ、朝の仕事が溜まっている。今日は、学生寮から搬入された雑草の積み込み作業と出来上がったアオサ堆肥の移動を行った。

The 2nd term of the Akashi National College of Technical started today. Morning activity was simultaneously resumed from today and ten seminar students participated except for one student who is attending the ceremony of getting job.
Composting progressed during the summer vacation, weeds were cut, and morning work has accumulated.
The weeds carried from the dormitory garden and sea lettuce compost were moved today.


e0020945_925362.jpg
e0020945_9253178.jpg

by ecoism-toshi | 2013-10-01 12:50 | 堆肥化
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧