<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ツリーハウス  Tree House
 これまで仮設住宅支援で一緒に活動していたK君が100のツリーハウス作りに関わっているということだったので、見学に行ってきた。
徳仙丈山へのハイキング道近くの森の中にツリーハウス1号が作られていた。

I went to 1st Tree House of "100 Tree Houses" which is made by Mr. K who had been improved temporary house with me. The 1st tree house was made in the woods near the hiking trail to Mt. Tokusenjo.
e0020945_14595869.jpg

ツリーハウス1号へのアプローチから見たところです。取り壊された小学校の廃材も使われていて趣がある。

The photograph is a view from the approach to the 1st tree house. The scraps of old elementary school are used and it is tasteful.
e0020945_1504149.jpg

現在、建設中のツリーハウス2号。ツリーハウス作りは楽しそうだ。近かったら学生を連れて手伝いに行くのだが、ちょっと遠い。

The photograph is 2st tree house under construction. Making a tree house seems to be fun. If near to Akashi, I will go to construct tree houses with students, but it is far.
e0020945_1513976.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-28 19:12 | 旅の記憶
小泉川(津谷川) の鮭  Salmons at Koizumi River (Tsuya River)
 活動報告会開催日の早朝、NPO法人アプカスの現地拠点から近い小泉川(津谷川) に鮭の遡上を見に行った。学生のころ、カナダで鮭が遡上する躍動感に感動した覚えが有ったので是非見ておきたかった。
 鮭の遡上開始から1ヶ月が経過しているため、数も少なく残っている鮭もお疲れの様子だった。代わりと言ってはなんだが、カワセミとヤマセミを見ることができた。

Early morning of Activity Report Meeting, I went to see the run-up of salmons at Koizumi River (Tsuya River) from the site of APCAS.
I wanted to watch the run-up of salmons because I remember the sight of salmons swimed upstream which was impressed by the sense of life in Canada, when I was a student.
e0020945_13135978.jpg

こんな狭い水路にも遡上してきた鮭の死骸(ホッチャレ)がたくさん有った。

There were many dead salmon which have ascended also to such a narrow waterway.
e0020945_13201285.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-28 18:25 | 旅の記憶
ネイチャーインダストリーアワード Nature Industry Award
 大阪科学技術センター主催のネイチャーインダストリーアワードでポスター発表をしてきた。思っていたより規模が大きく全国から48件の発表があった。
 我ながらスーツが似合いません。

I've been a poster presentation at Osaka Science and Technology Center-sponsored Nature industry award.
Scale was larger than I expected and there were 48 posters from the whole country.
A suit does not suit me.
e0020945_16413477.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-21 17:20 | 教師の仕事
高砂海浜公園のアオサの堆肥化 2nd Sea lettuce composting of Takasago Seaside Park
8月17日に引き続き、第2回高砂海浜公園のアオサ堆肥化を11月16日に行った。海岸の清掃と地引網体験のセットでイベントが行われ、アオサが回収された。

The 2nd Sea lettuce composting of Takasago seaside park was carried out on November 16 following August 17.
The event was performed by cleaning of the seashore and the set of sweep seine experience, and sea lettuce was collected.
e0020945_1438392.jpg

漁師の方に湾内を船で移動してもらい、アオサを調査したが、一番深い所に少しアオサが残っているだけで、昨年の同時期と比べると、アオサの量が随分と減っていた。

By moving in the inside of the bay by the fisherman's boat, and investigated sea lettuce.
Sea lettuce only remains in the deepest place, and the quantity of sea lettuce was decreasing fairly compared with the period last year.
e0020945_14483671.jpg

今回は収穫したアオサが約200kgと少なかったので、前回と同じ場所で堆肥化を行うことにした。まずは、8月に堆肥化したアオサ堆肥を移動して、スペースを開ける。

The harvested Sea lettuce was so little about 200kg this time, we decided to compost in the same location as the last time. First, the sea lettuce compost was moved to make open the space.
e0020945_14384580.jpg

一層に約70kgのアオサを敷いていく。

We spread the sea lettuce of about 70kg in each layer.
e0020945_143926100.jpg

気温が下がっているので、発熱量を増やすため糠を1kg振り掛ける。

Because temperature has fallen, in order to increase calorific value, 1 kg of rice bran is sprinkled.
e0020945_14402665.jpg

糠を振り掛けたら、アオサが見えなくなるまで堆肥を被せる。これを3回繰り返す。

After rice bran is sprinkled, compost will be putted until sea lettuce was covered.
This is repeated 3 times.
e0020945_14413749.jpg

通りかかった農家の方が良い堆肥が出来ていると感心していた。

The farmer was impressed that the good compost was made.
e0020945_14423719.jpg

最後の雨よけのシートを掛けて完成。シートは通気を阻害しないように堆肥と隙間を開けている。

Finally compost was covered by the sheet to avoid rain. Sheet has a gap and compost to not inhibit breathability.
e0020945_1444428.jpg

前回と同量のアオサが取れると考えて、13名の学生に参加してもらったが、採れたアオサが少なかったので、短い時間で終了した。学生諸君お疲れ様でした。

We thought that sea lettuce was the same amount as last time, 13 students had participated in this event, but sea lettuce was small amount, and we had worked in a short time. Cheers for good job of all students.
e0020945_14441732.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-17 15:14 | 堆肥化
2013年薪ストーブシーズン Wood stove season in 2013
 昨日から急に気温が下がったので、昨年より2日早く11月12日から薪ストーブを焚き始めた。

Because temperature dropped suddenly from yesterday, It was begun with the wood stove to burn firewood from November 12th, two days earlier than last year.
e0020945_13564143.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-12 14:16 | 薪ストーブ
クリーンキャンペーン in 江井ヶ島谷池 Cleaning in Eigashima Irrigation Pond
 11月9日(土)江井ヶ島谷池でクリーンキャンペーンが行われ、学生12名が参加した。地域企業、自治会にも呼びかけ、参加者も増えた。

Clean campaign was performed in Eigashima Irrigation Pond on Sat., November 9th , and 12 students participated. The local companies and residents were also called to and participants increased in number.
e0020945_10171178.jpg

江井ヶ島皿池北、皿池南、谷池の3つの池を3年サイクルで順番に池干しをしている。今年は、谷池を干す年になっている。池の底のゴミを拾っていく。

In winter season, Eigashima North Dish Pond, Eigashima South Dish Pond, and Valley Pond are dried in a three-year cycle. Eigashima Valley Pond is dried this year. The garbage at bottom of the pond is gathered.
e0020945_10185896.jpg

自転車や消火器など様々なゴミが捨てられている。

Various garbage such as bicycles and fire extinguishers were dumped.
e0020945_10252221.jpg

本日の収穫物。

Harvest of today.
e0020945_1026661.jpg

清掃の後は、何時ものように焼き芋とお茶を頂いた。

After cleaning, the students received baked sweet potato and tea.
e0020945_1020020.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-10 21:52 | ため池
堆肥の温度 The temperature of compost
 高専祭の生ごみとバガス食器の堆肥化を開始して3日目で適温の60℃〜65℃になっている。低すぎても高すぎても分解速度が落ち、高すぎると臭いも発生する。温度は、混ぜる原料の成分、通気量(空隙とパイプ)、堆肥の体積で調整する。堆肥の原料によって調整が必要なので、経験が必要だ。

The temperature of compost has reached 60 ℃ - 65 ℃ of an optimum in 3 days after kitchen garbage and bagasse tableware of College festival composted.
Even if too low, even if too high, decomposition rate falls, and if too high, smell will also occur.

Temperature is adjusted by ingredient of materials to mix, draft quantity (cavity and pipe), and volume of compost. Since it changes with materials of compost, experience is required.
e0020945_16475370.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-08 17:50 | 堆肥化
第2回アカミミガメ捕獲作戦 2nd Turtle capture
 3月10日のカイボリ、8月20日の第1回ミシシッピーアカミミガメ捕獲作戦でも個体数がまだ多いため、11月6日高専祭の代休日に学生9名が参加し、第2回ミシシッピーアカミミガメ捕獲作戦を行った。
 前日に東播磨県民局の方がトラップを仕掛けてくれていたので、現地到着後にトラップを引き上げる。

Since Kaibori on 10th March and 1st Trachemys scripta capture on 20th August also still three are many numbers of Trachemys scripta , nine students participated in the makeup holiday day of College festival on November 6, and it held the 2nd Trachemys scripta capture.
The students pull up the traps which are sat up by officer of East Harima Resident office on the previous day.
e0020945_916539.jpg

 春先と秋口が一番良く取れるそうだが、少し気温も下がっていたので、どれだけ取れるか心配していたが、大漁でした。

It is said that beginning of spring and beginning of autumn are best season for capturing Trachemys scripta.
Since temperature has also fallen for a while, I was worried to cannot catch Trachemys scripta before sow the traps, but it was a big haul.
e0020945_9175654.jpg

 和亀保護の会の西堀さんから、ミシシッピーアカミミガメとクサガメの雌雄の見分け方のレクチャーを受ける。

Students learned how to recognize the sex of Trachemys scripta and Chinemys reevesii from Ms. Nishihori of Conservation Japnese Tortoise.
e0020945_919430.jpg

ミシシッピーアカミミガメとクサガメに分類したあと、直線甲長、体重、雌雄を記録していく。

After classifying into Trachemys scripta and Chinemys reevesii, shell length, weight, and sex are recorded.
e0020945_9173585.jpg

クサガメは測定済みかが解るように甲羅に小さな穴を開けて池に戻す。クサガメも江戸時代末期に大陸から持ち込まれた生物と言われているが、アカミミガメほど繁殖していないため駆除対象とはしていない。ただ、石亀の生息地では交雑問題がある。

Chinemys reevesii is maked a small hole in shell and returns to the pond so that it may recognized to be measured.
Although Chinemys reevesii was carried from Asia Continent in Edo period, since it has not bred like Trachemys scripta, it has not been considered as extermination.
e0020945_9171494.jpg

 亀は卵の産み付けられた地温で雌雄が決まる。今回捕獲したアカミミガメの9割がメス、クサガメは9割がオスだった。メスが多いアカミミガメが圧倒的に繁殖に有利に思う。クサガメの生き残り戦略は「増えすぎない」なのだろうか?
 水中で冬眠中、水に解けた酸素を咽頭粘膜・総排泄口粘膜から直接取り入れることができ、水陸両方で生きることが出来る上に、30年以上長生きできる。亀ってすごいと改めて感心した。

It is possible to be able to have taken directly from the pharyngeal mucosa, total excretion mouth mucosa oxygen hibernating in water, was dissolved in water, to live in the land and water both. It can live longer than 30 years. It is impressive and amazing for me.
by ecoism-toshi | 2013-11-07 13:13 | ため池
バガスの堆肥化  Composting bagasse tableware
 明石高専の学園祭模擬店の食器はサトウキビの絞り粕を原料としたバガス食器に統一されている。ちょっと大げさかもしれないが「地球の未来を考えた高専祭へ・・・」いいねですね。

The tableware is unified into bagasse tableware which made with marc of sugarcane at Akashi National College of Technical School Festival.
“To Akashi National College of Technical School Festival which considered the future of earth” It may be slightly exaggerated, but it is cool, isn’t it.
e0020945_16192614.jpg

 発泡ポリスチレン容器と比べると値段は2倍するが、ゴミの廃棄費用(コンテナ1杯数万円)を考えるとバガス食器を使って堆肥化する方が経済的にも安くなる。
 高専祭の翌日、高専祭実行委員会のメンバーでバガス食器と生ごみの堆肥化作業を行った。エアレーション用のパイプを敷いた後、バガス食器を敷き詰める。この上に発熱を促すため、糠を振りかける。

Although the price is doubled compared with form polystyrene tableware, if the decommissioning cost of garbage is added, using bagasse tableware will become economically cheap.
The composting work of bagasse tableware and kitchen garbage was composted with the member of the festival executive committee on the next day following the festival.
It covers with bagasse tableware on the pipe for air rations and rice bran is sprinkled in order to urge generation of heat.
e0020945_16204554.jpg

その上から戻し堆肥を振りかける作業を繰り返しながら積み込んで行く。

Bagasse tableware is loaded repeating the work which sprinkles compost.
e0020945_16231791.jpg

3層目と4層目には生ごみを入れた。パイナップルだけなら良い匂いだが、青のりのニオイが混ざると微妙です。生ごみは発熱量が多いので糠は要らない。

The kitchen garbage was put into 4th layer and 3rd layer.
If it is only a pineapple, it is a good smell, but it is complicate if the smell of seaweed is mixed. Since the kitchen garbage has much calorific value, rice bran is not needed.
e0020945_16245561.jpg

最後に堆肥を上に被せて作業は終了した。高専祭実行委員会のみなさんお疲れ様でした。


Finally the compost was put upwards and work was ended. Thank you for everything festival executive committee had done.
e0020945_16263982.jpg

by ecoism-toshi | 2013-11-04 16:33 | 堆肥化
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧