<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
スルメ Dried Cuttlefish
被災地支援で一緒に活動していたNPOの方から送っていただいたスルメを田舎に帰って火鉢で炙って食べた。スルメを噛み締めながら、2013年の出来事を振り返る。2013年もあっという間に過ぎた。

The dried cuttlefish got from NPO which was working together at Tohoku stricken area was brought back to Wkayama, and roasted and ate with the hibachi.
It looked back upon the occurrences in 2013, baiting a dried cuttlefish.
It passed in twinkling of eye.

e0020945_10102125.jpg

by ecoism-toshi | 2013-12-31 18:10 | その他
レンコン堀大会  Digging lotus root tournament
 恒例となった西島皿池のレンコン堀大会に学生11名を連れて参加してきた。胴長、長手袋、レンコン堀用スコップまたは鍬、バケツをリヤカーに積んでため池に向かう。

I participated in digging lotus root tournament of Nishijima irrigation pond with 11 students. Long boots, long gloves, shovels and hoes for lotus root ditches, and buckets were carried with human trailer to Nishijima irrigation pond.
e0020945_14322768.jpg

 昨年掘った場所は水たまりになっているので、水たまりは避けて蓮の枯れた茎が有る所を掘るとレンコンがある。以下の順序で掘っていく。体力勝負です。
1.深さ50〜60cmの自分が入れ大きさの穴を掘る。
2.掘った土で水たまりから水が流れ込まないように堤防を作る。
3.横に穴を広げていくとレンコンに当たる。
4.レンコンに沿って穴を広げていく。
 掘り起こすことで底質土への酸素供給効果もあるだろうが、ヘドロの使い道を考えて掘ったヘドロを浚渫できれば、もっと良いのだが。

The places dug last year are puddles, so lotus root is not in puddles. There are lotus roots in the place with lotus withered stalk without puddles.
How to dig lotus root are showed in following.

1.Dig a hole of 50 ~ 60cm depth which you can be in it.
2.Create a dike to prevent water of puddle with soil dug.
3.Widen the hole in the side to hit the lotus root.
4.Go to expand the hole along the lotus root.
The lotus root digging needs physical strength match.

There will also supply oxygen to the effect of sediment soil by digging. If you could use sludge for fertilize, it is ideal.
e0020945_14345573.jpg

 可食部の長さを競うレンコン堀大会にエントリーし、N君が2位になり米を5kgもらっていた。ここのところ、優勝を逃している。来年こそ、優勝を狙いましょう。
 ため池の保全に関わっている関係者への感謝祭という意味合いもあり、継続されている。この池のレンコンは市販のレンコンと種類が違い、細いが粘りがあり美味しい。レンコンの天婦羅と焼き芋をご馳走になった。

We entered in lotus moat tournament to compete length of the edible portion, and Mr. N had got 5kg rice in second place. I have missed the championship. Next year, let's aim to win.

There is also a saying that thanksgiving to the people of working for conservation ponds, and it is continuing. I ate a baked sweet potato and tempura lotus root. The lotus root is different type of commercial, and thin, but the lotus root is delicious and tenacity.
e0020945_14341234.jpg

 江井ヶ島皿池にもレンコンを移植してレンコン堀大会ができれば楽しそうだ。アカミミガメが蓮の新芽を食べらてしまうので、レンコンを移植する前に個体数を減らす必要がある。

It's fun digging lotus root tournament if possible by implanting the lotus root also Eigashima dish pond. Because Trachemys scripta eat all buds of lotus, it is necessary to reduce the number of Trachemys scripta before implanting the lotus root.
by ecoism-toshi | 2013-12-23 19:34 | ため池
江井ヶ島地区ため池ワークショップ Eigashima irrigation ponds workshop 
江井ヶ島皿池、谷池の保全活動に関わり初めて7年になる。アオコが発生して悪臭が漂っていたころに比べるとずいぶんと水質も改善し、皿池南へ移植したアシやガマも繁茂した。とは言っても、流入水の水質が劇的に改善せれた訳ではなく、これからも保全活動を続ける必要がある。昨年に引き続き、今年も江井ヶ島地区ため池ワークショップに学生5名を連れて参加してきた。

It has been seven years since the preservation activities of Eigasima irrigation ponds were begun. Compared with the situation of irrigation ponds which blue-green algae occurred and bad smell had generated, it has improved now and reed and bulrush which transplanted to the irrigation pond grew thick.
e0020945_1441296.jpg

 高齢者の多いため池管理者のグループの中に学生が入ると、お祖父さんと孫のようで雰囲気が和む。学生はワークショップに参加することで、世代間での考え方の違いやため池の現状を知ることができる。

When students enter into the group of irrigation pond administrator with many elderly people, it will become the atmosphere of grandfather and grandchild, the atmosphere will be softened. By participating in a workshop, the student can know the difference in the view between generations, and the present condition of irrigation ponds.
e0020945_14403442.jpg

 行政に要求するだけでなく、ワークショップで出てきたアイデアを自分たちで一つでも実行に移して行きたい。

I would like to realize at least one idea which came out in the workshop by ourselves, without requiring of governmental agency.
by ecoism-toshi | 2013-12-22 19:41 | ため池
第2回高砂海浜公園をゆる〜く語る会 2nd meeting discussed about future of Takasago Seaside Park
昨日(12月11日)、「第2回向島公園(高砂海浜公園)をゆる〜く語る会」が高砂市高砂町の銀座商店街にある古民家「高砂や」で開かれた。今回は、4年生を中心に学生5名を連れて参加した。

2nd meeting discussed about future of Takasago Seaside (Mukoujima park) was opened in the old private house "Takasagoya" at Ginza shopping center in Takasago Takasago-cho yesterday (December 11th). This time, 4 fourth grader students and 1 fifth grade student were participated.
e0020945_974545.jpg

まずは、第1回のまとめの報告の後、前回提案の有ったアイデアの実現可能性について説明をしてもらい、その後、「向島公園及びその周辺はこれからどんな公園を目指そう!」についてワールドカフェ方式でアイデアを出しあった。

The conclusion first of 1th meeting and the feasibility study of the last proposal are explained first of all. Then, the idea was shared by the world cafe system about "what park of Mukoujima park and its circumference aim at future"
e0020945_93113.jpg

参加者25名が4つのテーブルを巡回し、模造紙にメモを残して行く。向島公園にもっと若い人が集まれるようにしたいと言う意見も多く、学生が参加することで彼らの感覚が反映できれば「ゆる〜くかたる会」としても有益だ。学生にとっても異年齢、異なった立場の人々と話す機会を持つことは良い刺激になっている。

25 participants leave memos on the paper and turn around four tables. Since there are many opinions referred to as making young people like to gather in the Mukoujima park, it is useful that the students feeling can be reflected. It is a good stimulus that discussed with people of different age and position also for students.
e0020945_991925.jpg

会が終わったあと、「高砂や」を見学させてもらった。屋根断熱が無いので夏は暑そうだが、オシャレな空間に仕上がっていた。

After the meeting, we looked around Takasagoya. Since there was no insulation on the roof, it is the foppish space but it seems to be hot in summer.
e0020945_982598.jpg

by ecoism-toshi | 2013-12-12 07:47 | 教師の仕事
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧