<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
芦刈 Cutting reed
 毎年恒例の大中遺跡に復元している竪穴住居の屋根材となる葦を加古大池に刈にいってきた。明石高専からは20名が参加した。
 このプロジェクトはため池環境の保全を進めるいなみ野ため池ミュージアム、里山林の保全に取り組むひょうご森の倶楽部、史跡の保存整備と活用に取り組む兵庫県立考古博物館と博物館の支援ボランティアグループひょうご考古楽倶楽部、明石高専が共同して行っている。既に4棟が建設せれている。
 屋根材料の葦刈りは手作業なので多くのマンパワーを必要とする。

We went to collect reed which become the roof material of bit house at Onaka Site to Kako Big Irrigation Pond. 20 students participated from ANCT.
The Museum of Irrigation Pond in Inamino which conserve irrigation pond environment and The Hyogo Woods Club which conserve Satoyama, the support volunteer group archaeological club of Hyogo prefectural archaeological museum which maintain historic relics, and ANCT are undertaking this project. 4 pit houses have been built already.
A lot of manpower need to collect reed of roofing materials.
e0020945_18231794.jpg

 この日は、兵庫県立考古博物館のプロモーションムービーの撮影をあり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」をみんなで踊った。やっぱ学生は乗りが良い。

Dancing all together "The fortune Cookie to love" of AKB48 that will be promotion movie of Hyogo prefectural archaeological museum was taken on that day.The Students are upbeat.
e0020945_18224968.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-29 13:12 | ため池
手作り誕生日プレゼント Hand made birthday present
 ハリーポッターで使われている魔法の杖にハマっている次男の誕生日プレゼントにニワトコの杖を作った。乱暴に扱っても折れないように材料は樫の木を使い、少し太めにデフォルメし、白い部分に書かれている呪文のようなものはYouTubeをスロー再生して確かめた。久々に彫刻刀を使ったが、作るのが結構楽しかった。
 私が帰宅すると「お帰りなさい」ではなく魔法の呪文「◎△◎△*.....」でお出迎えされる。

I made Sambucus Wand for 10th birthday present of second son who likes the magic wand used in Harry Potter . Material used oak tree and deformed it somewhat more thickly so that it might not break, even if it treated violently. A thing like the mystic words written on the white portion which was confirmed with YouTube.
Using graver was fan. When I have gotten home, son has welcome with the mystic words of magic.
e0020945_1754535.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-27 18:01 | 父親・夫として
無電力生ゴミ堆肥化装置 Non electric power garbage compostier
 平成13年に特許を出願し、平成20年に特許を取得した堆肥化装置(発明者:平石年弘、特許権者:財団法人新産業創造機構)が株式会社エコ花と緑のネットワークから無電力生ゴミ堆肥化装置「グン太君」として販売されている。
 発明した技術が世の中に出て行くには長く険しい道のり(死の谷とも呼ばれる)がある。特に大学等からの特許は実用化されるまでに時間がかかる。中山一郎著「大学からの技術移転における特許の役割について, 季刊企業と法創造」によると2002年時点で技術移転機関( TLO )の実績では,出願件数が 1,335 件、実施許諾件数が349件だそうだ。商品化されただけでもラッキーだと思う。
 商品化された後は独り立ちした子どもと同じで、応援しながら見守って行きたい。

The composting equipment (Inventor: Toshihiro Hiraishi, Patentee: The New Industry Research Organization (NIRO)) applied for a patent at December 25, 2001, and which acquired the patent in 2008. Non electric power garbage composting equipment "Gunta Kun" developed with the patent that have been sold by Eco Flower and Green Network CO., LTD.
There is a steep long way (called Death Valley) to the invented technology commercialized in the real world. Especially the patent from a university etc. will require time, before being put in it.
Technology transfer organizations (TLO) applied for patents number is 1,335 but licensing number is 349 of 2002, that is said, "About the role of patents in technology transfer from University, Law and Society quarterly enterprise" by Ichiro Nakayama. I think that is lucky to have been commercialized. The same as children who become independent after being commercialized, I want to watch while cheering.
e0020945_17282273.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-25 20:37 | 堆肥化
活火山? Active volcano?
 冬には温暖な明石でも最低気温が氷点下になる日がある。そんな朝、学内の堆肥の山の頂上からは湯気が登っている。見た目は煙のように見れるが堆肥の中は含水率が50%以上、温度が65℃と高温のため、水蒸気が発生し、外気に触れると露点温度以下で水滴になり煙のように見える。寒い冬でも堆肥の中の微生物は元気です。

There are several days when temperature become below freezing point in Akashi in winter. Steam is reaching from top of the mountain of the compost in ACNT campus in the morning.
Although appearance can be seen like smoke, since moisture content is 50% or more and temperature is 65℃, vapor is generated and touched with cold open air, it is become below at dew point temperature. Inside the compost, microbe is actively at cold winter.
e0020945_150290.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-24 15:09 | 堆肥化
伐採樹木入荷
 学内で伐採された樹木(カイズカイブキ、ヤマモモ)が搬入された。幹は玉切りして薪に、枝も薪ストーブに入る大きさに切って焚付に使う。小枝を薪ストーブに入る大きさに切るのが手間だが、人海戦術で行っている。

The trees (Kaizuka, Bayberry) cut down in ACNT campus were carried in the stock yard.
Wooden trunks and branches are cut in the size included in a wood stove for burning. Cutting branches in the size included in a wood stove requires time and effort.
It is carrying out by human-wave tactics.
e0020945_197169.jpg



 小枝が多い場合は、カナブンに分解してもらい堆肥化している。カナブンの幼虫が食べれるように積み込めば、1年後に厚さ10cmほどの堆肥ができれいる。

When there are too many branches, these are deposited and eaten by Drone beetle to decompose. If these are loaded so that Drone beetle's larva can eat, a compost layer about 10 cm thick is made in one year.
e0020945_1972827.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-20 19:14 | 薪ストーブ
鹿の角 antler
 お餅を食べ過ぎたので、運動をしようと和歌山の実家周辺を散歩していると、ご近所の庭先に鹿の角が置いてあった。子どもたちが見ていると、おばんさんが鹿の角をくれた。 この鹿の角は田んぼで拾ったそうだ。この地域も、鹿が増えすぎて農作物が荒らされて困っている。
 次男と長女の一発芸「せんとくんと魔法使い」

When we took a walk around parents' home in Wakayama order to exercise because of rice cake was overeaten, the antlers of deer was put on a neighboring yard. When children were looking these, a lady gave the antlers.
She said that the antlers were gathered by the rice field.
The deer of this area increase too much, agricultural products are damaged.
"Wizard and Sentokun" a short performance of eldest daughter and second son.
e0020945_1002951.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-06 18:07 | 父親・夫として
冬休みの工作 Work in winter vocation
 次男のブームは「トーマス」「こびとづかん」と流れ、最近 「ハリーポッター」ブームがやってきた。ハリーポッターが使っている箒を作りたいというので、和歌山の実家に帰った時に作ることになった。
 次男と一緒に山に入り、うまい具合に曲がった木(樹種はネジギ)を切り出してきて、棕櫚の木の皮を束ねて出来上がり。

The second son's boom had flowed with "Thomas" and "Kobitozukan". Now, "Harry Potter" boom is caming. When we returned to my parents' home in Wakayama, we made the broom, because he would like to make the broom which Harry Potter is using.
The tree (Nezigi) curved in a nice fitting curved is cut down in a mountain, and the bark of a chsen palm tree is bundled.
e0020945_944260.jpg
 
 かなり気に入ったようで、箒に跨ってイマジネーションの世界で遊んでいる。飛行距離は短いが飛ぶことも出来ます。

He have played with the broom in the world of imagination. He can fly with the broom if short distance.
e0020945_9422846.jpg

by ecoism-toshi | 2014-01-06 08:23 | 父親・夫として
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧