<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
堆肥化実験 Composting in Sri Lanka
 Kaduwelaのコンポスト施設に3月13日に積み込んだ堆肥の山を掘り起こして温度計を回収してきた。表面から深さ20㎝の部分は温度、酸素濃度ともに好条件で放線菌で白くなっているが、内部は温度は高いが酸素不足で分解が遅れていた。
 今日は、運んできた穴あきコルゲート管を埋め込んだ実験用堆肥の山を作る計画だったが、ラウンドローダー(BobCat)が故障し、修理が必要だが停電で修理も出来ない。
 スリランカでは予定通りに物事は進まない。明日はメーデーのため、実験開始は2日後に延期だ。

I've been collecting the thermometers to dig up a pile of compost embarked on March 13th at compost facility Kaduwela. Compost of 20 cm depth has turned white in the actinomycetes on favorable terms to both temperature and oxygen concentration from the surface, but the temperature is high internal but decomposition was delayed by lack of oxygen. Today, I had planned to make a pile of experimental compost with corrugated pipe, but the round loader (BobCat) has failed, it's in need of repair, but can not even repair by power outages. Things do not proceed as scheduled in Sri Lanka. Tomorrow because it is May Day, the start of the compost experiment at two days later.
e0020945_17323251.jpg

by ecoism-toshi | 2014-04-30 22:42 | 被災地・国際支援
採用面接 Job interview in SriLanka
 今回関わっているプロジェクトの現地マネージャー採用の面接に同席させてもらった。そこで「貴方がマネージャーならチームのモチベーションを上げるにはどうするか」と言う質問に対して「給料を上げるか、プレゼントをする」と言う答えが返ってきた。日本なら採用面接でこの答えはNGだろうが、スリランカでは正直者と判断するべきなのであろうか。2名面接の予定だが1名はドタキャンで時間になっても現れなかった。さすが、熱帯だぜ。

This time, I did job interview for employ a manager of this project. The answer said, "Turn up the salary or present memorable thing" is returned to the question to say "What to do, if you want to increase motivation of the team?" The answer would be NG in job interviews in Japan, or I should judge who is a honest person in Sri Lanka.
It was scheduled for two interviews, but one person did not show up. It's tropical, isn’t it.
by ecoism-toshi | 2014-04-30 21:38 | 被災地・国際支援
運び屋 Courier
 コンポスト実験用コルゲートパイプ22本をスリランカまで運んでいる。ワンボックス車に積込み明石高専から伊丹空港に運搬、預荷物で預かってもらえなかったので、JALCargoの貨物便で成田まで送る。成田空港でカートを押して第二ターミナル北500mのJALCargo事務所に受け取りに行く。カートに立てて移動するが、天井に当たるので、横置きに変更する。

I'm carrying 22 corrugated pipes to Sri Lanka for composting experiment.
A bunch of pipe was transported to Itami Airport by one box car from Akashi. It was not accepted as deposit luggage, so I send to Narita by JALCargo.
I went to receive it at the office of JALCargo second terminal north 500m with a cart at Narita Airport. When moving upright cart, since it hit the ceiling, it is changed to horizontal.
e0020945_11202068.jpg

 大きな不思議な荷物を運んでいるため、質問されること数回、やっとスリランカ航空のカウンターに到着する。JALに預荷物として断られたので、SriLankanAirLinesにも断られるのでは無いかと心配していたが、、無事チェックイン完了。いや~、重かったわ。日頃、体を鍛えておいて良かった。

Because I was carrying a large mysterious luggage, the question is asked several times, then arrived at the counter of Sri Lankan Airlines finally.
I was worried because it was refused as deposit baggage in JAL, to be or not of being turned down even SriLankanAirLines, but, successfully completed check-in. It was heavy, it was good to train body.
e0020945_11211695.jpg

Colombo空港でもまた、止められて質問攻めだろうな。
UL455便は何時もの様に30分遅れだそうだ。スリランカ航空のULはUsual Lateの略だそうな。

Also at Colombo airport, I would be heckled.
UL455 Flight late 30 minutes as usual. UL means Usual Late.
by ecoism-toshi | 2014-04-28 11:52 | 被災地・国際支援
ツリーハウス Tree House in SriLanka
 スリランカのツリーハウスは、日本で作られるレクレーション用のツリーハウスとは違い、実用目的で建てられている。畑の真ん中にあるのは野生動物から農作物を守るため、夜の間寝泊まりするために作れている。

Unlike tree house of recreational is made in Japan, the tree house in Sri Lanka, has been built for practical purposes. In order to protect the crops from wild animals, it has been able to make in order to sleep during night in the middle of the field.
e0020945_818373.jpg

 こちらのツリーハウスは位置が高い。象が出てくる地域では人間が逃げられるように高く作っている。直ぐ近くの小さな溜池の周りに象の足跡が残っていた。日本なら象を駆除するのでしょうが、スリランカでは象は神聖な動物なので、アンタッチャブルです。

Unlike tree house of recreational is made in Japan, the tree house in Sri Lanka, has been built for practical purposes. In order to protect the crops from wild animals, it has been able to make in order to sleep during night in the middle of the field.
e0020945_817413.jpg

 日本の山間部も獣害が増えてきているが、熱帯のジャングルに囲まれたスリランカでは攻防が肉薄していてワイルドだ。

Beast harm has been increasing also mountainous areas of Japan, but the offense and defense are close to each other in Sri Lanka is surrounded by tropical jungle.
by ecoism-toshi | 2014-04-27 08:43 | 旅の記憶
コラボで地域貢献 The social contribution in collaboration
三菱日立パワーシステムズ㈱とのコラボでCSR企画「三菱重工たかみくらの森」に専攻科生1名、5年生7名、3年生3名、2年生5名の合計16名の学生と行ってきた。
 3年前の2011年1月に山火事で焼失した市ノ池公園近くの遊歩道沿いにモミジ、桜、ヤマモモをそれぞれ50本合計150本を植えた。この周辺の山は元々塩田で使用する薪の過剰伐採で土地が痩せているため、苗木を植えても活着率が低い。今回は、明石高専で作った堆肥を土嚢に25袋持っていき、背負子で植林地に運んだ。

I've been with 16 students who are one advance course student, seven fifth grade students, three third grade students and five second grade students in "Forest of Mitsubishi Heavy Industries Takamikura" CSR Project in collaboration with Mitsubishi Hitachi Power Systems Co., Ltd. . We planted a total of 150 trees which are 50 each maple, cherry and bayberry near the promenade of Ichinoike Park lost trees by forest fire in January 2011. Because sterile land in the overharvesting of firewood to be used for originally salt marsh, survival rate is even lower planting seedlings of this mountain area. This time, we brought 25 sandbags of compost which we made in Akashi Kosen to the plantation area with backpack carrier.

まずは、加古川農林水産振興事務所の方から植樹のレクチャーを受ける。

First of all, we heard the lecture of tree planting by Kakogawa Agriculture, Forestry and Fisheries Promotion officer.
e0020945_154522.jpg

3班に分かれて、それぞれの樹種を植えていく。石が多く、笹の根が張っているので穴を掘るが一苦労でした。

They were divided into 3 Groups planting tree species of each. It was a hard time to dig holes with many stones and root of bamboo grass.
e0020945_1555016.jpg

穴を掘ったら、堆肥と土を混ぜながら丁寧に植えていきます。ポットの中で肥えた土で育てた苗は、周囲に栄養がないと根を周囲に伸ばさない。根が張らないと、水分の吸収能力が低いため夏の高温と乾燥で枯れてしまう。

After we had dug a hole, planted the seedlings carefully while mixing soil and compost. Seedlings grown with rich soil in the pot, the root will not stretch the around where is no nutrition. When the root is not stretched for absorption capacity of water, seedlings could not survive in dry and hot summer.
e0020945_156175.jpg

全員で記念撮影をして終了しました。

After group photo was taken at all, we have finished working.
e0020945_157513.jpg

by ecoism-toshi | 2014-04-19 15:07 | 教師の仕事
薪割り男子 Wood splitting Boys
元野球部主将 体育会系男子のN君は最近、和斧がお気に入り。和斧は柄が長く、ヘッドが軽く、刃厚が薄いので薪を割ると言うよりも切り裂くイメージに近い。今年の5年生で、今最も割れる男子です。ただ、女子に見られていると平常心を失い、手元が狂うようです。

Recently, Mr. N who is original baseball team captain and athlete boy likes Japanese hatchet. The handle of Japanese hatchet is long, its head is light, and edge is thin and sharp, using it is close to image cutting firewood than splitting firewood. In the fifth grade, he is best firewood splitter now. Just lose of mind and fail when he is seen by the girls.
e0020945_19151740.jpg

 ハンドボール部主将のH君、運動神経が良いのだが、体幹が弱いため腰がふらつく。体幹を鍛えれば、ハンドボールでも一皮剥けるかも。

Mr. H who is motor nerve’s good handball captain, but his body fluctuates because body trunk is weak. Body trunk becomes strong, handball also prove to be well.
e0020945_19145030.jpg

 今週から薪割り部に入部した陸上部4年生のR君。太い薪と4日間格闘しています。

Mr. R is 4th grade and track field athlete deployed section to splitting firewood club from this week. He've been fighting with thick wood for four days.
e0020945_191423100.jpg

 スペシャルゲストのO先生。40年ぶりの薪割りだそうです。

Teacher O is today special guests. It seems to be of wood-splitting after 40 years.
e0020945_19132039.jpg

 さすが昔取った杵柄、写真は割れた瞬間のドヤ顔です。

You never forget your own trade. The photo is his smug face, when it is just split.
e0020945_19134011.jpg

by ecoism-toshi | 2014-04-17 19:30 | 薪ストーブ
薪割り女子 Wood Splitting Girls
 大量に供給され公園の間伐樹木を薪ストーブの燃料とするため、毎朝、明石高専の薪割り道場では薪割りが行われている。最近、女子の薪割り志願者が2名増えた。薪割りはパワーだけで無いので、練習すれば男子顔負けの薪割り女子、略して「薪女」になるかもしれない。

Order to make firewood wood with thinning wood from Akashi Park supplied in large quantities, every morning, woods are split at NITA wood-splitting dojo. Recently, two wood-splitting volunteer girls are participating. Wood-splitting is not only power, wood-splitting girls might be better "firewood woman" than man if they practice hard.
e0020945_18183375.jpg

格好いいですよね。薪割りは居合と共通点が多く、奥が深い。

It is cool, isn`t it. Wood splitting and Iaido (art of drawing the Japanese sword)
have many common features.
e0020945_1819752.jpg

by ecoism-toshi | 2014-04-15 18:19 | 薪ストーブ
大塚国際美術館 Otsuka Museum of Art
 美大生になった長女が一度見に行きたいと言っていた大塚国際美術館に、長女が帰省した機会に家族で行ってきた。1日で見て廻るのは疲れてしまう量(1000点以上)の西洋絵画が陶板で展示されている。陶板に復元されているので、絵画に近づいて触ることができる。一般の美術館の重々しい雰囲気が無いのが良い。入り口直ぐのミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の壁画が圧巻です。

Otsuka Museum of Art which my eldest daughter became a student of the College of Art would like to go. We went to there with my family, when she came back to home.
To see in one day Western painting of more than 1,000 get tired is on display at ceramic plate. Because it has been restored to ceramic plate, it is possible to touch closer to painting. It is preferable to not have heavy atmosphere of the museum in general. Fresco of Sistine Chapel by Michelangelo near the entrance is the best part.
e0020945_7593747.jpg

 美術ボランティアによるガイドツアーに参加し、10時30分から2時間で古代、中世、ルネサンス・バロックを鑑賞した後、昼食を挟んで13時15分から2時間で近代、現代を鑑賞した。1日に4時間も絵画鑑賞をすると疲れた。

After participating in the guided tour by art volunteers, was appreciation ancient, medieval, Renaissance, baroque in 2 hours from 10:30, and next tour was watching modern, contemporary in 2 hours from 13:15 across the lunch. I was tired when you appreciate the painting for four hours a day.

                   次男のムンクの「叫び」
                The Scream of second son.
e0020945_10501473.jpg

by ecoism-toshi | 2014-04-08 11:04 | 父親・夫として
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧