<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
薪割りワークショップ Wood-splitting Workshop
 (公)兵庫県公園・園芸協会、(株)ノーリツ、明石高専の協働企画、明石公園の間伐樹木を使った薪割りワークショップを開催した。天気に恵まれ、怪我もなく無事終了することができてホットしている。初めての試みだったので、今後も試行錯誤が必要だ。

e0020945_16172262.jpg

e0020945_1625047.jpg

以下、薪割りワークショップの教訓。

1.初心者の大人数での薪割りワークショップは無理があった。
 薪割りは最初は斧を振るのが怖いのでアドレナリンが出る。その後、割れるようになるとドーパミンが出て相互作用でハイテンションになる。これが、集団となるとちょっとヤバイテンションになってくる。イベントとしての盛り上がりが抜群だが。

2.薪割りは個別指導にすべし。
 斧を怖がって振っている間は良いが、ちょっと慣れてくるとヘッドを確実にコントロール出来ないまま振り回し始めて的を外す。総勢40名に講師は1名は、ちょっと無理な企画だった。学生が講師役を努められるまで成長すれば対応可能か。

3.初心者には使ってもらう斧は柄が強化プラスチックでできているFiskars/X25 Splitting Axeを使うべし。お気に入りのソマウド1500を折られてしまった(涙)。

運営側は気が気ではなかったが、参加者の皆さんは、楽しんで帰ってくれたようだ。
ちなみに、この薪割りワークショップの様子は明石ケーブルテレビ ACTV135で放映されるそうだ。
e0020945_16192424.jpg


The wood-splitting workshop using thinned wood in Akashi Park was held by Hyogo Park and horticulture association, NORITZ CORP., and Akashi College of Technical. I am relieved to be able to complete without injury with good weather. It was the first attempt, it is trial and error is necessary in the future.
The lessons of wood-splitting workshop are written below.

1.Wood-splitting workshop with massively multiplayer beginners is unreasonable.
Since wood splitting is scary at first, adrenalin comes out of it. Thereafter, it will become the high tension in the interaction, dopamine come out when you can split wood.
It becomes dangerous tension a little with population. It is distinguished for event, but it is hard to control.

2.Individual guidance is needed for wood splitting
While swing scary the axe is no problem. As you become more accustomed, you started swing strongly axe without being able to control axe head. This time is dangerous.
40 persons and one lecturer were slightly impossible plan. It may be available if students growth until serving as lecturers role.


3.Fiskars/X25 Splitting Axe the handle is made of reinforced plastic for beginners use. Somaudo 1500 was broken which is my favorite (tears).

It seems that participants enjoyed, the management side felt uneasy. Appearance of this wood-splitting workshop is broadcast on cable TV Akashi ACTV135.
by ecoism-toshi | 2014-05-25 09:46 | 薪ストーブ
めちゃ嬉しい I am so glad.
 現地で協働しているNGOアプカスのIさんから写真が送られてきた。
まず、お願いしていた雨よけのヤシの葉が堆肥の上に載っている。

The photographs have been sent from Mr. I of NGO APCAS who has collaborated in Sri Lanka. The leaf of coconut for the rain-cover which I was asking is on the compost pile.
e0020945_19405824.jpg

 なんと、隣にスリランカの兵隊さんが作った堆肥の山が増えている。

The new compost pile was made by soldier of Sri Lanka next the old compost pile.
e0020945_19411158.jpg

 堆肥の山には現地で調達したパイプに穴を開けて入っている。

The pipes supplied in the local which are made aeration holes were inserted in the compost pile.
e0020945_19412111.jpg

  やれば、できるじゃん!
遠い国のスリランカで播いた小さな種が芽を出しているようで嬉しい。

You can do it!
I am glad that small species were seeded in Sri Lanka seems to have sprouted.
by ecoism-toshi | 2014-05-11 19:52 | 被災地・国際支援
Compost pile at Viharamahadevi Park
 日本に帰る前に Viharamahadevi Parkに2日前に仕込んだ堆肥の山を見に行ってきた。雨よけをしていないので、雨で表面近くの温度は下がっていたが、中心は60℃まで温度が上がっていた。これから分解も進み、堆肥の山が小さくなっていくので、上に落葉、刈り芝を載せるようにお願いしてきたが、継続してくれるだろうか。
 若い兵隊がたくさんいるので、労力には事欠かない。後は、やる気だけだが......。

Before returning to Japan, we had seen the compost which was piled in two days ago at Viharamahadevi Park. Since the rain-cover was not shielded, the temperature at near surface had fallen down with rain, but temperature was going up to 60℃ at the center of pile. Subsequently decomposition is in progress and the compost pile is going to be smaller, so fallen leaves and cutting grass should be carried on the pile.
There are many young soldiers, it is not problem of labor.
In the rest, only a motivation is.
e0020945_19412770.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-07 19:55 | 被災地・国際支援
Kick-off meeting 
今日はKaduwela市の首脳陣(コミッショナー、市会議員、市職員幹部)へのプロジェクト説明と意見交換を行った。私自身、文化の壁を超えて仕事を進める新しい体験ができそうだ。

We had meeting which is the project explanation and exchange of opinions to the leaders of Kaduwela (commissioner, municipal, executive officials) today.
New experience which does work over different culture is likely to be made for myself.
e0020945_2227033.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-06 23:54 | 被災地・国際支援
Composting at Viharamahadevi Park
 Colombo市の中心にあるヴィハーラ・マハー・デーウィ公園 (Viharamahadevi Park 、イギリス植民地時代はクイーンビクトリア公園)で毎日出てくる落葉と芝の堆肥化実験をセットしてきた。公園はColombo市の所有だが、軍が管理を行っている。

The composting experiment of fallen leaves and grass which comes out in Viharamahadevi Park which was named Queen Victoria parks at British colonial days at the center of Colombo city has been started today. The park is owned by Colombo city council, other wide it is managed by military.
e0020945_1743144.jpg

日本から運んできた2.5mのパイプ2本を結束バンドで繋いで5mのパイプを作る。

We tied two 2.5m pipes carried from Japan by band, and made 5m pipe.
e0020945_1720429.jpg

ヤシ殻繊維があったので断熱層を兼ねて最下部に厚さ10㎝敷き、通気用パイプを入れ、刈った芝や落葉を約20cm積み込む。

Coconut husks fiber is spread as heat insulating layer which thickness 10cm on the ground. The pipes for aeration are put in and grass and fallen leaves which were loaded about 20 cm.
e0020945_17352624.jpg

種付けと含水率調整のために20㎝敷きこむごとに乾いた堆肥を振りかける。

Dry compost is spread each time you covered 20cm thickness grass or fallen leaves for moisture content adjustment and seeding.
e0020945_22543062.jpg

3層積み込んだところで通気パイプを入れるが、落葉と芝が無くなったので、午後に原料が集まるのを待って作業を再開することになった。

A ventilation pipe is put on three layers, however fallen leaves and grass were used up, we had to wait to gather material in the afternoon and work was resumed.
e0020945_22255738.jpg

午後になり雨が降り始め、軍も市の職員やる気を無くすが、こちらはお構いなしで作業継続を要請する。

Although it was rain and army and city officer motivation were down, we demanded continuation of work.
e0020945_2315748.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-05 17:43 | 被災地・国際支援
高温好気性の放線菌 Thermophilic aerobic actinomycete
 Kaduwelaの堆肥化施設で篩に掛けて製品になる前の堆肥を積んであった。未分解の有機物が多く含まれているため内部は分解熱で60℃を超えていた。堆肥の表面から5㎝~10㎝の部分は高温好気性の放線菌が見事に繁殖して白い層ができていた。

The compost before to become a product with screening had been piled in composting facility Kaduwela. Since many undecomposed organic matters were contained, the inside was over 60℃ with heat of decomposition. The layer of thermophilic aerobic actinomycete bred splendidly at 5cm – 10cm form the surface of compost had seen white.
e0020945_11503549.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-04 11:24 | 堆肥化
Thusare in Good Market
 一緒に仕事をしているNPO法人アプカスはスリランカで視覚障がい者のマッサージ店Thusareを経営している。スリランカ社会の中では「前世の行いが悪かったゆえに障がいを持つ」といった宗教的な偏見や「マッサージ産業=性産業」という誤解が、根強く存在しているそうだ。そんな環境で視覚障がい者の雇用を創出するソーシャルビジネスを立ち上げた意義は大きい。土曜日はGood Marketに出店していた。

Thusare is a massage shop for visually impaired persons has run by NGO APCAS collaborated with me in Sri Lanka. Religious prejudice "with disabilities to perform because of previous life was bad" and misunderstanding "massage industry = sex industry" are present in Sri Lankan society.
Significance launched a social business for creating jobs of visually impaired persons in such an environment is great. Thusare is opened in Good Market on Saturday.
e0020945_2052544.jpg

セッティングをお手伝いさせてもらった後、1番客で足裏マッサージ(300Rs)をしてもらった。日本の皆さん、スリランカに来たらThusareでマッサージをしてもらってください。

After I helped to set the store, I had foot massage a (300Rs) at 1th customer. Please get a massage in Thusare, when you come to Sri Lanka.
e0020945_2005390.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-03 20:12 | 旅の記憶
第2回堆肥化実験 Second composting experiment
 昨日、第2回の堆肥化実験の仕込みに行ってきた。
水分吸収と断熱を兼ねてコンクリート床板の上に戻し堆肥を敷き詰め、通気用パイプを配置する。

Yesterday, I went to set composting pile of the second experiment in Kaduwela.
Return compost was paved on the concrete floor for thermal insulation and moisture absorption, and the ventilation pipes were placed.
e0020945_10155629.jpg

戻し堆肥と生ごみを体積比で1:1で混合した原料を載せる。

Mixed garbage and return compost in volume ratio 1:1 which is placed on the pile.
e0020945_10233074.jpg

設定の高さになったら、再び通気パイプを入れて戻し堆肥と生ごみを混合した原料を載せる。これを繰返す。

When the pile are reached at setting height, ventilation pipes are set again. It is repeated.
e0020945_10335825.jpg

手前半分は比較用のパイプを入れていない堆肥の山だ。

Front half compost pile that does not put the pipe for comparison.
e0020945_1041523.jpg

課題は、水分調整と通気性能を向上させるため乾燥した粒度の大きい戻し堆肥を使用する必要があるが、雨曝しで堆肥を保管しているため戻し堆肥が湿っていた。あとは、プラスチックゴミの分別作業を徹底する必要がある。
前回実験時に戻し堆肥を混ぜるように提案していた。これが実行されており、臭いが少なくなったと喜んでいた。まだ、課題は山積みだが、一歩前進だ。

The problem is high moisture content of return compost which stored at outdoor. It is necessary to use return compost is large particle size and dry for improving the ventilation rate and moisture control. After that, it is necessary to pick up plastic waste.
Last time, I suggested to mix return compost and it has been executed. It was delighted to smell has become less. It's a step forward.
by ecoism-toshi | 2014-05-03 10:46 | 被災地・国際支援
フルーツ王国 Kingdom of Fruit
毎日、激辛のスリランカカレーを食べていると、フルーツがあって良かったと思う。特に、バナナに救われている。バナナ以外にも、庭先で熱帯フルーツのパパイヤ、ガバ、ヤシ、その他多くの種類のフルーツを見ることができる。
 隣の家でヤシの実を採っていた。高所危険作業ですね。1回200ルピーでヤシの実を採ってくれる職人さんがいて、採り頃になると営業に来るそうだ。

It was good though there are fruits, when I eat spicy Sri Lanka curry every day.
In particular, banana saved me. It is possible to see many kinds of tropical fruit papaya, gabba, palm and other types of fruit in the garden.
Coconut were taken at next house. It is a high altitude dangerous work. Yeah come on business can have craftsmen who take the coconut in a single 200 rupees, to become the time taken. There are craftsmen who take the coconut for 200 Rs per 1 time. They come to business at the harvest time.
e0020945_05412100.jpg

 日本では高級フルーツのマンゴーが庭先になっている。

Everywhere you can see mango which is expensive fruit in Japan.
e0020945_23313386.jpg

英語名を検索中のフルーツ。甘いそうだ。

Fruit of searching name in English. It is sweet.
e0020945_23481140.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-02 01:01 | 旅の記憶
メーデー International Labour Day
 今日はスリランカは「労働者の日」で休日だった。事務所近くでパレードが行われていたので、覗いてみた。それぞれの労働者のコスチューム(漁師は褌一丁に赤いターバン)、バナナ農園の労働者は山車を押して歩いていた。シンハラ語が解らないので何を要求しているの解らないが、雰囲気はお祭りのようだった。

Today is a holiday of International Labor Day in SriLanka. I had seen the parade near APCAS office. Costume of each workers (red turban fishermen with loincloth) and the banana plantations workers with banana float were walking. I could not understand what they request in Sinhara, but the atmosphere was like a festival.
e0020945_22214714.jpg

e0020945_2253753.jpg

by ecoism-toshi | 2014-05-01 22:46 | 旅の記憶
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧