<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Lunuganga
ガイド付き1時間のガーデンツアー1,250Rs.で見て回る。

I look around in 1 hour garden tour 1,250Rs with a guide.
e0020945_13441848.jpg

室内は、床が白黒チェックタイルで洗練されたデザイン。

It is sophisticated design with black and white checked tile floor in the room.
e0020945_13571449.jpg

トイレのデザインも良いですね。

Design of the toilet is nice.
e0020945_13531665.jpg

半屋外の開放的な空間が随所に配置されている。

Many open spaces of semi-outdoor are located everywhere.
e0020945_14113778.jpg

デザインされた水辺の空間

Space of waterfront has been designed.
e0020945_1435378.jpg

牛が放牧されている牧歌的風景。

There is an idyllic landscape that cattle is grazing.
e0020945_14305497.jpg

洗練されたデザインの室内とナチュラルな屋外のコントラストが良いですね。
静かに歩いていると、peaceful な気持ちになる。

Contrast of natural outdoor and sophisticated interior design that has been refined.
When I walked quietly, felt peaceful.
by ecoism-toshi | 2014-09-20 13:49 | 旅の記憶
列車でGo! in Srilanka Trip by Train
 休日を利用して日帰りでスリランカの建築家Jeoffry Bawa の週末の別荘だったLunugangaに行ってきた。早朝から庶民の足、路線バスでColombo Fort駅に行き、列車でBentotaに向かう。何時ものように列車の到着が1時間遅れてやってくる。列車に行先表示が無く、かつ何時来るか解らないので、どの列車に乗るかを常に確認する必要がある。座席にSecond Class(110 Rs.)とThird Class(60 Rs.) がある。2ndクラスでも座席に座れるとは限らないが写真のように列車から溢れる3edクラスより良い。

I went to Lunuganga which was a weekend villa of architect Jeoffry Bawa of Sri Lanka.
I get No.138 Bus to Colombo Fort Station in early morning, and took the train to Bentota. Arrival of the train come one hour late as usual. It is necessary to always check because no display of destination.There are Second Class (110 Rs.) and Third Class (60 Rs.) seat. Even though you get Second Class ticket, it is not promise to sit seat, but it is better than 3ed class overflowing from the train as shown in the photograph.
e0020945_1255956.jpg
 
列車は海岸線を通る。線路と海の間に民家が続く。漁民が多いようだ。

The train passes through the coastline. Fishermen houses are between the sea and the line.
e0020945_13332285.jpg

Bentotaからはスリー・ウィラーでLunugangaに向かう。メータータクシーが無いので値段の交渉をする。数百円の料金を交渉するのも面倒になる。往復で700Rs.で妥協する。Lunugangaに行く途中で、大トカゲと遭遇。

I headed to Lunuganga by Three Wheeler from Bentota. I negotiate the price because there is no meter taxi. But negotiating the price of several hundred yen gets complicated. I compromise with 700Rs. of round trip. On the way to Lunuganga, a large lizard is encountered.
e0020945_13212625.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-20 12:49 | 旅の記憶
これは何をする物? What is it?
 さて、これは何をする道具でしょうか?
What is this for?
e0020945_15212076.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-18 15:22 | 旅の記憶
風力発電適地 Suitable Sites for Wind Power Generation
 APCAS Deltota Office近くの紅茶畑を散歩すると、美しい風景を見ることができる。

When you walk in the tea fields near APCAS Deltota Office, it is possible to see the beautiful scenery.
e0020945_14311242.jpg

 広い谷から吹き上げて来る風で常に強い風が吹いている。木の枝の付き方をみても風が強いことが解る。風力発電の適地だろう。

Always strong wind is blowing from wide valley. It windy be seen even look how attached branches of the tree. It would be suitable sites for wind power generation.
e0020945_1472484.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-18 15:04 | 旅の記憶
自然通気による積み込み式堆肥化 Layered composting by natural ventilation
 8月19日に戻し堆肥と生ごみを1:1(体積比)で混合し、エアレーションパイプを差し込んだ堆肥の山を崩した。上下にパイプがある部分は好気性高温菌の放線菌が繁殖しており、堆肥化が進んでいた。この方法で堆肥化ができることは解ったが、堆肥の山を崩す時にラウンドローダーを使うとパイプを破損してしまう。

We broke the pile of compost that mixed garbage and return compost (1:1 volume ratio) with aeration pipe on August 19th . Aerobic thermophilic bacterium has been breeding at the place of pipes up and down, composting had progressed and you can see actinomycetes.Composting can be in this way, but the pipes were damaged when the round loader break the compost pile.
e0020945_22291173.jpg

今回は堆肥化施設で働いている従業員に堆肥化について説明する機会も作ってもらった。堆肥内部が酸素不足になっている現状と改善策を説明した。

I had explained about composting to employees who are working in the composting facility. The current situation where internal compost is in the lack of oxygen.
e0020945_2335440.jpg

 今回提案した方法は好気状態を保つために一度に堆肥の山を積み込まずに小分けして25cmづつ、5日ごとに積込む。新しい堆肥を上に積み込んだ時には下の層が高温になっており、水分の蒸発を促し、かつ堆肥化速度も上がるはずだ。
 写真の左がパイプあり、右がパイプなし。パイプがある方が堆肥化に良いのは解っているが、コストと手間を考えるとパイプなしで堆肥化がどこまで進むか実験してみることにした。
 残る問題は、雨がかからない堆肥化スペースの確保だ。市の説明では増築部分の屋根が今年中に建設されるそうだ。

I proposed new method which is loading mixed garbage and return compost (1:1 volume ratio) 25cm depth at one time, and loading it every five days in order to maintain the aerobic condition. The under layer compost get hot when a new compost is loaded, composting speed should go up and facilitate the evaporation of moisture.
The left photo shows compost pile with pipes, right photo shows without the pipe. We have known composting with aeration pipe is good for composting, but decided to try to experiment composting without pipe to cut cost and labor.
The remaining problem is expanding composting space which is keeping rain out. The roof of the extension part will be built this year in the description of Kaduwela City .
e0020945_22552687.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-17 23:16 | 被災地・国際支援
ゴミ調査 Investigate garbage in compost
堆肥の中に混入しているゴミの調査を行った。まず、バケツ一杯の堆肥の重量を測定する。

 We investigated weight of waste which is mixed into the compost. First, the weight of the compost of one bucket was measured.
e0020945_02984.jpg

 バケツの中身を床に広げて、非生物系ゴミを拾い出していく。

Then non-biological garbage are picked up from spread compost on the floor.
e0020945_0103610.jpg

 12回測定し、平均17kgの堆肥の中に、1.95kgの非生物系ゴミが入っていた。もっとも多い物がカレーを食べるときにお皿をカバーするプラスチックシート、次にプラスチックバック、ヨーグルト、プラスチック・スプーンなどの食品容器の順に多い。
 堆肥することで生物系ゴミは減量していることもあるが、11%の非生物系ゴミは多い。発生源での分別指導と堆肥化後に戻し堆肥に使う前の拾い出しが必要だ。

We measured 12 times, non-biological garbage is average 1.95kg had entered in the compost of average 17kg. Order of frequency, sheet to cover the dishes, plastic back for food, yogurt container, such as plastic spoon.
Total garbage weight is reduced by decompost, but still 11% non-biological waste is high percentage. They need guidance of separation guidance at home, and plastic has to be picked before used for return compost.
by ecoism-toshi | 2014-09-17 21:20 | 被災地・国際支援
出張お寺サービス Travel temple
 スリランカらしい、お寺の出張サービスを見かけた。


It is seems to Sri Lanka, the travel services of the temple.
e0020945_20142280.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-17 21:10 | 旅の記憶
熱帯での雑草・落葉の堆肥化 Composting Fallen Leaves and Weeds in Tropical
 雑草と落葉の堆肥化の場合、通気性は比較的良好のため問題は含水率の調整となる。表面から25㎝ほどは熱帯のスコールで水分が多くなる反面、内部は温度上昇による蒸散で含水率が低下し分解が進まない。
 日本では夏以外、一般的には温度を上げるためには堆肥の山を大きくし発熱と放熱のバランスを調整して温度を上げるが、スリランカでは温度上昇はそれほど重要でない。
 そこで、対策として積み込む堆肥の山を分けて、一度に積む量を少なくし、水分を補給しながら少しづつ積み込むか、エアレーションパイプを利用して内部に水分を補給する対策をお願いしてきた。

In the case of composting of fallen leaves and weeds, the problem is the adjustment of the moisture content, air permeability is not so problem.
While compost moisture increases about 25 cm from the surface in tropical squall, however decomposition of inside compost does not proceed too dry by evaporation due to the temperature rise
To raise the temperature by adjusting the balance of heat dissipation and heat generation to increase the compost pile in except summer in Japan, the temperature rise is not important in Sri Lanka.
Therefore, to reduce the amount compost by divide a pile of compost, you can either load little by little while replenishing moisture, or replenish water to control water content by using the aeration pipe.
e0020945_19505949.jpg

下の写真の堆肥は途中で積むのをストップしたため、堆肥の山の高さが20cmだが分解が進んでいる。

In the below photo compost pile depth is only 20cm, but decomposition is progressing.
e0020945_2220147.jpg

雑草・落葉の堆肥化は臭いも少ないので快適だ。明日は悪臭の漂う生ゴミの堆肥化の調査に向かう。

It's pleasant to composting of weeds and fallen leaves since it is less odor. I am going to survey composting garbage drifting malodorous tomorrow.
by ecoism-toshi | 2014-09-16 19:01 | 被災地・国際支援
長屋の鉄骨 Steel of Line House
 バウラーナの長屋の鉄骨が雨ざらしになっているにも関わらず腐食があまり進んでいないので、気になって調べているとEARL OF DUDLEY STEELの刻印があった。
Alan Birch:Economic History of the British Iron and Steel Industry によると Round Oak Steelworks was founded by Lord Ward, later the Earl of Dudley in 1857. と書かれている。この鉄骨は鉄鋼所が1857年にDudley伯爵の所有になった後に生産されたのだろう。
 James Taylorが初めてスリランカで紅茶園をこの近くで始めたのが1865年、長屋に住む老人の話では祖父の時代にここにやってきたとのことなので、1800年代後半に長屋が建てられたと思われる。
 

 The steel frame of line house in Bawlana has not much corroded even to have become weather-beaten, there was a mark of EARL OF DUDLEY STEEL.
Alan Birch, “Economic History of the British Iron and Steel Industry” said “Round Oak Steelworks was founded by Lord Ward, later the Earl of Dudley in 1857”. This steel frame might have been produced after the steel plant has become owned by the Earl Dudley in 1857.
 James Taylor started Loolecondera Tea Estate, the first Tea garden of Sri Lanka in 1865.
Since his grandfather came here in the story of the old man who lives in the line house, it was probably built in the late 1800s.
e0020945_013965.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-15 16:59 | 被災地・国際支援
樹上のアリの巣 Nest of ants on tree
 事務所の近くで紡ぎ蟻の巣を発見した。ちょうどラグビーボールの大きさがある。

I found the nests of ants near the office. The size of nest is just a rugby ball.
e0020945_18261017.jpg

by ecoism-toshi | 2014-09-12 18:33 | 生物
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧