<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ISTS2014 Presentation Award
 おめでとう!
専攻科ゼミ生の山本くんが2014年11月19日から20日までNational Taipei University of Technologyで開催された4th International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2014)においてISTS2014 Presentation Award を受賞しました。
 発表タイトルは「A Study on the Method of Odor Threshold Measurement by Evaluation of Odor Intensity」でこれまでの3点比較式臭袋法による嗅覚閾値測定法に代わり、新たに臭気強度評価から嗅覚閾値を測定する方法を提案した。全国の高専からの投稿論文数は194件、内採択が100件、本学生の発表セッション5件の中から1件Presentation Awardに選ばれた。
 本人は謙遜して「運です」と言っているが、運も実力の内。そもそも、論文投稿しないと受賞できないし。

Congratulation!
Mr. Yamamoto of my seminar student was awarded ISTS2014 Presentation Award in 4th International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2014) at National Taipei University of Technology, November 19th and 20th.
The title is "A Study on the Method of Odor Threshold Measurement by Evaluation of Odor Intensity" which instead of olfactory threshold measurement method based on three-point odor bag method, proposed new method of measuring the olfactory threshold from odor intensity.
100 papers are accepted from 194 submission papers and one Presentation Award was chosen from 5 presentation in the session.
 He say "luck" in modesty, but luck also of the ability. To begin with, it is not possible to award if not write the paper.
e0020945_1010113.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-27 10:28 | 教師の仕事
17号池 カイボリ Catching Fish in 17th Irrigation Pond
 地下水が給水されているため17号池は富栄養化が進んおらず、ドブガイ、テナガエビなどが多く生息していた。外来種ではブラックバスとアカミミガメがいた。量の多い順にコイ、ヘラブナ、ナマズ、メダカ、ムツゴ、アカミミガメ、クサガメ、スッポン、テナガエビといったところだろうか。ヘドロはないので臭くは無かったが泥が予想以上に深く苦戦した。捕獲総重量は993kgだった。

Underground water is supplyed to 17th Irrigation Pond, thereby progress in eutrophication is not. Sinanodonta woodiana and macrobrachium nipponense are living in it.
In descending order of Carp, Herabuna, Catfish, Medaka, Mutsugo, Trachemys scripta, Chinese pond turtle, Soft-shelled turtle and macrobrachium nipponense inhabited.
e0020945_1349988.jpg

 今回のカイボリ担当キャプテンのYくん。鯉とお友達。このサイズのコイが大量にいた。

Mr. Y is Capten of Kaibori who became friend with big Carp. There are many this size carps.
e0020945_13542496.jpg

 最初は泥を浴びるのを気にしていた学生も途中からどうでも良くなり、泥んこ遊びをしていた。

First of the event, students avoided to exposure mud, from middle of event, they enjoyed mud play.
e0020945_13535518.jpg

 今回、泥が深いことを予測していなかったので、トロ箱を持って行かなかった。次のカイボリには浮きと捕獲した魚が入れるために必ずトロ箱を持って行こう。

This time, I did not predict that mud is deep, thereby I did not take Toro box. Let's always bring Toro boxs for floating and keep fish.

1日だけなら、まだ学生よりも動けることが解った。でも次の日の疲れが半端ない。

If only one day, I can move than the students. But there is fatigue the next day.
by ecoism-toshi | 2014-11-25 13:59 | ため池
ISTS2014
 11月19日、ISTS2014(International Symposium on Technology for Sustainability)、ISTS2015の教員側スタッフの合同ミーティングで今年のISTS2014の報告と質疑が行われたあと、来年度ホストとなるマレーシアのマラ工科大学と明石高専、八戸高専、香港IVEでISTS2015の教員スタッフの打合せを行った。学生の研究発表中心のこれまでのISTSから学生のグローバル・リーダーシップを育てるプログラムに大きく舵を切るため、教員間でも合意形成が必要だった。
 11月20日午前、ISTS2015のグローバル・リーダーシップ・プログラムの実施を担うISOC(International Student Organization Committee)のマラ工科大学、台北工科大学、明石高専、八戸高専の学生のミーティングに参加した。難しいテーマのため、そもそも「リーダーシップとは?」から話し合ってもらった。
 午後はゼミ生の発表を聞いたあと、研究発表の司会を行った。
 ISTS2015に向けて運営側の教員も新たなリーダーシップを身につけなら、プログラムを作って行くことになりそうだ。ISOCの学生に取っては、リーダーシッププログラムを作ることそのものが、リーダーシップを身に付けることになるだろう。

November 19th, ISTS2014 (International Symposium on Technology for Sustainability) Committee and ISTS2015 Committee had jointly meeting for report !STS2014. After joint meeting, ISTS2015 Committee members, Akashi College, UiTM in Malaysia that becomes the next year host, Hachinohe College, Hong Kong IVE had meeting. In order to change program of ISTS research presentations of the students to develop global leadership of students, we were required consensus among teachers. November 20 morning, I observed in ISOC (International Student Organization Committee) responsible for implementation of the Global Leadership Program of ISTS2015, who are students of Universiti Teknologi MARA, National Taipei University of Technology, NIT Akashi College, NIT Hachinohe College.
Because of difficult theme, the first place they had discussion about "What is leadership?".
 In the afternoon, I was hearing the student`s presentation of my lab., and chairperson of research presentations.
Teachers of management side also have to develop leadership. ISOC will make the leadership program, which process will develop their leadership themselves.
e0020945_10174596.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-22 10:20 | 教師の仕事
2015年冬薪ストーブシーズン Wood stove season
11月14日に急に気温が下がったので、薪ストーブを焚き始めた。

Because temperature dropped suddenly from 14th November, It was begun to burn firewood with the wood stove.
e0020945_18374785.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-20 23:26 | 薪ストーブ
木遊びin明石公園 Play with wood in Akashi Park
 明石公園の伐採樹木を有効利用しながら、木を使って楽しもうプロジェクト「木遊びin明石公園」を開催した。このプロジェクトは兵庫県園芸・公園協会、(株)ノーリツ、兵庫県立図書館、ランバージャック加古川、明石市地方公設卸売市場、明石高専のコラボレーション企画で実施された。
 明石高専は薪を使って餅を蒸して餅をつき先着100名にお汁粉を振舞った。くすのき農園から餅米の提供をいただいた。
 (株)ノーリツさんはお家芸の湯沸し技術を使って薪でお湯を沸かし足湯コーナーを作ってくれた。

We had the project "Kiasobi in Akashi Park" which is enjoy using the wood logged trees of Akashi Park. Hyogo Prefecture gardening and parks Association, Itd. Noritz, Hyogo Prefectural Library, lumberjack Kakogawa, Akashi local public wholesale market and NIT Akashi College had been collaborated for the project. NIT Akashi College served Shiruko to the first 100 people with rice cake which is steamed rice using firewood. We got offer sticky rice from Kusunoki Frarm. Ltd. Noritz made a footbath using firewood.
e0020945_10303873.jpg

 ランバージャック加古川には薪割りワークショップを開催していただいた。インドネシアの留学生も初めて薪割りにチャレンジした。

Lumberjack Kakogawa had wood splitting workshop. Indonesian students also challenged wood splitting for the first time.
e0020945_1030334.jpg

 明石市地方公設卸売市場はマッタケご飯とアナゴのテンプラを販売してもらった。美味しかったので、あっという間に完売していた。

Akashi local public wholesale market were asked to sell the tempura of Mattake rice and conger. Because it was delicious, and had quickly sold out.
e0020945_1836560.jpg

 兵庫県立図書館のチンゲンサイ画伯の似顔絵コーナーも賑わっていた。

Portrait corner of Chingensai painter of Hyogo Prefectural Library was also crowded.
e0020945_18362991.jpg

 イベント終了後には希望者に薪の配布が行われ、30台の車に薪を積み込んだ。積み込み作業は明石高専の学生が大活躍でした。お疲れさま!

After the end of the event, NIT students were loading wood to 30 cars of applicant. Cheers for good work!
e0020945_1029278.jpg

他にも木工クラフトあり、盛りだくさんの企画で賑わった。

There woodworking craft also crowded with customers.
by ecoism-toshi | 2014-11-17 12:12 | 教師の仕事
盗難自転車戻る
 警察から一ヶ月前に盗まれた自転車が見つかったと電話をもらった。自宅から2kmほど東のお店の駐輪場にあったそうです。新車買ったら見つかるの法則か。

Police found the stolen bicycle a month ago. It was in a shop parking about 2km east from my home. Is it law that you will find it when you buy new one?
e0020945_2022437.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-12 20:22 | その他
2014-2015冬のカイボリ Kaibori in winter
 淡山疏水の最末端にある大正時代初期に作られた17号池を半分埋め立てグラウンドを作る。工事をするために池を干し上げるため、カイボリを行う必要がある。数十年間カイボリをして無いので、大きな鯉の魚影が見える。
 11月24日実施予定だが、何処まで水が抜けるかが心配だ。池が大きいので魚の量によっては学生の大動員が必要かもしれない。

No. 7 irrigation pond made ​​in early Taisho era in the end of Tanzan canal will be land filled half and be made a ground. The irrigation pond has to be dried up for construction, it is necessary to Kaibori. Since not to Kaibori for decades, there are big carps.
e0020945_11454627.jpg

 東二見の新池は上流のため池工事に伴い、そこにいた魚を下流の新池に集めてしまっている。魚の個体数が増え過ぎると植生も無くなり、泥をかき回すので富栄養化しアオコが発生している。こちらは、1月25日の午前中にカイボリを実施し、午後からヘドロを排出する予定だ。

Because of contracting the irrigation pond of the upstream, fish was collecting in Higashifutami Sinike Irrigation Pond of the downstream. When the fish populations is too increased, vegetation is eliminated. Eutrophication and waterbloom occurs because churning mud by fish. We are going to do Kaibori in the morning of January 25, 2015. It is planed to discharge the sludge from afternoon in that day.
e0020945_11451815.jpg

 ため池協議会、明石市、東播磨県民局、明石高専と合同で現地を見て段取りを決めた。今年の新ゼミ生3名はカイボリを楽しみにしている。

Irrigation Ponds Council, Akashi City Office, East Harima prefectural Office and NIT Akashi College looked at the site for planning Kaibori. The new seminar students are looking forward to do Kaibori.
e0020945_11445572.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-05 15:34 | ため池
バガス食器の堆肥化 Composting of bagasse tableware
 今日は高専祭で使用したバガス食器の堆肥化作業を高専祭実行委員会のメンバーと行った。バガス食器はポリスチレン製食器に比べて価格が少し高いが、ごみ処理費用を考えると経済的にもお得だ。
堆肥化の手順は以下
1.通気用穴あきコルゲートパイプを入れる。
2.その上にバガス食器を地面が見えなくなるまで敷き詰める。
3.バガス食器の上に糠を振り掛ける。
4.バガス食器が見えなくなるまで戻し堆肥を上から被せる。
5.水を掛けて湿らせる。
この作業を繰り返す。積込んだ高さが50cmを超えると再び通気用パイプを入れる。

Today, bagasse tableware used at stalls in the festival, which was composted with college festival committee members. Bagasse tableware is a little higher price as compared to the polystyrene tableware. However, it's economically profitable, if garbage disposal costs is considered.
Procedure of composting the following:
1. The ventilation corrugated pipes are laid down.
2. The bagasse tableware is paved until ground can not be visible.
3. The bran is sprinkled on top of the bagasse tableware.
4. The bagasse tableware is covered with return compost until it can not be visible.
5. The water is sprinkled.
The tasks are repeated. The height is more than 50cm and put the ventilation pipes again.
e0020945_1059297.jpg
e0020945_105943100.jpg

注意点:集める時に食器を重ね無い。重ねると、微生物が付着しする面積が少なくなり分解が遅れる。

Caution: The tableware should not be piled when collect. Area of ​​microorganisms to attach is reduce, if it is piled.
by ecoism-toshi | 2014-11-03 15:12 | 堆肥化
OB朝活 Morning Activity by OB
 11月1日、2日は明石高専の高専祭があり、多くの卒業生が帰ってくる。今年の春に卒業し大学に進学した研究室のOBが朝活に来てくれた。大学で薪割りは出来ないので、少し腕は鈍っていたが、10分もすると感を取り戻して薪割りを楽しんでいた。薪割りと青春、いいね!

There is the college festival of Akashi Kosen, many of the alumnus come back, November 1st and 2nd. My Laboratory's OB who graduated in the spring of this year came back to morning activity. Therefore they can not split wood in their university, they had lost skill. They regained the feeling of splitting after they had split for10 minutes and enjoyed. Youth and Split wood, Good is it?
e0020945_9445735.jpg

e0020945_945969.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-02 11:29 | 教師の仕事
2014煙突掃除 Chimney Cleaning
 薪ストーブシーズン前に、恒例の煙突掃除を行ってもらった。新しくゼミ配属された4年生は動ける学生3名が揃いました。

Before firewood stove season, I had done annual chimney cleaning. Three fourth grade students had been newly assigned seminar are active.
e0020945_18273789.jpg

 煙突掃除で、顔に煤がついて男前になったYくん。ワイルド〜。

In chimney cleaning, Mr. Y became handsome with soot on the face. Wild, is it?.
e0020945_18271128.jpg

by ecoism-toshi | 2014-11-01 20:51 | 薪ストーブ
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧