出張お寺サービス Travel temple
 スリランカらしい、お寺の出張サービスを見かけた。


It is seems to Sri Lanka, the travel services of the temple.
e0020945_20142280.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-09-17 21:10 | 旅の記憶
熱帯での雑草・落葉の堆肥化 Composting Fallen Leaves and Weeds in Tropical
 雑草と落葉の堆肥化の場合、通気性は比較的良好のため問題は含水率の調整となる。表面から25㎝ほどは熱帯のスコールで水分が多くなる反面、内部は温度上昇による蒸散で含水率が低下し分解が進まない。
 日本では夏以外、一般的には温度を上げるためには堆肥の山を大きくし発熱と放熱のバランスを調整して温度を上げるが、スリランカでは温度上昇はそれほど重要でない。
 そこで、対策として積み込む堆肥の山を分けて、一度に積む量を少なくし、水分を補給しながら少しづつ積み込むか、エアレーションパイプを利用して内部に水分を補給する対策をお願いしてきた。

In the case of composting of fallen leaves and weeds, the problem is the adjustment of the moisture content, air permeability is not so problem.
While compost moisture increases about 25 cm from the surface in tropical squall, however decomposition of inside compost does not proceed too dry by evaporation due to the temperature rise
To raise the temperature by adjusting the balance of heat dissipation and heat generation to increase the compost pile in except summer in Japan, the temperature rise is not important in Sri Lanka.
Therefore, to reduce the amount compost by divide a pile of compost, you can either load little by little while replenishing moisture, or replenish water to control water content by using the aeration pipe.
e0020945_19505949.jpg

下の写真の堆肥は途中で積むのをストップしたため、堆肥の山の高さが20cmだが分解が進んでいる。

In the below photo compost pile depth is only 20cm, but decomposition is progressing.
e0020945_2220147.jpg

雑草・落葉の堆肥化は臭いも少ないので快適だ。明日は悪臭の漂う生ゴミの堆肥化の調査に向かう。

It's pleasant to composting of weeds and fallen leaves since it is less odor. I am going to survey composting garbage drifting malodorous tomorrow.
# by ecoism-toshi | 2014-09-16 19:01 | 被災地・国際支援
長屋の鉄骨 Steel of Line House
 バウラーナの長屋の鉄骨が雨ざらしになっているにも関わらず腐食があまり進んでいないので、気になって調べているとEARL OF DUDLEY STEELの刻印があった。
Alan Birch:Economic History of the British Iron and Steel Industry によると Round Oak Steelworks was founded by Lord Ward, later the Earl of Dudley in 1857. と書かれている。この鉄骨は鉄鋼所が1857年にDudley伯爵の所有になった後に生産されたのだろう。
 James Taylorが初めてスリランカで紅茶園をこの近くで始めたのが1865年、長屋に住む老人の話では祖父の時代にここにやってきたとのことなので、1800年代後半に長屋が建てられたと思われる。
 

 The steel frame of line house in Bawlana has not much corroded even to have become weather-beaten, there was a mark of EARL OF DUDLEY STEEL.
Alan Birch, “Economic History of the British Iron and Steel Industry” said “Round Oak Steelworks was founded by Lord Ward, later the Earl of Dudley in 1857”. This steel frame might have been produced after the steel plant has become owned by the Earl Dudley in 1857.
 James Taylor started Loolecondera Tea Estate, the first Tea garden of Sri Lanka in 1865.
Since his grandfather came here in the story of the old man who lives in the line house, it was probably built in the late 1800s.
e0020945_013965.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-09-15 16:59 | 被災地・国際支援
樹上のアリの巣 Nest of ants on tree
 事務所の近くで紡ぎ蟻の巣を発見した。ちょうどラグビーボールの大きさがある。

I found the nests of ants near the office. The size of nest is just a rugby ball.
e0020945_18261017.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-09-12 18:33 | 生物
異文化体験 その1 カレーを手で食べる Intercultural experience  Eating curry by hand
 学生2名も手で食べる食事を初体験。

The two students had first experience of eating by hand.
e0020945_1638568.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-09-12 17:07 | 教師の仕事
タコ漁 Fishing Octopus
高砂海浜公園の保全活動で知り会った漁師の方にタコ漁に連れて行っていただいた。朝5時出港、海岸線には工場地帯が広がる。

The fishermen met know in conservation activities of Takasago Seaside Park took us to fish octopus. Departure 5:00 in the morning, factory area spreads out the coastline.
e0020945_131465.jpg

30分ほどで漁場に到着。底びき網を入れる。

We arrived at the fishing grounds in about 30 minutes, and putted the dragnet.
e0020945_1322264.jpg

網を入れて20分ほどを引いた後、網を揚げる。

After trolled for 20 minutes to put the dragnet and raise the net.
e0020945_13184866.jpg

この日は大漁で、一度の網に数十匹のタコが入っていた。タコ以外にも色々な魚が入っていて、水族館より面白い。

A good catch this day, dozens of octopus had entered the net once. A variety of fish is contained also, and it is more interesting than aquarium.
e0020945_13201330.jpg

初めてのタコ漁に盛り上がる学生の皆さんだが。

Although the students excited to fish octopus for first time.
e0020945_13143245.jpg

2時間もすると下を向いて揺れる船の上での作業で8名中、5名が船酔いでグロッキー状態。

During 8, 5 students groggy by seasickness at work on the ship swaying and facing downwards for two hours.
e0020945_13152835.jpg

漁の方法の変遷、漁師の文化、ダムと海の関係など、漁師さんの話は興味深かった。
貰って帰ったタコは湯がいて冷凍している。最近、タコ料理を食べる頻度が急上昇。

Changes in methods of fishing, culture of fishermen, and the relationship of the sea and dam, the stories of fishermen was interesting.
# by ecoism-toshi | 2014-08-13 13:20 | 生物
台風一過アオサ合宿の予定だったが It was planed to compost sea lettuce after past typhoon 11th
 11号台風の去ったあと、高砂海浜公園に大量のアオサが打ち揚げられているのを予想して、堆肥化するために現地に向かった。しかし、打ち揚げられているのは流木だけでアオサはまったく無い。

After past Typhoon 11th, we expected a large amount of sea lettuce was washed up on beach at Takasago Seaside Park. However, there is no sea lettuce, launched just driftwood.
e0020945_1322275.jpg

 何時もアオサが溜まっている水深の深い部分にも全く見当たらない。西向きの風で、湾内のアオサが全て流れ出したようだ。台風の力はすごいですね。

Sea lettuce is not found at all in the deep water where has always accumulated. It seems that all sea lettuce inside the bay flowed out by the west wind. The power of a typhoon is great.
e0020945_1325745.jpg

 またもや台風でウミニナのアオサ捕食量調査用のカゴの中身が流され、項垂れるN君。再調査を開始するにもアオサが手に入らない。

Once again, the contents of the isolated basket of lettuce predation volume survey for moon shell is washed away by typhoon 11th, Mr. N was depression. Sea lettuce is not available even to start the re-investigation.
e0020945_1352745.jpg

今後、どれほどの速度でアオサが増えて来るのか興味深い。

We would like to know increasing rate of sea lettuce in the future.
# by ecoism-toshi | 2014-08-13 13:05 | 教師の仕事
2014夏 アオサ堆肥化 第2ラウンド Second Composting sea lettuce in 2014 summer
 地元高校の体育会クラブの合宿が高砂青年の家であり、朝の活動でアオサを回収してくれた。集められたアオサ約1300kgの堆肥化作業を行った。気温が32℃を超える中で1トン以上のアオサを堆肥化する作業は流石に堪えた。研究室に体育会系学生が居てくれて良かった。

Camp of local high school club is the home of Takasago youth, the students collected sea lettuce in the morning activities. We was composting about 1300kg sea lettuce, July 31th.
Task of composting sea lettuce more than one ton the ambient temperature exceeds 32 ℃ was tough. I want to thank that students of sports council were in our laboratory.
e0020945_17365392.jpg

 堆肥化が終わった後は、カゴの後片付けとウミニナのアオサ捕食量実験の隔離カゴを補修して終了。

After the composting is done, we are finished with the repair of sea lettuce isolated basket predation experiment amount of moon shell and washing the baskets.
e0020945_17372460.jpg

 その日は学生と一緒に作業できるが、次の日に疲れが取れない。寄る年波には勝てない。

I can work together with students that day, but I do not get tired the next day. Old age tires body.
# by ecoism-toshi | 2014-08-01 17:58 | 堆肥化
2014夏 アオサ堆肥化 Composting sea lettuce in 2014 summer
 高砂海浜公園の高砂市スポーツ少年大会クリーンキャンペーンでアオサの回収が行われたので学生と堆肥化作業に行ってきた。潮が引いていない時に行われたので、アオサは40カゴ、374kgと少なめだった。

We had composted sea lettuce that collected by elementary school students of Takasago Junior Sports Teams Clean Campaign at Takasago Seaside Park. Because it was when the tide is not pulling, sea lettuce was rather less 40 baskets, 374kg.
e0020945_184948100.jpg

 まずは前回アオサを埋め込んだ堆肥を横に移す。含水率が高いので、枯草を投入しようとしたが、今回に限って市長が来るということで綺麗に掃除されていて枯草が見当たらない。

First we move the compost with previous sea lettuce. Moisture content is high, so we were trying to mix hay, but hay is not found to have been clean up that the mayor would come only this time.
e0020945_18472594.jpg

 発熱量を上げて含水率を低下させるため、少し多め(200g/㎡)に米糠を掛ける。幅1m、長さ2m、高さ0.6m、7層に分けてアオサを積み込んだ。

In order to reduce the water content by increasing the heat generation amount, and apply the rice bran little extra (200g / m²). The sea lettuce load separately in seven layers, width 1m, 2m length, 0.6m height.
e0020945_18511229.jpg

 堆肥化作業終了後、前回実験用に設置したウミニナの捕食量調査の隔離カゴが台風で底が掘れてしまっていたので、もう一度やり直してきた。両方の隔離カゴに1kgづつアオサを投入後、海に向かって左側だけにウミニナ400gを投入した。

Since the bottom had gotten dug in typhoon isolation cage amount of predation study of Batillariidae after the composting work. 1kg lettuce was putted in isolation basket of both, and 400g Batillariidae was putted in only left side.
e0020945_18584115.jpg

 アオサの堆肥化担当の野球部元主将のN君が後輩の夏の県予選大会3回戦の応援に行きたいと、前日欠席したいと泣きを入れてきたが、思い直して来てくれた。作業が終わって昼食を頂いた後、明石公園に駆けつけた。
 このプロジェクトの地元リーダー吉政さんから、「今やっていることが長い人生の中で、きっと役立つ時が来る」と声を掛けられていた。
 N君がこの言葉の意味を理解する時は何時だろうか。

Mr. N who was baseball original captain in charge of composting sea lettuce would want to go to support of third round prefecture preliminary competition.
He wanted to absent the day before, but he was coming. We rushed to Akashi Park Stadium after finish the work.
 The local leader in this project, Yoshimasa said to him "What you are doing, it help yourself in long your life." Will it be time when Mr. N to understand the meaning of this word.
# by ecoism-toshi | 2014-07-21 19:12 | 堆肥化
2014夏の雑草回収完了 Collecting weed is finished in 2014 summer
 6月13日に開始した学内の雑草回収が本日(7月15日)終了した。蒸し暑い中、お疲れ様でした。
今回はS先生の研究室の女子学生3名も週2回、朝活を手伝いに来てくれた。

Today 15th July, we finished collecting weed of campus that began on13th June. In hot and humid, it was cheers for good work. Twice a week, three female students of the laboratory of Dr. S also came to help collecting weed in this time.
e0020945_11332258.jpg

 3つ雑草堆肥の山(幅2m×長さ5m×高さ1.5m)を作った。

We made three composting piles (1.5m height 5m length 2m width) with weed.
e0020945_1137673.jpg

 堆肥の山の上で飛び跳ねてもらい空隙が多すぎる堆肥の山を締める。

The compost piles are tighten by jumping at the top of compost piles, because weed these have too many voids.
e0020945_11372996.jpg

 今後、分解が進み堆肥の山が小さくなると通気用パイプを差し込みながら3つの山を2つに、2つの山を1つにし、最終的に半年で堆肥として使えるようになる。

Upcoming, two piles will be made from three piles, and one pile will be made from two piles with the ventilation pipe, it can be used as compost is finally reduced decomposition progresses in six months.
# by ecoism-toshi | 2014-07-15 11:57 | 堆肥化
黒松とアオミゾロ Spirogyra and Black Pine
 気温が上がり始めると大量に発生するアオミドロを食べてもらうため、一文字タナゴ(Mサイズ6cm)20匹とニポンバラタナゴ(Sサイズ3cm)20匹を2012年1月に入れて観察していた。少しは効果があったようだが、やはり人力で掬い取る必要がある。
 月刊現代農業8月号に黒松の枝を水田の取水口に挿しておくと、アオミゾロが無くなると言う記事があったので、ビオトープで試してみることにした。
 メダカの住む雨水升ミニビオトープには枝を一本入れた。

In order to get to eat Spirogyra generated a large amount when water temperature goes up, it has been observed to 20 Rhodeus ocellatus kurumeus (S size 3cm) and 20 Acheilognathus cyanostigma (M size 6cm) after put in January 2012.
Seems to have had little effect, but it is necessary to skim by human power.
There was an article that says, if you plugged branches of black pine into the intake water of paddy, Spirogyra is exhausted in Monthly Modern Agriculture, August. I decided to try it in the biotope.
I put a branch in rainwater square mini biotope, killifish live in.
e0020945_1834681.jpg

 中庭のビオトープには枝を8本挿してみた。

I've inserted eight branches in the biotope of the courtyard.
e0020945_18351470.jpg

 さて、効果は有るだろうか?

Will there effect?
# by ecoism-toshi | 2014-07-11 18:46 | ビオトープ
ウミニナのアオサ捕食量調査 Research for Predation Amount of Sea Lettuce by Batillariidae
 ウミニナがアオサをどれだけ捕食するかを調べるため実験用隔離カゴの設置に行ってきた。
特製バルーンタイヤリヤカーで隔離カゴを干潟に運ぶ。

We set the isolation cage to examine predation amount of sea lettuce by batillariidae.
At first, the isolation cage is carried by the balloon tire drawn cart.
e0020945_15322431.jpg

設置位置を決めたら、その部分のウミニナを全て拾い出しながら数えた。これが、一番キツイ作業だった。次回はザルとジョレンを持ってきて、掬って水洗いしてから数える方が簡単そうだ。

All batillariidaes are picked up in space of examining position and counted. This was hard work. Next time, we should bring hoe and colander to collect and wash batillariidaes in water.
e0020945_15175483.jpg

900mm×1800mmの中に1380個、757gのウミニナが居た。467g/㎡として、この干潟の面積を5000㎡とすると2.3トンのウミニナがいることになる。
There are 1380 pieces of batillariidaes, 757g in the 900mm × 1800mm.
e0020945_15185920.jpg

隔離カゴを組立て杭を打ち、固定して設置完了。

The assembled the isolation cage and fixed to pile.
e0020945_15203366.jpg

元の密度のウミニナを片方の隔離カゴに入れる。

The original density batillariidaes are put in one side cage.
e0020945_15195488.jpg

コントロール用のウミニナが居ないカゴと居るカゴの両方にアオサを湿潤重量で2kgづつ入れる。

2kg of sea lettuce is put in the both cage which one is not batillariidaes for control.
e0020945_15213527.jpg

後は、実験の成功を祈るのみ。

All we have to do now only pray for the success of the experiment.
e0020945_15225416.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-07-06 15:24 | 生物
アオサとウミニナ Sea Lettuce and Batillariidae
高砂海浜公園のグリーンタイド(アオサの大発生)問題に取組み始めて4年になる。4年前の同次期の以下の写真を見るとまさにグリーンタイド。

It is four years since I started working on the problem (outbreaks of sea lettuce) Green Tide of Takasago Seaside Park. Green Tide just looking at the photos below of the next four years ago.
e0020945_16143241.jpg

 今日、撮った同じ場所の写真をみると見違えるように綺麗になっている。親子が水遊びをできるようにまでなった。

It is now clean shown the photo of the same place today. Parents and children are able to playing in the water.
e0020945_16161972.jpg

 ボランティアの皆さんがアオサを回収して堆肥化してくれている効果もあるが、忘れては行けないのがウミニナのアオサの捕食。浅瀬のウミニナの密度がすごい。今年は、一度密度調査と捕食量を調べたい。

There is also an effect that is composting sea lettuce by volunteers, but predation of sea lettuce by Batillariidae is not forgot. Density of Batillariidae on shoal is great. This year, I want to examine the density and the amount of predation.
e0020945_16313344.jpg

 ただし、ウミニナには水深が深い部分に漂うアオサは捕食できないため、深い部分にはアオサが溜まっている。

However, since the sea lettuce in sea water can not be prey Batillariidae, sea lettuce is accumulated in the deep part.
# by ecoism-toshi | 2014-06-29 16:28 | 生物
狸の住所 The address of raccoon dog family
狸の住所と家族構成が解った。プライバシー保護のため名前は伏せておきます(笑)。住所は明石市魚住町西岡679-3 明石高専内の土管。家族構成は、両親と子供3人。子供の身長は約30cm(年齢約3ヶ月)。可愛いが、さすが野生、近づくと威嚇してきた。
 明石高専のJABEEプログラム 共生システム工学専攻で「自然や社会との共生」をうたっているので、生きた教材として狸と、どうやって共生するか学生に考えてもらおうか。

The address and family structure of the raccoon dog were found. Their names are kept secret for privacy protection. The address is 679-3, Uozumi-cho Nishioka, Akashi-shi. Earthen pipe in Akahi Kosen. Family structure is parents and three children.
Height of children (about 3 months age) is about 30cm. Although they are cute, grew wild and threatened to approach them.
JABEE program of Akashi Kosen has appealed for "symbiosis with nature and society", I am considering to use the raccoon dog problem as useful teaching materials for students.
e0020945_7504423.jpg
 
# by ecoism-toshi | 2014-06-28 12:17 | 生物
野生動物との攻防 Offense and defense with the wild animals
 生ゴミを堆肥化し始めて、狸、カラス、雀、八歌鳥がやってくる。放おっておくと掘り起こされるため、最初は網を被せたが狸に食い破られて網がボロボロになった。
 ここは、原点に戻ってナチュラル系で対策した。伐採されて枝を生ゴミ堆肥の上においてみた。今のところ、少しは掘り起こされるが、カラスは防げているし、狸が掘り起こす場所も枝の無いところ限られる。
 野生動物との攻防はつづく。

We started to compost food waste. After that, raccoon, crow, sparrow and crested myna were coming to scavenge. Because it is dug up if you leave without countermeasures, it was covered with a net at first, but the net is tattered and been broken by raccoon dog.
We were measured in natural systems back to the origin, coved the garbage compost with branches cut down. For now, the crow is prevented, and where the raccoon dog is digging even limited where there is no branch.
Offense and defense with the wild animals continues.
e0020945_18262218.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-06-27 18:48 | 堆肥化
ばあちゃんと梅取り Picking plums with grandmother
 和歌山の実家に小学5年生の次男を連れて帰省してきた。冬に剪定した梅が鈴生りだった。

I had been going home with a second son to Wakayama Pref.. The plum tree was pruned in last winter, which made a lot of plums.
e0020945_11523532.jpg

 1本の梅の木からカゴに4杯収穫したが、まだ半分残っている。無農薬で栽培しているので、梅にはソバカス模様がある。
 綺麗に見せるためにだけに、農薬を使うのは馬鹿げていると思うが、スーパーで売っている青梅にはソバカスが無い。

Four cups to basket were harvested from the plum tree, but the remaining half still. Since it have been grown in pesticide-free, there is freckle on plums. I think it is ridiculous that only in order to look beautiful, but there is no freckles on plum in supermarket.
e0020945_1152598.jpg

 1.5kgだけ持ち帰り、梅酒にしている。3ヶ月後が楽しみです。

I brought back 1.5kg plum and made plum wine. After 3 months I look forward to.
e0020945_18212327.jpg

 夜には近くの小川でホタルを見る予定だったが、生憎の雨でホタルは飛んでいなかった。

It was scheduled to see firefly in the nearby creek at night, firefly was not flying in rain unfortunately.
# by ecoism-toshi | 2014-06-24 19:11 | 父親・夫として
現行犯 Red-handed
 学生寮から発生する1日数十kgの生ゴミを学生が堆肥化している。生ゴミを入れた袋を開けると臭いが、そこは数分の我慢。それにしても、食べ残しが多い。

The students have composted garbage generated from student dormitory. There was odor when you open the garbage bag, but there stand a few minutes. Too much leftovers, isn`t it.
e0020945_21112442.jpg

折角堆肥化処理した生ゴミを掘り起こす犯人はやっぱりタヌキでした。脚立で作った柵を怖がる様子もなく生ゴミ堆肥の上でお食事中。

Criminal who dig up the garbage which was composting process was a raccoon dog after all. Dining in the top of the garbage compost without fear the fence which I made with stepladder.
e0020945_21134342.jpg

人間に慣れているのか、怖がって逃げる様子もない。さて、どうしたものか。

The raccoon dog was not afraid man and did not escape. Now, what can we do?
e0020945_7421649.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-06-22 21:19 | 堆肥化
犯人はだれ?Who is a criminal?
 学生寮から発生する生ゴミの堆肥化を始めた。埋め込んだ生ゴミが掘り起こされているので、ネットを掛けて置いたが、朝見るとネットが捲られ、生ゴミが食べ散らかされていた。
 容疑者はカラスとタヌキ。犯行の現場状況から推察するとタヌキが最も怪しい。

We started composting of garbage generated from student dormitory. Compost is covered with the net, because garbage is dug, but it was a mess to eat garbage again, the net is turned over when I looked in the morning. The suspect is raccoon dog or crow. Raccoon dog is most doubtful from the scene of the crime.
e0020945_7465466.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-06-17 07:48 | 堆肥化
薪割りワークショップ放映中
薪割体験会の様子が明石ケーブルテレビで放送中ですここをクリックです。
# by ecoism-toshi | 2014-06-12 09:56 | 薪ストーブ
神戸新聞を読んで  Reading Kobe Newspaper
 毎週日曜日掲載の「神戸新聞を読んで」の6月分を担当している。1040字のコラムを週に1回書くだけかと高を括って、気軽に引き受けたが、これが以外に難しい。
 500字以下の新聞記事を読んで、1040字のコラムを書くのは、読んだ本より長い読書感想文を書くようなものだ。そこでちょっと作戦を変えて、まずは書きたいテーマを決めて書き始め、後から関連する新聞記事を検索して読むことにした。この作戦で5回投稿完了、ふぅ...。

I have written "Reading Kobe Newspaper" on Sunday every week for June. I thought easy to write the column of 1040 characters per a week. However, reading a newspaper article of 500 words and writing a column of 1040 characters, that is like writing a longer report than the book read. I changed the strategy. First I decided a theme what I want to write, then searching the related newspaper article later. 5 papers are finished with this strategy.
# by ecoism-toshi | 2014-06-10 18:57 | その他の仕事
裸足で散歩 Barefoot Walking
 最近、夕食後に息子と裸足で散歩するのが日課になっている。この季節になると昼間のアスファルト道は熱くて歩けないが、夜になるとちょうど良い温度になっている。最初は、道路の凹凸で足裏が痛いが慣れてくると心地よい。私は人に見られても気にしないのだが、小学校5年生の息子はちょっと恥ずかしいらしい。

Recently, it is the daily routine to walk barefoot with my son after dinner. You can not walk on the hot asphalt road in the daytime in this season, but it cool down to be just about the right temperature at night.
At first, you have a sore foot on irregularities of road, but you will be comfortable after become accustomed. I'm do not care to be seen by people, but my son of fifth grade seems to be a little embarrassed.
e0020945_17461575.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-06-10 17:55 | 父親・夫として
薪割りワークショップ Wood-splitting Workshop
 (公)兵庫県公園・園芸協会、(株)ノーリツ、明石高専の協働企画、明石公園の間伐樹木を使った薪割りワークショップを開催した。天気に恵まれ、怪我もなく無事終了することができてホットしている。初めての試みだったので、今後も試行錯誤が必要だ。

e0020945_16172262.jpg

e0020945_1625047.jpg

以下、薪割りワークショップの教訓。

1.初心者の大人数での薪割りワークショップは無理があった。
 薪割りは最初は斧を振るのが怖いのでアドレナリンが出る。その後、割れるようになるとドーパミンが出て相互作用でハイテンションになる。これが、集団となるとちょっとヤバイテンションになってくる。イベントとしての盛り上がりが抜群だが。

2.薪割りは個別指導にすべし。
 斧を怖がって振っている間は良いが、ちょっと慣れてくるとヘッドを確実にコントロール出来ないまま振り回し始めて的を外す。総勢40名に講師は1名は、ちょっと無理な企画だった。学生が講師役を努められるまで成長すれば対応可能か。

3.初心者には使ってもらう斧は柄が強化プラスチックでできているFiskars/X25 Splitting Axeを使うべし。お気に入りのソマウド1500を折られてしまった(涙)。

運営側は気が気ではなかったが、参加者の皆さんは、楽しんで帰ってくれたようだ。
ちなみに、この薪割りワークショップの様子は明石ケーブルテレビ ACTV135で放映されるそうだ。
e0020945_16192424.jpg


The wood-splitting workshop using thinned wood in Akashi Park was held by Hyogo Park and horticulture association, NORITZ CORP., and Akashi College of Technical. I am relieved to be able to complete without injury with good weather. It was the first attempt, it is trial and error is necessary in the future.
The lessons of wood-splitting workshop are written below.

1.Wood-splitting workshop with massively multiplayer beginners is unreasonable.
Since wood splitting is scary at first, adrenalin comes out of it. Thereafter, it will become the high tension in the interaction, dopamine come out when you can split wood.
It becomes dangerous tension a little with population. It is distinguished for event, but it is hard to control.

2.Individual guidance is needed for wood splitting
While swing scary the axe is no problem. As you become more accustomed, you started swing strongly axe without being able to control axe head. This time is dangerous.
40 persons and one lecturer were slightly impossible plan. It may be available if students growth until serving as lecturers role.


3.Fiskars/X25 Splitting Axe the handle is made of reinforced plastic for beginners use. Somaudo 1500 was broken which is my favorite (tears).

It seems that participants enjoyed, the management side felt uneasy. Appearance of this wood-splitting workshop is broadcast on cable TV Akashi ACTV135.
# by ecoism-toshi | 2014-05-25 09:46 | 薪ストーブ
めちゃ嬉しい I am so glad.
 現地で協働しているNGOアプカスのIさんから写真が送られてきた。
まず、お願いしていた雨よけのヤシの葉が堆肥の上に載っている。

The photographs have been sent from Mr. I of NGO APCAS who has collaborated in Sri Lanka. The leaf of coconut for the rain-cover which I was asking is on the compost pile.
e0020945_19405824.jpg

 なんと、隣にスリランカの兵隊さんが作った堆肥の山が増えている。

The new compost pile was made by soldier of Sri Lanka next the old compost pile.
e0020945_19411158.jpg

 堆肥の山には現地で調達したパイプに穴を開けて入っている。

The pipes supplied in the local which are made aeration holes were inserted in the compost pile.
e0020945_19412111.jpg

  やれば、できるじゃん!
遠い国のスリランカで播いた小さな種が芽を出しているようで嬉しい。

You can do it!
I am glad that small species were seeded in Sri Lanka seems to have sprouted.
# by ecoism-toshi | 2014-05-11 19:52 | 被災地・国際支援
Compost pile at Viharamahadevi Park
 日本に帰る前に Viharamahadevi Parkに2日前に仕込んだ堆肥の山を見に行ってきた。雨よけをしていないので、雨で表面近くの温度は下がっていたが、中心は60℃まで温度が上がっていた。これから分解も進み、堆肥の山が小さくなっていくので、上に落葉、刈り芝を載せるようにお願いしてきたが、継続してくれるだろうか。
 若い兵隊がたくさんいるので、労力には事欠かない。後は、やる気だけだが......。

Before returning to Japan, we had seen the compost which was piled in two days ago at Viharamahadevi Park. Since the rain-cover was not shielded, the temperature at near surface had fallen down with rain, but temperature was going up to 60℃ at the center of pile. Subsequently decomposition is in progress and the compost pile is going to be smaller, so fallen leaves and cutting grass should be carried on the pile.
There are many young soldiers, it is not problem of labor.
In the rest, only a motivation is.
e0020945_19412770.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-07 19:55 | 被災地・国際支援
Kick-off meeting 
今日はKaduwela市の首脳陣(コミッショナー、市会議員、市職員幹部)へのプロジェクト説明と意見交換を行った。私自身、文化の壁を超えて仕事を進める新しい体験ができそうだ。

We had meeting which is the project explanation and exchange of opinions to the leaders of Kaduwela (commissioner, municipal, executive officials) today.
New experience which does work over different culture is likely to be made for myself.
e0020945_2227033.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-06 23:54 | 被災地・国際支援
Composting at Viharamahadevi Park
 Colombo市の中心にあるヴィハーラ・マハー・デーウィ公園 (Viharamahadevi Park 、イギリス植民地時代はクイーンビクトリア公園)で毎日出てくる落葉と芝の堆肥化実験をセットしてきた。公園はColombo市の所有だが、軍が管理を行っている。

The composting experiment of fallen leaves and grass which comes out in Viharamahadevi Park which was named Queen Victoria parks at British colonial days at the center of Colombo city has been started today. The park is owned by Colombo city council, other wide it is managed by military.
e0020945_1743144.jpg

日本から運んできた2.5mのパイプ2本を結束バンドで繋いで5mのパイプを作る。

We tied two 2.5m pipes carried from Japan by band, and made 5m pipe.
e0020945_1720429.jpg

ヤシ殻繊維があったので断熱層を兼ねて最下部に厚さ10㎝敷き、通気用パイプを入れ、刈った芝や落葉を約20cm積み込む。

Coconut husks fiber is spread as heat insulating layer which thickness 10cm on the ground. The pipes for aeration are put in and grass and fallen leaves which were loaded about 20 cm.
e0020945_17352624.jpg

種付けと含水率調整のために20㎝敷きこむごとに乾いた堆肥を振りかける。

Dry compost is spread each time you covered 20cm thickness grass or fallen leaves for moisture content adjustment and seeding.
e0020945_22543062.jpg

3層積み込んだところで通気パイプを入れるが、落葉と芝が無くなったので、午後に原料が集まるのを待って作業を再開することになった。

A ventilation pipe is put on three layers, however fallen leaves and grass were used up, we had to wait to gather material in the afternoon and work was resumed.
e0020945_22255738.jpg

午後になり雨が降り始め、軍も市の職員やる気を無くすが、こちらはお構いなしで作業継続を要請する。

Although it was rain and army and city officer motivation were down, we demanded continuation of work.
e0020945_2315748.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-05 17:43 | 被災地・国際支援
高温好気性の放線菌 Thermophilic aerobic actinomycete
 Kaduwelaの堆肥化施設で篩に掛けて製品になる前の堆肥を積んであった。未分解の有機物が多く含まれているため内部は分解熱で60℃を超えていた。堆肥の表面から5㎝~10㎝の部分は高温好気性の放線菌が見事に繁殖して白い層ができていた。

The compost before to become a product with screening had been piled in composting facility Kaduwela. Since many undecomposed organic matters were contained, the inside was over 60℃ with heat of decomposition. The layer of thermophilic aerobic actinomycete bred splendidly at 5cm – 10cm form the surface of compost had seen white.
e0020945_11503549.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-04 11:24 | 堆肥化
Thusare in Good Market
 一緒に仕事をしているNPO法人アプカスはスリランカで視覚障がい者のマッサージ店Thusareを経営している。スリランカ社会の中では「前世の行いが悪かったゆえに障がいを持つ」といった宗教的な偏見や「マッサージ産業=性産業」という誤解が、根強く存在しているそうだ。そんな環境で視覚障がい者の雇用を創出するソーシャルビジネスを立ち上げた意義は大きい。土曜日はGood Marketに出店していた。

Thusare is a massage shop for visually impaired persons has run by NGO APCAS collaborated with me in Sri Lanka. Religious prejudice "with disabilities to perform because of previous life was bad" and misunderstanding "massage industry = sex industry" are present in Sri Lankan society.
Significance launched a social business for creating jobs of visually impaired persons in such an environment is great. Thusare is opened in Good Market on Saturday.
e0020945_2052544.jpg

セッティングをお手伝いさせてもらった後、1番客で足裏マッサージ(300Rs)をしてもらった。日本の皆さん、スリランカに来たらThusareでマッサージをしてもらってください。

After I helped to set the store, I had foot massage a (300Rs) at 1th customer. Please get a massage in Thusare, when you come to Sri Lanka.
e0020945_2005390.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-03 20:12 | 旅の記憶
第2回堆肥化実験 Second composting experiment
 昨日、第2回の堆肥化実験の仕込みに行ってきた。
水分吸収と断熱を兼ねてコンクリート床板の上に戻し堆肥を敷き詰め、通気用パイプを配置する。

Yesterday, I went to set composting pile of the second experiment in Kaduwela.
Return compost was paved on the concrete floor for thermal insulation and moisture absorption, and the ventilation pipes were placed.
e0020945_10155629.jpg

戻し堆肥と生ごみを体積比で1:1で混合した原料を載せる。

Mixed garbage and return compost in volume ratio 1:1 which is placed on the pile.
e0020945_10233074.jpg

設定の高さになったら、再び通気パイプを入れて戻し堆肥と生ごみを混合した原料を載せる。これを繰返す。

When the pile are reached at setting height, ventilation pipes are set again. It is repeated.
e0020945_10335825.jpg

手前半分は比較用のパイプを入れていない堆肥の山だ。

Front half compost pile that does not put the pipe for comparison.
e0020945_1041523.jpg

課題は、水分調整と通気性能を向上させるため乾燥した粒度の大きい戻し堆肥を使用する必要があるが、雨曝しで堆肥を保管しているため戻し堆肥が湿っていた。あとは、プラスチックゴミの分別作業を徹底する必要がある。
前回実験時に戻し堆肥を混ぜるように提案していた。これが実行されており、臭いが少なくなったと喜んでいた。まだ、課題は山積みだが、一歩前進だ。

The problem is high moisture content of return compost which stored at outdoor. It is necessary to use return compost is large particle size and dry for improving the ventilation rate and moisture control. After that, it is necessary to pick up plastic waste.
Last time, I suggested to mix return compost and it has been executed. It was delighted to smell has become less. It's a step forward.
# by ecoism-toshi | 2014-05-03 10:46 | 被災地・国際支援
フルーツ王国 Kingdom of Fruit
毎日、激辛のスリランカカレーを食べていると、フルーツがあって良かったと思う。特に、バナナに救われている。バナナ以外にも、庭先で熱帯フルーツのパパイヤ、ガバ、ヤシ、その他多くの種類のフルーツを見ることができる。
 隣の家でヤシの実を採っていた。高所危険作業ですね。1回200ルピーでヤシの実を採ってくれる職人さんがいて、採り頃になると営業に来るそうだ。

It was good though there are fruits, when I eat spicy Sri Lanka curry every day.
In particular, banana saved me. It is possible to see many kinds of tropical fruit papaya, gabba, palm and other types of fruit in the garden.
Coconut were taken at next house. It is a high altitude dangerous work. Yeah come on business can have craftsmen who take the coconut in a single 200 rupees, to become the time taken. There are craftsmen who take the coconut for 200 Rs per 1 time. They come to business at the harvest time.
e0020945_05412100.jpg

 日本では高級フルーツのマンゴーが庭先になっている。

Everywhere you can see mango which is expensive fruit in Japan.
e0020945_23313386.jpg

英語名を検索中のフルーツ。甘いそうだ。

Fruit of searching name in English. It is sweet.
e0020945_23481140.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-02 01:01 | 旅の記憶
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧