メーデー International Labour Day
 今日はスリランカは「労働者の日」で休日だった。事務所近くでパレードが行われていたので、覗いてみた。それぞれの労働者のコスチューム(漁師は褌一丁に赤いターバン)、バナナ農園の労働者は山車を押して歩いていた。シンハラ語が解らないので何を要求しているの解らないが、雰囲気はお祭りのようだった。

Today is a holiday of International Labor Day in SriLanka. I had seen the parade near APCAS office. Costume of each workers (red turban fishermen with loincloth) and the banana plantations workers with banana float were walking. I could not understand what they request in Sinhara, but the atmosphere was like a festival.
e0020945_22214714.jpg

e0020945_2253753.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-05-01 22:46 | 旅の記憶
堆肥化実験 Composting in Sri Lanka
 Kaduwelaのコンポスト施設に3月13日に積み込んだ堆肥の山を掘り起こして温度計を回収してきた。表面から深さ20㎝の部分は温度、酸素濃度ともに好条件で放線菌で白くなっているが、内部は温度は高いが酸素不足で分解が遅れていた。
 今日は、運んできた穴あきコルゲート管を埋め込んだ実験用堆肥の山を作る計画だったが、ラウンドローダー(BobCat)が故障し、修理が必要だが停電で修理も出来ない。
 スリランカでは予定通りに物事は進まない。明日はメーデーのため、実験開始は2日後に延期だ。

I've been collecting the thermometers to dig up a pile of compost embarked on March 13th at compost facility Kaduwela. Compost of 20 cm depth has turned white in the actinomycetes on favorable terms to both temperature and oxygen concentration from the surface, but the temperature is high internal but decomposition was delayed by lack of oxygen. Today, I had planned to make a pile of experimental compost with corrugated pipe, but the round loader (BobCat) has failed, it's in need of repair, but can not even repair by power outages. Things do not proceed as scheduled in Sri Lanka. Tomorrow because it is May Day, the start of the compost experiment at two days later.
e0020945_17323251.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-04-30 22:42 | 被災地・国際支援
採用面接 Job interview in SriLanka
 今回関わっているプロジェクトの現地マネージャー採用の面接に同席させてもらった。そこで「貴方がマネージャーならチームのモチベーションを上げるにはどうするか」と言う質問に対して「給料を上げるか、プレゼントをする」と言う答えが返ってきた。日本なら採用面接でこの答えはNGだろうが、スリランカでは正直者と判断するべきなのであろうか。2名面接の予定だが1名はドタキャンで時間になっても現れなかった。さすが、熱帯だぜ。

This time, I did job interview for employ a manager of this project. The answer said, "Turn up the salary or present memorable thing" is returned to the question to say "What to do, if you want to increase motivation of the team?" The answer would be NG in job interviews in Japan, or I should judge who is a honest person in Sri Lanka.
It was scheduled for two interviews, but one person did not show up. It's tropical, isn’t it.
# by ecoism-toshi | 2014-04-30 21:38 | 被災地・国際支援
運び屋 Courier
 コンポスト実験用コルゲートパイプ22本をスリランカまで運んでいる。ワンボックス車に積込み明石高専から伊丹空港に運搬、預荷物で預かってもらえなかったので、JALCargoの貨物便で成田まで送る。成田空港でカートを押して第二ターミナル北500mのJALCargo事務所に受け取りに行く。カートに立てて移動するが、天井に当たるので、横置きに変更する。

I'm carrying 22 corrugated pipes to Sri Lanka for composting experiment.
A bunch of pipe was transported to Itami Airport by one box car from Akashi. It was not accepted as deposit luggage, so I send to Narita by JALCargo.
I went to receive it at the office of JALCargo second terminal north 500m with a cart at Narita Airport. When moving upright cart, since it hit the ceiling, it is changed to horizontal.
e0020945_11202068.jpg

 大きな不思議な荷物を運んでいるため、質問されること数回、やっとスリランカ航空のカウンターに到着する。JALに預荷物として断られたので、SriLankanAirLinesにも断られるのでは無いかと心配していたが、、無事チェックイン完了。いや~、重かったわ。日頃、体を鍛えておいて良かった。

Because I was carrying a large mysterious luggage, the question is asked several times, then arrived at the counter of Sri Lankan Airlines finally.
I was worried because it was refused as deposit baggage in JAL, to be or not of being turned down even SriLankanAirLines, but, successfully completed check-in. It was heavy, it was good to train body.
e0020945_11211695.jpg

Colombo空港でもまた、止められて質問攻めだろうな。
UL455便は何時もの様に30分遅れだそうだ。スリランカ航空のULはUsual Lateの略だそうな。

Also at Colombo airport, I would be heckled.
UL455 Flight late 30 minutes as usual. UL means Usual Late.
# by ecoism-toshi | 2014-04-28 11:52 | 被災地・国際支援
ツリーハウス Tree House in SriLanka
 スリランカのツリーハウスは、日本で作られるレクレーション用のツリーハウスとは違い、実用目的で建てられている。畑の真ん中にあるのは野生動物から農作物を守るため、夜の間寝泊まりするために作れている。

Unlike tree house of recreational is made in Japan, the tree house in Sri Lanka, has been built for practical purposes. In order to protect the crops from wild animals, it has been able to make in order to sleep during night in the middle of the field.
e0020945_818373.jpg

 こちらのツリーハウスは位置が高い。象が出てくる地域では人間が逃げられるように高く作っている。直ぐ近くの小さな溜池の周りに象の足跡が残っていた。日本なら象を駆除するのでしょうが、スリランカでは象は神聖な動物なので、アンタッチャブルです。

Unlike tree house of recreational is made in Japan, the tree house in Sri Lanka, has been built for practical purposes. In order to protect the crops from wild animals, it has been able to make in order to sleep during night in the middle of the field.
e0020945_817413.jpg

 日本の山間部も獣害が増えてきているが、熱帯のジャングルに囲まれたスリランカでは攻防が肉薄していてワイルドだ。

Beast harm has been increasing also mountainous areas of Japan, but the offense and defense are close to each other in Sri Lanka is surrounded by tropical jungle.
# by ecoism-toshi | 2014-04-27 08:43 | 旅の記憶
コラボで地域貢献 The social contribution in collaboration
三菱日立パワーシステムズ㈱とのコラボでCSR企画「三菱重工たかみくらの森」に専攻科生1名、5年生7名、3年生3名、2年生5名の合計16名の学生と行ってきた。
 3年前の2011年1月に山火事で焼失した市ノ池公園近くの遊歩道沿いにモミジ、桜、ヤマモモをそれぞれ50本合計150本を植えた。この周辺の山は元々塩田で使用する薪の過剰伐採で土地が痩せているため、苗木を植えても活着率が低い。今回は、明石高専で作った堆肥を土嚢に25袋持っていき、背負子で植林地に運んだ。

I've been with 16 students who are one advance course student, seven fifth grade students, three third grade students and five second grade students in "Forest of Mitsubishi Heavy Industries Takamikura" CSR Project in collaboration with Mitsubishi Hitachi Power Systems Co., Ltd. . We planted a total of 150 trees which are 50 each maple, cherry and bayberry near the promenade of Ichinoike Park lost trees by forest fire in January 2011. Because sterile land in the overharvesting of firewood to be used for originally salt marsh, survival rate is even lower planting seedlings of this mountain area. This time, we brought 25 sandbags of compost which we made in Akashi Kosen to the plantation area with backpack carrier.

まずは、加古川農林水産振興事務所の方から植樹のレクチャーを受ける。

First of all, we heard the lecture of tree planting by Kakogawa Agriculture, Forestry and Fisheries Promotion officer.
e0020945_154522.jpg

3班に分かれて、それぞれの樹種を植えていく。石が多く、笹の根が張っているので穴を掘るが一苦労でした。

They were divided into 3 Groups planting tree species of each. It was a hard time to dig holes with many stones and root of bamboo grass.
e0020945_1555016.jpg

穴を掘ったら、堆肥と土を混ぜながら丁寧に植えていきます。ポットの中で肥えた土で育てた苗は、周囲に栄養がないと根を周囲に伸ばさない。根が張らないと、水分の吸収能力が低いため夏の高温と乾燥で枯れてしまう。

After we had dug a hole, planted the seedlings carefully while mixing soil and compost. Seedlings grown with rich soil in the pot, the root will not stretch the around where is no nutrition. When the root is not stretched for absorption capacity of water, seedlings could not survive in dry and hot summer.
e0020945_156175.jpg

全員で記念撮影をして終了しました。

After group photo was taken at all, we have finished working.
e0020945_157513.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-04-19 15:07 | 教師の仕事
薪割り男子 Wood splitting Boys
元野球部主将 体育会系男子のN君は最近、和斧がお気に入り。和斧は柄が長く、ヘッドが軽く、刃厚が薄いので薪を割ると言うよりも切り裂くイメージに近い。今年の5年生で、今最も割れる男子です。ただ、女子に見られていると平常心を失い、手元が狂うようです。

Recently, Mr. N who is original baseball team captain and athlete boy likes Japanese hatchet. The handle of Japanese hatchet is long, its head is light, and edge is thin and sharp, using it is close to image cutting firewood than splitting firewood. In the fifth grade, he is best firewood splitter now. Just lose of mind and fail when he is seen by the girls.
e0020945_19151740.jpg

 ハンドボール部主将のH君、運動神経が良いのだが、体幹が弱いため腰がふらつく。体幹を鍛えれば、ハンドボールでも一皮剥けるかも。

Mr. H who is motor nerve’s good handball captain, but his body fluctuates because body trunk is weak. Body trunk becomes strong, handball also prove to be well.
e0020945_19145030.jpg

 今週から薪割り部に入部した陸上部4年生のR君。太い薪と4日間格闘しています。

Mr. R is 4th grade and track field athlete deployed section to splitting firewood club from this week. He've been fighting with thick wood for four days.
e0020945_191423100.jpg

 スペシャルゲストのO先生。40年ぶりの薪割りだそうです。

Teacher O is today special guests. It seems to be of wood-splitting after 40 years.
e0020945_19132039.jpg

 さすが昔取った杵柄、写真は割れた瞬間のドヤ顔です。

You never forget your own trade. The photo is his smug face, when it is just split.
e0020945_19134011.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-04-17 19:30 | 薪ストーブ
薪割り女子 Wood Splitting Girls
 大量に供給され公園の間伐樹木を薪ストーブの燃料とするため、毎朝、明石高専の薪割り道場では薪割りが行われている。最近、女子の薪割り志願者が2名増えた。薪割りはパワーだけで無いので、練習すれば男子顔負けの薪割り女子、略して「薪女」になるかもしれない。

Order to make firewood wood with thinning wood from Akashi Park supplied in large quantities, every morning, woods are split at NITA wood-splitting dojo. Recently, two wood-splitting volunteer girls are participating. Wood-splitting is not only power, wood-splitting girls might be better "firewood woman" than man if they practice hard.
e0020945_18183375.jpg

格好いいですよね。薪割りは居合と共通点が多く、奥が深い。

It is cool, isn`t it. Wood splitting and Iaido (art of drawing the Japanese sword)
have many common features.
e0020945_1819752.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-04-15 18:19 | 薪ストーブ
大塚国際美術館 Otsuka Museum of Art
 美大生になった長女が一度見に行きたいと言っていた大塚国際美術館に、長女が帰省した機会に家族で行ってきた。1日で見て廻るのは疲れてしまう量(1000点以上)の西洋絵画が陶板で展示されている。陶板に復元されているので、絵画に近づいて触ることができる。一般の美術館の重々しい雰囲気が無いのが良い。入り口直ぐのミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の壁画が圧巻です。

Otsuka Museum of Art which my eldest daughter became a student of the College of Art would like to go. We went to there with my family, when she came back to home.
To see in one day Western painting of more than 1,000 get tired is on display at ceramic plate. Because it has been restored to ceramic plate, it is possible to touch closer to painting. It is preferable to not have heavy atmosphere of the museum in general. Fresco of Sistine Chapel by Michelangelo near the entrance is the best part.
e0020945_7593747.jpg

 美術ボランティアによるガイドツアーに参加し、10時30分から2時間で古代、中世、ルネサンス・バロックを鑑賞した後、昼食を挟んで13時15分から2時間で近代、現代を鑑賞した。1日に4時間も絵画鑑賞をすると疲れた。

After participating in the guided tour by art volunteers, was appreciation ancient, medieval, Renaissance, baroque in 2 hours from 10:30, and next tour was watching modern, contemporary in 2 hours from 13:15 across the lunch. I was tired when you appreciate the painting for four hours a day.

                   次男のムンクの「叫び」
                The Scream of second son.
e0020945_10501473.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-04-08 11:04 | 父親・夫として
リーダーシップ Leadership
 私自身はこれまで比較的自由に生きてきたつもりだが40歳代後半ともなると社会的責任が増え、組織の中で何かを新しく始める仕事が増えてきた。そんな難しいお年ごろの皆様に、お勧めの本を3冊紹介しておきます。読んだからと言って実行できるとは限りませんが、自分が直面している問題に取り組むべき姿勢は書かれていました。

I have been living relatively freely, but social responsibility is more when I became the late 40s, work to start something new in the organization has increased. To everyone of such difficult it around, I leave to introduce three books recommended. It does not mean that you can run it just because you've read, but the attitude should address the problems you are facing were written.
e0020945_15493997.jpg

e0020945_15495467.jpg

e0020945_15491680.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-03-18 15:52 | 読んだ本・見た映画
スリランカへ飛ぶ方法
 今回はキャセイパシフィック航空を使ったが、予約表に載って無い中継地があり、乗ったり降りたり面倒だった。行きは、関西空港→台北→香港→バンコク→コロンボ、帰りはコロンボ→シンガポール→香港→台北→関西空港と飛行機の乗り換えはそれぞれ香港での一回だが、途中で機体から待合室に2回移動しなければならない。
 次回は、少しサービスは落ちるが、東京に飛んでスリランカ航空の直行便を使おうかな。

Although Cathay Pacific Airways was used this time, there were stop places which are not appeared on the reservation sheet. Getting on and off are troublesome.
The outward trip is Kansai Airport > Taipei > Hong Kong > Bangkok > Colombo and outward trip is Colombo > Singapore > Hong Kong -> Taipei > Kansai Airport. I had to wait at waiting room twice on each way.
I will fly to Tokyo and ride on the direct flight of Sri Lankan Airlines next time.
# by ecoism-toshi | 2014-03-16 16:24 | 被災地・国際支援
通気孔 Oxygen supply hole
一昨日、パイプを仕込んだ堆肥の山からパイプを抜き取り通気孔を作るためにKaduwelaのコポスト施設に行ってきた。最下部に入れたパイプを抜き取るのは若干苦労したが、抜き取った跡は崩れずに通気孔として綺麗に残った。
この方法なら、パイプを抜き取る手間はかかるが、少ないパイプで通気孔を作れる。

In order to extract a pipe from the compostpile which prepared to make vent hole the day before yesterday, we went to the composting site of Kaduwela.
Extracting the pipe is a little bit hard, but the extracted marks remained finely as a vent, without collapsing.If you use this method, you need time and effort to extract pipes, but vents can be made with few pipes.
e0020945_13435922.jpg

これまでの方法では40℃まで堆肥の温度が上昇してストップしていたが、戻し堆肥を混ぜているので、表面から30㎝程の深さの温度は既に70℃まで上昇していた。通気孔を作ったので内部の温度もこれから上昇するはずだ。

By the old method, the temperature of the compost rose and stopped to 40℃ until turning back, but since the return compost was mixed, the temperature of depth of 30cm from the surface had already risen to 70℃.
Since the vent was made, the internal temperature should also rise from now.
e0020945_2033848.jpg

昨日、コンポスト施設のスタッフだけで作った堆肥の山にも通気パイプが差し込んであった。改善しようとする意思はあるようなので、見込みがある。

The pipes were inserted in a compost pile made only staff of compost site yesterday.
They have motivate which is going to improve. It is good news for me.
e0020945_1343277.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-03-15 21:02 | 被災地・国際支援
バイオガスプラント Bio Gas Plant
 熱帯のスリランカでは年間を通して気温が高く、バイオガスプラントの効率が高い。日本のように冬は低温で過熱しないと微生物活動が低下することが無い。
 今回のプロジェクトの計画では高級ホテルから収集した分別率が高く、高品質な生ゴミは養豚場に回して、バイオガスプラントを使って糞尿からメタンガスと液体肥料を取り出す。メタンガスは煮炊きに使い、液体肥料は農地に還元する。
 スリランカで実際に稼働しているサブマリン型バイオガスプラント(容積約15m^3)を見に行ってきた。

It is high-temperature whole year, so microbial activity and efficiency of biogas plant is high in Sri Lanka.
In the plan of this project, high quality kitchen garbage from first class hotel will be used to food for swine and make methane and liquid manure from feces and urine using the biogas plant. Methane is used for cooking and liquid manure is returned to farmland.
I have seen the submarine type biogas plant (capacity about 15m^3) which is working at a hotel in Sri Lanka.
e0020945_1482777.jpg

ホテルに設置されているこのプラントは250㎏/Dayの生ゴミが投入でき、生ゴミは粉砕せずにそのまま投入する。

The kitchen garbage of 250kg/Day can be thrown in the plant which is without grinding.
e0020945_1356730.jpg

2口のコンロが約3時間使えるそうだ。

The hotel staff said that two cooking stoves lots can use for about 3 hours per day.
e0020945_14121448.jpg

 同じシステムで市場に建設中のバイオガスプラントも見せてもらった。こちらは、2基が連結している。図面が無いので、解らなかったがメンテナンスとして固形物残渣の取り出しをどのようにするのか不明だ。

I also had seen the same system biogas plant under construction in a market. Two sets tanks have connected. I do not understand whether you can do extraction of solid residual substance as maintenance.
e0020945_1433228.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-03-15 14:01 | 被災地・国際支援
アオショウビン White-Throated Kingfisher
 コロンボ市内のNPO法人アプカス スリランカ事務所の庭でアオショウビンを見ることができた。都会だが木が多く、生物も多い。まだ、会っていないがオオトカゲもいるそうだ。

I saw a white-throated kingfisher in the garden of NPO APCAS Sri Lanka office in Colombo. Yet, I have not seen, but also big lizard is living.
e0020945_22321759.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-03-13 22:48 | 生物
スリランカでの生ゴミコンポスト化 Composting garbage in SriLanka
  スリランカでの生ゴミコンポスト化事業が動き始めた。Low cost, Local, Low impact to environmentな技術を提案し、夏には学生にも参加してもらって、スリランカでのごみ問題解決に貢献したい。今回は、何が使えて、誰がキーパーソンで、どれだけやる気があるのかを調べ、下準備するためにスリランカにやってきた。こちらから提案できるコンポスト化技術も一つ試して見ることにした。
 このコンポスト施設の問題は含水率の調整と酸素供給が出来ていない。今回、一山を生ごみに戻し堆肥を混ぜて含水率を下げ、エアレーション用のパイプを差し込んでもらった。パイプには穴が少ないので1日置いた後引き抜いてエアレーション用の穴を作る計画だ。
 日本で使っているエアレーション用のドレイン有孔管がスリランカで見つからなかったので、次回は運んでこようと思う。
 あとは、ワーカーにインセンティブを与えてプラスチックゴミを分別する必要がある。

Our garbage composting enterprise started in Sri Lanka.
I would propose Low cost, Local, and Low impact to environment technology, I would also get students to participate in summer vacation, and contribute to solve garbage problem in Sri Lanka. In this time, I came to investigate what could be used for composting, who was a key person, and how is motivated.
 It also try to one composting technology which can be proposed and to see it. The problems of this compost site has not adjusted moisture content and supplied oxygen.
 Kitchen garbage and return compost were mixed for decreasing moisture content, and insert pipes for air rations. They will draw out, after placing for one day, since pipes has few holes.
 Since the pipe for air ration used in Japan was not found in Sri Lanka. I will carry next time. It is needs to give an incentive which workers want to classify plastic garbage.
e0020945_20949100.jpg
e0020945_204171.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-03-12 22:49 | 被災地・国際支援
公園の伐採樹木 Wood at Park
 公園の伐採樹木を薪ストーブの燃料に要らないか、公園の方から声を掛けていただいたので、学生を連れて見に行ってきた。天ぷら廃油ディーゼル車は生憎、燃料フィルターの目詰まりと思われる故障で使えないのでセレナに乗って行ってきた。樹種はカシ、ツバキ、ウバメガシなど、薪としては上物で、量も多い。薪ストーブユーザーにはお宝だ。高専で使う薪の6年分ぐらいはある。
 公園の方も言われいたが、捨てるには勿体無いし、費用もかかる。有効利用方法を考えたい。

Park director asked me “Do you need wood for wood stove?” So we went to the park to see wood. Since Bio Diesel Track cannot be used by the failure considered to be a clog of fuel filter unluckily, we drove Serena. Tree species are oak, camellia, quercus phillyraeoides and etc. which are goods as firewood. They are treasure for wood stove user. There are about 6 years firewood used at ANCT.
Although the park director said “Mottainai” to throw away and put a waste disposal cost. I would like to consider the effective method to use.
e0020945_10374328.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-03-07 10:36 | 薪ストーブ
竹採り物語 Bamboo-up story
 三菱日立パワーシステムズ㈱とのコラボCSR企画として、三菱重工たかみくらの森の植林で苗木に添える竹の名札を作りにいった。専攻科生1名、5年生1名、4年生4名、1年生4名が参加した。男子学生には竹の切り出しと玉切りをやってもらう。

As a collaboration CSR project with Mitsubishi Hitachi Power Systems Co., LTD, we made bamboo name tag attached to young trees which will be used for afforestation of Takamikura woods of Mitsubishi Heavy Industries
One advanced course student, one fifth grade student, four fourth grade students, and four first grade students are participated. Male students had logged and cut bamboos.
e0020945_8403936.jpg

竹割り器を使って6等分する作業は1年生の女子学生が担当した。慣れてくると面白い。

The first grade female students divided into six using a bamboo rate machine.
It is fan when it gets used to.
e0020945_8411095.jpg

約170本の竹の節をとり、先を尖らせる作業を全員で行う。

The paragraph of about 170 bamboos was removed, and sharpened the point by all the members
e0020945_842156.jpg

使い慣れないナタを振るのに腕が疲れたようだが、みなさん楽しそうに作業をしていた。次回は4月19日に市ノ池公園近くで植林を行います。

Although it seems that the arm was tired from shaking machete to which it does not get used. They were working happily.
Trees will be planted near Ichinoike park on April 19th 2014 next time.
# by ecoism-toshi | 2014-03-06 08:55 | 教師の仕事
アオサ回収用リヤカー Special trailer for collecting sea lettuce
 高砂海浜公園で買物カゴにアオサを回収したあと、砂浜を堆肥化場所まで運ぶために特殊リヤカーを制作した。アメリカからバルーンタイヤを輸入して、明石高専の実習工場で市販のリヤカーに取り付けてもらった。どれくらい使い勝手が良いか、これから実験してもらうが、見た感じでは結構使えそうだ。

After collecting sea lettuce to shopping baskets at Takasago Seaside Park, in order to carry these to the composting site, the special bicycle trailer was made.
The balloon tire were imported from the United States which attached to a commercial bicycle trailer at the training factory of ANCT.
I asked a student to experiment of usability. I hope it will serve very well.
e0020945_15274444.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-02-05 19:27 | 堆肥化
伐採作業 tree trimming
 学内の工事に伴い木(カイズカイブキ2本 樹齢45年)を伐採することになったが、伐採に必要な予算節約のため伐採をお願いされた。学生と朝活の時間を利用して伐採し、薪ストーブの燃料にすることにした。カイズカイブキは表面の形状が入り組んでいて、樹皮に砂などが入り込んでいるので、地面近くを伐採するとチェーンソーの刃が直ぐにダメになる。一本を倒すとチェーンソーの刃にヤスリを掛けないと切れなくなった。

It is necessary to cut down two Kaizukaibuki 45 years trees due to the construction of ANCT campus, I was asked the job because of budget shortfalls needed for logging.
It cut down with the students using the time of morning activity, and decided to use fuel for a wood stove. Since the form of the bark of Kaizukaibuki is complex, sand etc. have entered into the bark, and shortly after cutting down near of the ground, the edge of chain saw becomes useless. Whenever it cuts down one tree, it is necessary to rub the edge of chain saw with file.
e0020945_11425086.jpg

 今シーズンの薪割り練習教材の準備できた。「まずは、先生が見本を見せよう。腕が鳴るで!」

The wood-chopping practice materials have prepared in this season. "First of all, I will show a sample."
e0020945_14385050.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-02-05 17:10 | 薪ストーブ
芦刈 Cutting reed
 毎年恒例の大中遺跡に復元している竪穴住居の屋根材となる葦を加古大池に刈にいってきた。明石高専からは20名が参加した。
 このプロジェクトはため池環境の保全を進めるいなみ野ため池ミュージアム、里山林の保全に取り組むひょうご森の倶楽部、史跡の保存整備と活用に取り組む兵庫県立考古博物館と博物館の支援ボランティアグループひょうご考古楽倶楽部、明石高専が共同して行っている。既に4棟が建設せれている。
 屋根材料の葦刈りは手作業なので多くのマンパワーを必要とする。

We went to collect reed which become the roof material of bit house at Onaka Site to Kako Big Irrigation Pond. 20 students participated from ANCT.
The Museum of Irrigation Pond in Inamino which conserve irrigation pond environment and The Hyogo Woods Club which conserve Satoyama, the support volunteer group archaeological club of Hyogo prefectural archaeological museum which maintain historic relics, and ANCT are undertaking this project. 4 pit houses have been built already.
A lot of manpower need to collect reed of roofing materials.
e0020945_18231794.jpg

 この日は、兵庫県立考古博物館のプロモーションムービーの撮影をあり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」をみんなで踊った。やっぱ学生は乗りが良い。

Dancing all together "The fortune Cookie to love" of AKB48 that will be promotion movie of Hyogo prefectural archaeological museum was taken on that day.The Students are upbeat.
e0020945_18224968.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-29 13:12 | ため池
手作り誕生日プレゼント Hand made birthday present
 ハリーポッターで使われている魔法の杖にハマっている次男の誕生日プレゼントにニワトコの杖を作った。乱暴に扱っても折れないように材料は樫の木を使い、少し太めにデフォルメし、白い部分に書かれている呪文のようなものはYouTubeをスロー再生して確かめた。久々に彫刻刀を使ったが、作るのが結構楽しかった。
 私が帰宅すると「お帰りなさい」ではなく魔法の呪文「◎△◎△*.....」でお出迎えされる。

I made Sambucus Wand for 10th birthday present of second son who likes the magic wand used in Harry Potter . Material used oak tree and deformed it somewhat more thickly so that it might not break, even if it treated violently. A thing like the mystic words written on the white portion which was confirmed with YouTube.
Using graver was fan. When I have gotten home, son has welcome with the mystic words of magic.
e0020945_1754535.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-27 18:01 | 父親・夫として
無電力生ゴミ堆肥化装置 Non electric power garbage compostier
 平成13年に特許を出願し、平成20年に特許を取得した堆肥化装置(発明者:平石年弘、特許権者:財団法人新産業創造機構)が株式会社エコ花と緑のネットワークから無電力生ゴミ堆肥化装置「グン太君」として販売されている。
 発明した技術が世の中に出て行くには長く険しい道のり(死の谷とも呼ばれる)がある。特に大学等からの特許は実用化されるまでに時間がかかる。中山一郎著「大学からの技術移転における特許の役割について, 季刊企業と法創造」によると2002年時点で技術移転機関( TLO )の実績では,出願件数が 1,335 件、実施許諾件数が349件だそうだ。商品化されただけでもラッキーだと思う。
 商品化された後は独り立ちした子どもと同じで、応援しながら見守って行きたい。

The composting equipment (Inventor: Toshihiro Hiraishi, Patentee: The New Industry Research Organization (NIRO)) applied for a patent at December 25, 2001, and which acquired the patent in 2008. Non electric power garbage composting equipment "Gunta Kun" developed with the patent that have been sold by Eco Flower and Green Network CO., LTD.
There is a steep long way (called Death Valley) to the invented technology commercialized in the real world. Especially the patent from a university etc. will require time, before being put in it.
Technology transfer organizations (TLO) applied for patents number is 1,335 but licensing number is 349 of 2002, that is said, "About the role of patents in technology transfer from University, Law and Society quarterly enterprise" by Ichiro Nakayama. I think that is lucky to have been commercialized. The same as children who become independent after being commercialized, I want to watch while cheering.
e0020945_17282273.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-25 20:37 | 堆肥化
活火山? Active volcano?
 冬には温暖な明石でも最低気温が氷点下になる日がある。そんな朝、学内の堆肥の山の頂上からは湯気が登っている。見た目は煙のように見れるが堆肥の中は含水率が50%以上、温度が65℃と高温のため、水蒸気が発生し、外気に触れると露点温度以下で水滴になり煙のように見える。寒い冬でも堆肥の中の微生物は元気です。

There are several days when temperature become below freezing point in Akashi in winter. Steam is reaching from top of the mountain of the compost in ACNT campus in the morning.
Although appearance can be seen like smoke, since moisture content is 50% or more and temperature is 65℃, vapor is generated and touched with cold open air, it is become below at dew point temperature. Inside the compost, microbe is actively at cold winter.
e0020945_150290.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-24 15:09 | 堆肥化
伐採樹木入荷
 学内で伐採された樹木(カイズカイブキ、ヤマモモ)が搬入された。幹は玉切りして薪に、枝も薪ストーブに入る大きさに切って焚付に使う。小枝を薪ストーブに入る大きさに切るのが手間だが、人海戦術で行っている。

The trees (Kaizuka, Bayberry) cut down in ACNT campus were carried in the stock yard.
Wooden trunks and branches are cut in the size included in a wood stove for burning. Cutting branches in the size included in a wood stove requires time and effort.
It is carrying out by human-wave tactics.
e0020945_197169.jpg



 小枝が多い場合は、カナブンに分解してもらい堆肥化している。カナブンの幼虫が食べれるように積み込めば、1年後に厚さ10cmほどの堆肥ができれいる。

When there are too many branches, these are deposited and eaten by Drone beetle to decompose. If these are loaded so that Drone beetle's larva can eat, a compost layer about 10 cm thick is made in one year.
e0020945_1972827.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-20 19:14 | 薪ストーブ
鹿の角 antler
 お餅を食べ過ぎたので、運動をしようと和歌山の実家周辺を散歩していると、ご近所の庭先に鹿の角が置いてあった。子どもたちが見ていると、おばんさんが鹿の角をくれた。 この鹿の角は田んぼで拾ったそうだ。この地域も、鹿が増えすぎて農作物が荒らされて困っている。
 次男と長女の一発芸「せんとくんと魔法使い」

When we took a walk around parents' home in Wakayama order to exercise because of rice cake was overeaten, the antlers of deer was put on a neighboring yard. When children were looking these, a lady gave the antlers.
She said that the antlers were gathered by the rice field.
The deer of this area increase too much, agricultural products are damaged.
"Wizard and Sentokun" a short performance of eldest daughter and second son.
e0020945_1002951.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-06 18:07 | 父親・夫として
冬休みの工作 Work in winter vocation
 次男のブームは「トーマス」「こびとづかん」と流れ、最近 「ハリーポッター」ブームがやってきた。ハリーポッターが使っている箒を作りたいというので、和歌山の実家に帰った時に作ることになった。
 次男と一緒に山に入り、うまい具合に曲がった木(樹種はネジギ)を切り出してきて、棕櫚の木の皮を束ねて出来上がり。

The second son's boom had flowed with "Thomas" and "Kobitozukan". Now, "Harry Potter" boom is caming. When we returned to my parents' home in Wakayama, we made the broom, because he would like to make the broom which Harry Potter is using.
The tree (Nezigi) curved in a nice fitting curved is cut down in a mountain, and the bark of a chsen palm tree is bundled.
e0020945_944260.jpg
 
 かなり気に入ったようで、箒に跨ってイマジネーションの世界で遊んでいる。飛行距離は短いが飛ぶことも出来ます。

He have played with the broom in the world of imagination. He can fly with the broom if short distance.
e0020945_9422846.jpg

# by ecoism-toshi | 2014-01-06 08:23 | 父親・夫として
スルメ Dried Cuttlefish
被災地支援で一緒に活動していたNPOの方から送っていただいたスルメを田舎に帰って火鉢で炙って食べた。スルメを噛み締めながら、2013年の出来事を振り返る。2013年もあっという間に過ぎた。

The dried cuttlefish got from NPO which was working together at Tohoku stricken area was brought back to Wkayama, and roasted and ate with the hibachi.
It looked back upon the occurrences in 2013, baiting a dried cuttlefish.
It passed in twinkling of eye.

e0020945_10102125.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-12-31 18:10 | その他
レンコン堀大会  Digging lotus root tournament
 恒例となった西島皿池のレンコン堀大会に学生11名を連れて参加してきた。胴長、長手袋、レンコン堀用スコップまたは鍬、バケツをリヤカーに積んでため池に向かう。

I participated in digging lotus root tournament of Nishijima irrigation pond with 11 students. Long boots, long gloves, shovels and hoes for lotus root ditches, and buckets were carried with human trailer to Nishijima irrigation pond.
e0020945_14322768.jpg

 昨年掘った場所は水たまりになっているので、水たまりは避けて蓮の枯れた茎が有る所を掘るとレンコンがある。以下の順序で掘っていく。体力勝負です。
1.深さ50〜60cmの自分が入れ大きさの穴を掘る。
2.掘った土で水たまりから水が流れ込まないように堤防を作る。
3.横に穴を広げていくとレンコンに当たる。
4.レンコンに沿って穴を広げていく。
 掘り起こすことで底質土への酸素供給効果もあるだろうが、ヘドロの使い道を考えて掘ったヘドロを浚渫できれば、もっと良いのだが。

The places dug last year are puddles, so lotus root is not in puddles. There are lotus roots in the place with lotus withered stalk without puddles.
How to dig lotus root are showed in following.

1.Dig a hole of 50 ~ 60cm depth which you can be in it.
2.Create a dike to prevent water of puddle with soil dug.
3.Widen the hole in the side to hit the lotus root.
4.Go to expand the hole along the lotus root.
The lotus root digging needs physical strength match.

There will also supply oxygen to the effect of sediment soil by digging. If you could use sludge for fertilize, it is ideal.
e0020945_14345573.jpg

 可食部の長さを競うレンコン堀大会にエントリーし、N君が2位になり米を5kgもらっていた。ここのところ、優勝を逃している。来年こそ、優勝を狙いましょう。
 ため池の保全に関わっている関係者への感謝祭という意味合いもあり、継続されている。この池のレンコンは市販のレンコンと種類が違い、細いが粘りがあり美味しい。レンコンの天婦羅と焼き芋をご馳走になった。

We entered in lotus moat tournament to compete length of the edible portion, and Mr. N had got 5kg rice in second place. I have missed the championship. Next year, let's aim to win.

There is also a saying that thanksgiving to the people of working for conservation ponds, and it is continuing. I ate a baked sweet potato and tempura lotus root. The lotus root is different type of commercial, and thin, but the lotus root is delicious and tenacity.
e0020945_14341234.jpg

 江井ヶ島皿池にもレンコンを移植してレンコン堀大会ができれば楽しそうだ。アカミミガメが蓮の新芽を食べらてしまうので、レンコンを移植する前に個体数を減らす必要がある。

It's fun digging lotus root tournament if possible by implanting the lotus root also Eigashima dish pond. Because Trachemys scripta eat all buds of lotus, it is necessary to reduce the number of Trachemys scripta before implanting the lotus root.
# by ecoism-toshi | 2013-12-23 19:34 | ため池
江井ヶ島地区ため池ワークショップ Eigashima irrigation ponds workshop 
江井ヶ島皿池、谷池の保全活動に関わり初めて7年になる。アオコが発生して悪臭が漂っていたころに比べるとずいぶんと水質も改善し、皿池南へ移植したアシやガマも繁茂した。とは言っても、流入水の水質が劇的に改善せれた訳ではなく、これからも保全活動を続ける必要がある。昨年に引き続き、今年も江井ヶ島地区ため池ワークショップに学生5名を連れて参加してきた。

It has been seven years since the preservation activities of Eigasima irrigation ponds were begun. Compared with the situation of irrigation ponds which blue-green algae occurred and bad smell had generated, it has improved now and reed and bulrush which transplanted to the irrigation pond grew thick.
e0020945_1441296.jpg

 高齢者の多いため池管理者のグループの中に学生が入ると、お祖父さんと孫のようで雰囲気が和む。学生はワークショップに参加することで、世代間での考え方の違いやため池の現状を知ることができる。

When students enter into the group of irrigation pond administrator with many elderly people, it will become the atmosphere of grandfather and grandchild, the atmosphere will be softened. By participating in a workshop, the student can know the difference in the view between generations, and the present condition of irrigation ponds.
e0020945_14403442.jpg

 行政に要求するだけでなく、ワークショップで出てきたアイデアを自分たちで一つでも実行に移して行きたい。

I would like to realize at least one idea which came out in the workshop by ourselves, without requiring of governmental agency.
# by ecoism-toshi | 2013-12-22 19:41 | ため池
第2回高砂海浜公園をゆる〜く語る会 2nd meeting discussed about future of Takasago Seaside Park
昨日(12月11日)、「第2回向島公園(高砂海浜公園)をゆる〜く語る会」が高砂市高砂町の銀座商店街にある古民家「高砂や」で開かれた。今回は、4年生を中心に学生5名を連れて参加した。

2nd meeting discussed about future of Takasago Seaside (Mukoujima park) was opened in the old private house "Takasagoya" at Ginza shopping center in Takasago Takasago-cho yesterday (December 11th). This time, 4 fourth grader students and 1 fifth grade student were participated.
e0020945_974545.jpg

まずは、第1回のまとめの報告の後、前回提案の有ったアイデアの実現可能性について説明をしてもらい、その後、「向島公園及びその周辺はこれからどんな公園を目指そう!」についてワールドカフェ方式でアイデアを出しあった。

The conclusion first of 1th meeting and the feasibility study of the last proposal are explained first of all. Then, the idea was shared by the world cafe system about "what park of Mukoujima park and its circumference aim at future"
e0020945_93113.jpg

参加者25名が4つのテーブルを巡回し、模造紙にメモを残して行く。向島公園にもっと若い人が集まれるようにしたいと言う意見も多く、学生が参加することで彼らの感覚が反映できれば「ゆる〜くかたる会」としても有益だ。学生にとっても異年齢、異なった立場の人々と話す機会を持つことは良い刺激になっている。

25 participants leave memos on the paper and turn around four tables. Since there are many opinions referred to as making young people like to gather in the Mukoujima park, it is useful that the students feeling can be reflected. It is a good stimulus that discussed with people of different age and position also for students.
e0020945_991925.jpg

会が終わったあと、「高砂や」を見学させてもらった。屋根断熱が無いので夏は暑そうだが、オシャレな空間に仕上がっていた。

After the meeting, we looked around Takasagoya. Since there was no insulation on the roof, it is the foppish space but it seems to be hot in summer.
e0020945_982598.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-12-12 07:47 | 教師の仕事
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧