ツリーハウス  Tree House
 これまで仮設住宅支援で一緒に活動していたK君が100のツリーハウス作りに関わっているということだったので、見学に行ってきた。
徳仙丈山へのハイキング道近くの森の中にツリーハウス1号が作られていた。

I went to 1st Tree House of "100 Tree Houses" which is made by Mr. K who had been improved temporary house with me. The 1st tree house was made in the woods near the hiking trail to Mt. Tokusenjo.
e0020945_14595869.jpg

ツリーハウス1号へのアプローチから見たところです。取り壊された小学校の廃材も使われていて趣がある。

The photograph is a view from the approach to the 1st tree house. The scraps of old elementary school are used and it is tasteful.
e0020945_1504149.jpg

現在、建設中のツリーハウス2号。ツリーハウス作りは楽しそうだ。近かったら学生を連れて手伝いに行くのだが、ちょっと遠い。

The photograph is 2st tree house under construction. Making a tree house seems to be fun. If near to Akashi, I will go to construct tree houses with students, but it is far.
e0020945_1513976.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-28 19:12 | 旅の記憶
小泉川(津谷川) の鮭  Salmons at Koizumi River (Tsuya River)
 活動報告会開催日の早朝、NPO法人アプカスの現地拠点から近い小泉川(津谷川) に鮭の遡上を見に行った。学生のころ、カナダで鮭が遡上する躍動感に感動した覚えが有ったので是非見ておきたかった。
 鮭の遡上開始から1ヶ月が経過しているため、数も少なく残っている鮭もお疲れの様子だった。代わりと言ってはなんだが、カワセミとヤマセミを見ることができた。

Early morning of Activity Report Meeting, I went to see the run-up of salmons at Koizumi River (Tsuya River) from the site of APCAS.
I wanted to watch the run-up of salmons because I remember the sight of salmons swimed upstream which was impressed by the sense of life in Canada, when I was a student.
e0020945_13135978.jpg

こんな狭い水路にも遡上してきた鮭の死骸(ホッチャレ)がたくさん有った。

There were many dead salmon which have ascended also to such a narrow waterway.
e0020945_13201285.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-28 18:25 | 旅の記憶
ネイチャーインダストリーアワード Nature Industry Award
 大阪科学技術センター主催のネイチャーインダストリーアワードでポスター発表をしてきた。思っていたより規模が大きく全国から48件の発表があった。
 我ながらスーツが似合いません。

I've been a poster presentation at Osaka Science and Technology Center-sponsored Nature industry award.
Scale was larger than I expected and there were 48 posters from the whole country.
A suit does not suit me.
e0020945_16413477.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-21 17:20 | 教師の仕事
高砂海浜公園のアオサの堆肥化 2nd Sea lettuce composting of Takasago Seaside Park
8月17日に引き続き、第2回高砂海浜公園のアオサ堆肥化を11月16日に行った。海岸の清掃と地引網体験のセットでイベントが行われ、アオサが回収された。

The 2nd Sea lettuce composting of Takasago seaside park was carried out on November 16 following August 17.
The event was performed by cleaning of the seashore and the set of sweep seine experience, and sea lettuce was collected.
e0020945_1438392.jpg

漁師の方に湾内を船で移動してもらい、アオサを調査したが、一番深い所に少しアオサが残っているだけで、昨年の同時期と比べると、アオサの量が随分と減っていた。

By moving in the inside of the bay by the fisherman's boat, and investigated sea lettuce.
Sea lettuce only remains in the deepest place, and the quantity of sea lettuce was decreasing fairly compared with the period last year.
e0020945_14483671.jpg

今回は収穫したアオサが約200kgと少なかったので、前回と同じ場所で堆肥化を行うことにした。まずは、8月に堆肥化したアオサ堆肥を移動して、スペースを開ける。

The harvested Sea lettuce was so little about 200kg this time, we decided to compost in the same location as the last time. First, the sea lettuce compost was moved to make open the space.
e0020945_14384580.jpg

一層に約70kgのアオサを敷いていく。

We spread the sea lettuce of about 70kg in each layer.
e0020945_143926100.jpg

気温が下がっているので、発熱量を増やすため糠を1kg振り掛ける。

Because temperature has fallen, in order to increase calorific value, 1 kg of rice bran is sprinkled.
e0020945_14402665.jpg

糠を振り掛けたら、アオサが見えなくなるまで堆肥を被せる。これを3回繰り返す。

After rice bran is sprinkled, compost will be putted until sea lettuce was covered.
This is repeated 3 times.
e0020945_14413749.jpg

通りかかった農家の方が良い堆肥が出来ていると感心していた。

The farmer was impressed that the good compost was made.
e0020945_14423719.jpg

最後の雨よけのシートを掛けて完成。シートは通気を阻害しないように堆肥と隙間を開けている。

Finally compost was covered by the sheet to avoid rain. Sheet has a gap and compost to not inhibit breathability.
e0020945_1444428.jpg

前回と同量のアオサが取れると考えて、13名の学生に参加してもらったが、採れたアオサが少なかったので、短い時間で終了した。学生諸君お疲れ様でした。

We thought that sea lettuce was the same amount as last time, 13 students had participated in this event, but sea lettuce was small amount, and we had worked in a short time. Cheers for good job of all students.
e0020945_14441732.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-17 15:14 | 堆肥化
2013年薪ストーブシーズン Wood stove season in 2013
 昨日から急に気温が下がったので、昨年より2日早く11月12日から薪ストーブを焚き始めた。

Because temperature dropped suddenly from yesterday, It was begun with the wood stove to burn firewood from November 12th, two days earlier than last year.
e0020945_13564143.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-12 14:16 | 薪ストーブ
クリーンキャンペーン in 江井ヶ島谷池 Cleaning in Eigashima Irrigation Pond
 11月9日(土)江井ヶ島谷池でクリーンキャンペーンが行われ、学生12名が参加した。地域企業、自治会にも呼びかけ、参加者も増えた。

Clean campaign was performed in Eigashima Irrigation Pond on Sat., November 9th , and 12 students participated. The local companies and residents were also called to and participants increased in number.
e0020945_10171178.jpg

江井ヶ島皿池北、皿池南、谷池の3つの池を3年サイクルで順番に池干しをしている。今年は、谷池を干す年になっている。池の底のゴミを拾っていく。

In winter season, Eigashima North Dish Pond, Eigashima South Dish Pond, and Valley Pond are dried in a three-year cycle. Eigashima Valley Pond is dried this year. The garbage at bottom of the pond is gathered.
e0020945_10185896.jpg

自転車や消火器など様々なゴミが捨てられている。

Various garbage such as bicycles and fire extinguishers were dumped.
e0020945_10252221.jpg

本日の収穫物。

Harvest of today.
e0020945_1026661.jpg

清掃の後は、何時ものように焼き芋とお茶を頂いた。

After cleaning, the students received baked sweet potato and tea.
e0020945_1020020.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-10 21:52 | ため池
堆肥の温度 The temperature of compost
 高専祭の生ごみとバガス食器の堆肥化を開始して3日目で適温の60℃〜65℃になっている。低すぎても高すぎても分解速度が落ち、高すぎると臭いも発生する。温度は、混ぜる原料の成分、通気量(空隙とパイプ)、堆肥の体積で調整する。堆肥の原料によって調整が必要なので、経験が必要だ。

The temperature of compost has reached 60 ℃ - 65 ℃ of an optimum in 3 days after kitchen garbage and bagasse tableware of College festival composted.
Even if too low, even if too high, decomposition rate falls, and if too high, smell will also occur.

Temperature is adjusted by ingredient of materials to mix, draft quantity (cavity and pipe), and volume of compost. Since it changes with materials of compost, experience is required.
e0020945_16475370.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-08 17:50 | 堆肥化
第2回アカミミガメ捕獲作戦 2nd Turtle capture
 3月10日のカイボリ、8月20日の第1回ミシシッピーアカミミガメ捕獲作戦でも個体数がまだ多いため、11月6日高専祭の代休日に学生9名が参加し、第2回ミシシッピーアカミミガメ捕獲作戦を行った。
 前日に東播磨県民局の方がトラップを仕掛けてくれていたので、現地到着後にトラップを引き上げる。

Since Kaibori on 10th March and 1st Trachemys scripta capture on 20th August also still three are many numbers of Trachemys scripta , nine students participated in the makeup holiday day of College festival on November 6, and it held the 2nd Trachemys scripta capture.
The students pull up the traps which are sat up by officer of East Harima Resident office on the previous day.
e0020945_916539.jpg

 春先と秋口が一番良く取れるそうだが、少し気温も下がっていたので、どれだけ取れるか心配していたが、大漁でした。

It is said that beginning of spring and beginning of autumn are best season for capturing Trachemys scripta.
Since temperature has also fallen for a while, I was worried to cannot catch Trachemys scripta before sow the traps, but it was a big haul.
e0020945_9175654.jpg

 和亀保護の会の西堀さんから、ミシシッピーアカミミガメとクサガメの雌雄の見分け方のレクチャーを受ける。

Students learned how to recognize the sex of Trachemys scripta and Chinemys reevesii from Ms. Nishihori of Conservation Japnese Tortoise.
e0020945_919430.jpg

ミシシッピーアカミミガメとクサガメに分類したあと、直線甲長、体重、雌雄を記録していく。

After classifying into Trachemys scripta and Chinemys reevesii, shell length, weight, and sex are recorded.
e0020945_9173585.jpg

クサガメは測定済みかが解るように甲羅に小さな穴を開けて池に戻す。クサガメも江戸時代末期に大陸から持ち込まれた生物と言われているが、アカミミガメほど繁殖していないため駆除対象とはしていない。ただ、石亀の生息地では交雑問題がある。

Chinemys reevesii is maked a small hole in shell and returns to the pond so that it may recognized to be measured.
Although Chinemys reevesii was carried from Asia Continent in Edo period, since it has not bred like Trachemys scripta, it has not been considered as extermination.
e0020945_9171494.jpg

 亀は卵の産み付けられた地温で雌雄が決まる。今回捕獲したアカミミガメの9割がメス、クサガメは9割がオスだった。メスが多いアカミミガメが圧倒的に繁殖に有利に思う。クサガメの生き残り戦略は「増えすぎない」なのだろうか?
 水中で冬眠中、水に解けた酸素を咽頭粘膜・総排泄口粘膜から直接取り入れることができ、水陸両方で生きることが出来る上に、30年以上長生きできる。亀ってすごいと改めて感心した。

It is possible to be able to have taken directly from the pharyngeal mucosa, total excretion mouth mucosa oxygen hibernating in water, was dissolved in water, to live in the land and water both. It can live longer than 30 years. It is impressive and amazing for me.
# by ecoism-toshi | 2013-11-07 13:13 | ため池
バガスの堆肥化  Composting bagasse tableware
 明石高専の学園祭模擬店の食器はサトウキビの絞り粕を原料としたバガス食器に統一されている。ちょっと大げさかもしれないが「地球の未来を考えた高専祭へ・・・」いいねですね。

The tableware is unified into bagasse tableware which made with marc of sugarcane at Akashi National College of Technical School Festival.
“To Akashi National College of Technical School Festival which considered the future of earth” It may be slightly exaggerated, but it is cool, isn’t it.
e0020945_16192614.jpg

 発泡ポリスチレン容器と比べると値段は2倍するが、ゴミの廃棄費用(コンテナ1杯数万円)を考えるとバガス食器を使って堆肥化する方が経済的にも安くなる。
 高専祭の翌日、高専祭実行委員会のメンバーでバガス食器と生ごみの堆肥化作業を行った。エアレーション用のパイプを敷いた後、バガス食器を敷き詰める。この上に発熱を促すため、糠を振りかける。

Although the price is doubled compared with form polystyrene tableware, if the decommissioning cost of garbage is added, using bagasse tableware will become economically cheap.
The composting work of bagasse tableware and kitchen garbage was composted with the member of the festival executive committee on the next day following the festival.
It covers with bagasse tableware on the pipe for air rations and rice bran is sprinkled in order to urge generation of heat.
e0020945_16204554.jpg

その上から戻し堆肥を振りかける作業を繰り返しながら積み込んで行く。

Bagasse tableware is loaded repeating the work which sprinkles compost.
e0020945_16231791.jpg

3層目と4層目には生ごみを入れた。パイナップルだけなら良い匂いだが、青のりのニオイが混ざると微妙です。生ごみは発熱量が多いので糠は要らない。

The kitchen garbage was put into 4th layer and 3rd layer.
If it is only a pineapple, it is a good smell, but it is complicate if the smell of seaweed is mixed. Since the kitchen garbage has much calorific value, rice bran is not needed.
e0020945_16245561.jpg

最後に堆肥を上に被せて作業は終了した。高専祭実行委員会のみなさんお疲れ様でした。


Finally the compost was put upwards and work was ended. Thank you for everything festival executive committee had done.
e0020945_16263982.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-11-04 16:33 | 堆肥化
煙突掃除 Chimney sweeping
 台風27号が去った後、急に気温が下がり秋めいてきた。昨日と今日、今年で7度目の薪ストーブシーズンに備え、煙突掃除を行った。温暖な明石でも、毎年11月下旬には薪ストーブを焚き始める。
 そろそろ、薪割りシーズンでもあるのだが、今年はまだ、薪の原料を入荷していない。明石近辺で街路樹などの伐採木があれば、教えていただきたい。薪のストックは2年分あるが、薪割りトレーニングをしないと腕が鈍ってしまう。

After the typhoon No. 27 went away, temperature has fallen and it has become autumn like. The chimney swept for the 7th wood stove season yesterday and today. It is begun to burn a wood stove even in warm area Akashi late November every year.
Soon, although it is also a wood-chopping season, the materials of firewood have not been arrived yet this year.
If there were felling trees, such as roadside trees, in near Akashi, I would like you to know. While there are firewood stock for two years, my arm will become blunt if I don`t chop woods.
e0020945_17295767.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-31 18:25 | 薪ストーブ
松葉&アオサ堆肥 Pine needle & Sea lettuce compost
 2年前からアオサの堆肥化方法を研究している。堆肥とアオサの積層構造と通気パイプの挿入により一度に数トンの堆肥化が行える方法を開発した。次の課題としてアオサが打ち上げられる海岸に多い黒松の落葉を堆肥の材料として使えないか模索している。昨年の実験で松葉のアレロパシー効果で発芽抑制があることは解っていたが、どれほど持続するのか知るために、分解の進んだ細かい堆肥を使って栽培実験を行ってもらった。蒔いた種は、水菜、小松菜、春菊の3種類、写真の左3列は松葉&アオサ堆肥、右3列が雑草堆肥となっている。同時に蒔いたが、明らかに左3列の発芽が遅れ、発芽数も少ない。発芽してしまえば、よく育つことは昨年実験でも解っているが、松葉を堆肥にするなら説明書が要りそうだ。


The composting method of sea lettuce has been studied from two years before.
We developed how the laminated structure of sea lettuce and return compost, and insertion of pipes with holes can compost at once.
As a next subject, many pine needles on the seashore where sea lettuce is launched can be used for the material of compost, it is inquiring.
Although it turned out that inhibiting germination occurs by the allelopathy effect of pine needle by the experiment last year, in order to know whether it will continue however, the cultivation experiment was conducted using the fine compost which decomposition followed.
Three kinds, Mizuna, Chinese cabbage, and Crown daisy, were planted. The left 3 row are pine needle & sea lettuce compost and the right 3 row are weeds compost of under photograph. Although planted simultaneously, the sprout of left 3 row is clearly overdue, and there are few sprouts.
If it buds, it turns out in the experiment that it grows up well last year, but a description is needed if pine needles are used for compost.
e0020945_921880.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-26 09:44 | 堆肥化
エコロジカル農園の畝たて The trough of Ecological framing
 早く冬野菜の種を蒔かねばと思いながら、夏野菜の残渣処理が遅れ、畑の準備が遅れていた。明石の夏は雨が少ないので夏野菜は不耕起畝無しで上手く栽培できた。しかし、冬野菜を昨年の冬に不耕起畝なしで作ったが、土の含水率が上がりすぎて腐ってしまう野菜が出てきたので、今年は畝を立てた。堆肥を毎年追加しており、有機物が土の中に多いので、肥沃な土壌に出るオオシロカラカサタケの菌で土が白くなっている部分がある。

Time has passed while residue summer vegetables were delayed, I had to prepare the field, and sow the seeds of winter vegetables earlier. Summer vegetables could be grown well at nontillage no-trough field with less rain in the summer of Akashi. However, although winter vegetables were made at nontillage no-trough field in the winter of last year, since the vegetables which the moisture content of the ground increases too much and rot came out, the troughs were made this year.
The compost is added every year, so there are much organic matters in the ground, the part of soil is white with the bacillus of mushroom “Chlorophyllum molybdites” which appears in rich soil.

e0020945_13235577.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-24 17:28 | 菜園
四国仁淀川水系 Rock Climbing in Niyodo River
 Mr.Oから一泊2日の四国クライミングツアーに誘ってもらったので、即答でOKした。研究室でパソコンばかり見てると、たまには自然の中で遊ばないと動物としてダメになってしまう。
 メンバーはモチベーションの高い40歳後半組のMr.Oとよこちゃんと30代オカカマン、現地でコバーン親子に合流。私は岩登り半分、自然の中でのお昼寝が半分楽しみで参加させてもらった。初日は面河川でスラブ課題とマントル課題にトライするが、スラブは全員登れず、マントル課題を登れてのはコバーンだけ。コバーンは以前にもましてパワーが付いていた。

I was invited to Shikoku climbing tour which one night, two days from Mr.O. It consented by the prompt answer. If I use only computers at the laboratory and not play in nature every day, I will become a useless animal.
As for the members, Koban, his son, Mr.O, Yokochan and Okakaman joined at Omogo River. I was looking forward to the nap and bouldering in beautiful nature.
We had tried the slab problem and the mantle problem of White Dolphin Rock, all members cannot climb, but the mantle problem can be climbed by Koban who is upgraded.

e0020945_1036373.jpg

面河川は水が澄んでいて綺麗だ。

The river water is clear and it is beautiful.
e0020945_10423316.jpg

仁淀川本流のエリアに移動して、1級か初段のかぶり課題に私以外は取り付く。オカカマン、一人が完登。私はお昼寝を決め込む。

We moved to Niyodo River and tried the overhang problem except me. Only Okakaman was succeed. I presumed a nap.
e0020945_10385929.jpg

中津渓谷の「ゆの森温泉」でお風呂と食事を済ませ、キャンプ場に移動する。キャンプ場は山の中で気温が低く寒いので、Mr.Oが持ってきたBio Liteで暖を取る。Bio Liteを初めて使ったが、温度が上がれば煙が出ないので人が近寄れ調理や暖房に使える。ファンの電源はサーモモジュール(ペルチェ素子)で自己発電し、火力もあるので、小枝さえあれば調理に使える。USBコネクターから充電もでき防災用品として持って来いだ。

We took the bath and dinner at Yunomori Hot Spring of Nakatsu Ravine, and moved to a campsite.
Since temperature was low in the mountain, It got warm by Bio Lite which Mr.O brought.
Since smoke will not come out if oven temperature goes up, people can approach and it can use for cooking or heating. The heat from the fire generates electricity via a thermoelectric generator to power a fan creating airflow for improved combustion. Surplus electricity is sent to the USB port for charging devices.
e0020945_10414742.jpg

二日目は塗仏のあるエリアに行く。私は4級を登ったあと、テクでなんとかなりそうな1級にトライするが敗退。再び、お昼寝タイムに突入。

We went to area with Nuribotoke Problem on second day. After I succeed 4th class problem, although I tried the 1st class problem that is likely to climb somehow by technic not power. I was defeated and got a nap.
e0020945_10442872.jpg

この川も綺麗だった。仁淀川水系は、クライマーにとっては岩資源がまだまだ眠っている。

This river was also beautiful. For climber, rock resources lie unexploited still more in Niyodo River.
e0020945_10394378.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-14 11:01 | クライミング
スリランカカレー  Sri Lanka Curry
 9月に2週間スリランカで毎日カレーを食べて過ごした。基本的に選択肢はカレー味以外にない。美味しいのだが、めちゃ辛いし、量も多いので1週間ほどすると胃がギブアプしてきた。後半1週間は、お昼はカレーで、夜はバナナを食べて過ごしていた。手で直接混ぜて食べるので、右手の指先が何時もカレーのニオイがした。スリランカから帰って当分カレーは食べたくないと思ったが、1月経過してカレーが食べたくなってきた。「喉元過ぎれば辛さ(熱さ)を忘れる」か。

I had eaten Curry in two weeks every day in Sri Lanka, September. There is no choice other than to curry taste. Although it is delicious, since it is taste hot and much quantity, after week is taken, my stomach had given up. After one week, I ate curry at lunch and ate a banana at supper. Since it mixed directly by hand and ate, there was always the smell of curry in the right fingertip.
 Even if I did not want to eat curry for the time returned from Sri Lanka, I would like to eat curry after passed one month.
Is it "Vows made in storms are forgotten in calms."?
e0020945_10492716.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-11 19:35 | 旅の記憶
2ヶ月放置雑草 the weeds neglected for two months
 毎年6月に学内の雑草を刈って、前期末試験前には堆肥化を始めていたが、今年は草刈りの時期が7月末に遅れ、刈った草を夏休みの間放置していた。2月間放置した雑草は分解も若干進み、栄養分が抜けているため、刈って1週間後に集めた雑草と比べて発熱量が少ないようだ。

Although the weeds had been mowed in June every year and composted before the examination in the end of the first term, the weeds which of mowing in the end of July was neglected during the summer vacation this year.
It seems that there is little calorific value compared with the weeds collected one week after cutting since decomposition also progressed a little and nutritive substance has escaped from the weeds neglected for two months.
e0020945_1546815.jpg

 何時もなら、これだけの量を積み込めば、軽く60℃を超えるのだが、温度上昇が40℃で止まっている。

If a quantity like this weeds is piled up, it will exceed 60 ℃ easily, but the temperature has stopped at 40 ℃.
e0020945_1665482.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-11 16:32 | 堆肥化
高砂海浜公園をゆる〜く語る会 1th meeting which talked about Takasago Seaside Park liberally
 10月1日にNPO法人市民シーズの呼びかけで第1回の「高砂海浜公園をゆる〜く語る会」が開かれた。2年前から高砂海浜公園でのアオサの堆肥化で関っており、今年からは明石高専の「地域貢献、教育、研究の融合プロジェクト」も始まっているので、学生4名を連れて参加してきた。
 ため池関係のワークショップだと参加者は基本的にお年寄りばかりだが、この会には私より若い方が多く参加されており、参加者は20名を超えていた。参加者は、高砂市で何らかの社会活動をされている方々で、活発に発言をされていた。私が知らなかっただけかもしれないが、高砂市の市民参加レベルの高さに驚いた。学生にも良い刺激になったと思う。 
 今後の予定としては11月16日には高砂海浜公園で2回目のアオサの回収と堆肥化を行なう。前回8月17日に堆肥化した約1.5トンのアオサは堆肥化が完了しており、これを戻し堆肥に使い回収したアオサを全て堆肥化する。

“1th meeting which talked about Takasago Seaside Park liberally" was held in the appeal of NPO Citizen Seeds on October 1th.
Since it is concerned by composting of sea lettuce in Takasago Seaside Park from two years before and "The fusion project of local contribution, education and research" of the Akashi National College of Technical has started this year, it has participated with four students.
Many participants are younger than me in this meeting, in contrast with old persons in case of irrigation ponds meeting, and the participants were over 20 persons.
They had spoken actively, who have participated social activity in Takasago City.
Although I did not know, I was surprised at the height of the citizen participation level of Takasago. I think that it had influence good for the students.
As a future schedule, correcting and 2nd composting of sea lettuce are performed in the Takasago Seaside Park on November 16.
The compost was making with 1.5 tons of sea lettuce composted last time on August 17 that will be reused to make compost again.
e0020945_10123295.jpg
e0020945_10124868.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-06 10:40 | 教師の仕事
地域材を使った椅子 Hand made Chairs with local wood
 この夏、明石高専、神戸高専合同の被災地での防災リーダー研修で学生に部品を作ってもらった椅子が気仙沼市本吉町小泉八幡神社のお祭りで使われた。これから、何年も使ってもらえるだろう。
 学生諸君には1,000本以上ある部材の切断、穴あけ、サンダー掛けをやってもらった。表舞台には出てこないそんな地味な作業に支えられて、世の中が動いています。

  The chairs assembled the parts which Akashi National College of Technology and Kobe City College of Technology students made at disaster prevention leader training in Kesennuma this summer. These were used to the festival of Kesennuma Motoyoshi-cho Koizumi Hachiman shrine. These will be used for many years after this.
Students had been cutting, drilling holes, and sanderling credit of the component which exists 1,000 or more. It supports to such simple work which does not come out in a front stage, and the world is moving by these kinds of jobs.

e0020945_9435074.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-02 12:16 | 被災地・国際支援
朝活再開 Activity before Lecture
 明石高専の後期授業が今日から始まった。同時に朝活が再開され、内定式に出席している1名を除いてゼミ生メンバー10名が参加してくれた。
 夏休みの間に、堆肥化は進み、雑草は刈られ、朝の仕事が溜まっている。今日は、学生寮から搬入された雑草の積み込み作業と出来上がったアオサ堆肥の移動を行った。

The 2nd term of the Akashi National College of Technical started today. Morning activity was simultaneously resumed from today and ten seminar students participated except for one student who is attending the ceremony of getting job.
Composting progressed during the summer vacation, weeds were cut, and morning work has accumulated.
The weeds carried from the dormitory garden and sea lettuce compost were moved today.


e0020945_925362.jpg
e0020945_9253178.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-10-01 12:50 | 堆肥化
稲刈 Rice harvesting at terrace paddy
実家の和歌山に子供たちを連れて稲刈りに行ってきた。 稲を掛ける前のハゼで鉄棒遊び、私も子供の頃にこれをやって遊んだ。

I had gone back to the parents' home in Wakayama prefecture with my sons for rice reaping. My sons like to play iron bar play the bar before hanged rice. I also did play this in my childhood.
e0020945_8234725.jpg

稲刈機のタイヤがパンクしていたため、手で刈ることにする。棚田1枚半を老母と長男、次男、私の4人で手分けして作業をする。長男と私は3株✖3=9株を1束にしてノコギリ鎌で刈っていく。

Since a tire of rice reaping machine blew out, we had to cut by hand. The works are divided by old mother, eldest son, second son, and me, to harvest rice on one and half terrace paddy field.
Eldest son and I had cut 3 rice tocks, 3times by a sickle and bundled.
e0020945_8272116.jpg

母が束ね、束ねた稲束を次男がハゼ掛けする場所に運んで行く。

Second son carried the bundles of rice to the place of bar hanging rice.
e0020945_8214468.jpg

稲刈りは、同じ動作を繰り返す。一人でやると飽きてくるが、共同作業を4人でやると4倍速プラス楽しい。

Rice harvesting repeats the same operation. It will get bored, if it is done alone, but work is done by four persons, 4tims speed and pleasant.
e0020945_828268.jpg

天日干したお米は美味しい。

The rice dried in sunlight is delicious.
e0020945_8205695.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-09-28 19:49 | 父親・夫として
シカクマメ
 今年、初めてシカクマメを栽培してみた。スリランカに行っている2週間の間に鈴なりになっていた。しかし、豆にしては不思議な形状をしている。スターフルーツの断面が5角だが、シカクマメは名前の通り4角になっている。
 3次元でみると不思議な形状だが、2次元でみると葉っぱに見える。私の勝手な想像だが、この豆は動物に食べられないように葉っぱに擬態しているのだろうか。

The winged bean was grown for the first time this year. After two weeks which had gone to Sri Lanka, many beans are carried out.
Although the sections of a star fruit are five angles, the winged bean is four angles as the name. When it sees by three dimensions, it is strange form, but when it sees by two dimensions, it is visible to a leaf. It is my imagination; the beans mimic the leaves so that they are hiding from animal to eat.
e0020945_17572940.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-09-27 18:07 | 菜園
芋&亀堀り
 妻が明石市寺山池に隣接する畑で子供たちと芋掘りをしていて、ミシシッピーアカミミガメの子ガメ9匹を掘り当ててきた。卵の殻もあったそうなので、最近生まれたものだろう。ため池で駆除してもこの勢いで繁殖されると、駆除を長期間続けないと効果は出てこない。
 ミシシッピーアカミミガメは日本生態学会により日本の侵略的外来種ワースト100に指定されている。子ガメは可愛いし、罪は無いが逃がすわけにもいかない。厄介ですね。

  My wife found nine babies of Trachemys scripta, when she had dug sweet-potato with children in the field nearby Terayama irrigation pond. There were also husks of eggs, since there would be born recently.
  It breeds with this vigor, we have exterminated in irrigation ponds, unless it continues extermination for a long period of time, an effect will not come out.
  Trachemys scripta is specified as invasive alien species worst 100 of Japan by the Ecological Society of Japan. These are cannot released, although these are lovely and guiltless. It is troublesome.
e0020945_17544775.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-09-26 19:39 | 生物
講演会 Lecture
 スリランカに行っていた間に溜まっていた仕事を片付けつつ、午前中は会議、午後は明石高専技術講演会“生物系有機物(生ごみ、落葉、雑草、海藻など)の堆肥化方法 - 無電力、無攪拌で微生物を活性化させるには ― ”が、明石市立産業交流センターであり、90分間お話をしてきた。
 企業向けの講演会でこの内容で聞きに来る人がいるのか?と思ったが、以外に専門的な質問をされる方がおられた。この分野でもビジネスが動き始めているようだ。

 I had finished off the work which had accumulated while had been in Sri Lanka, and had a meeting in the morning.
 In the afternoon, I gave a technical lecture of Akashi National College of Technology which is “Composting method of Organic Matters (kitchen garbage, fallen leaves, weeds, seaweed, etc.) at Akashi Municipal Industrial Exchange Center.
 I wondered which companies are interesting to hear this content, however some people made technical questions. Business has begun also by this field.
# by ecoism-toshi | 2013-09-25 18:16 | 教師の仕事
私は怪しいのでしょうか? I wonder what so suspicious?
 日本に帰国するためColombo空港で航空会社に荷物を預ける前に、係員に私だけ止められ、スリランカに来た目的、所持品など、しつこく質問してきた。
 ちょっとムカっと来て、スリランカでの経験から権威に弱いことを思い出し、「俺は教授だ」と言って名刺を見せると直ぐに通れた。まあ、先生に見られたこと無いし、ガタイの良い怪しいオッサンに見られたのだろうが、俺ってそんなに怪しいのだろうか?

Before I left my luggage with the airline at Colombo airport to return to Japan, I had stopped by an officer and had been persistent questions, the purpose of coming to SriLanka, how much currency do you have?, such as personal belongings. I remembered that Srilankan are a little weak to the authority of my experience in Sri Lanka, and I showed a business card and said, "I'm a professor" I said. It was effective.
I've never seen a teacher, and it might have seen an old athlete, but I wonder what so suspicious?
# by ecoism-toshi | 2013-09-24 19:24 | 旅の記憶
ゴミ対策 Solid Waste Management
 昨日午前中は、日本に研修に行って帰ってきたばかりのColombo市役所のゴミ担当部局のトップに会って、今後のゴミ対策について話をする。ゴミ対策が必要だと思っているが、市独自では予算もマンパワーも無いと言うのが本音のようだ。3R(reduce, reuse, recycle)を実施するモデル地区を選定することはできるが、市が音頭をとって実践に移すのは難しいようだ。

In the morning yesterday, we had discussed about waste management with the director of Solid Waste Management in Colombo Municipal Council, who just came back from Japan. It seems to be she thought the need for something to do, but the real intention to say budget and manpower as well as non-proprietary. It is possible to select a model district to carry out 3R (reduce, reuse, recycle), but it is difficult to be proactive by Municipal Council.

e0020945_23274358.jpg

 午後は、もう少し値段の安いコンポスターを作ってみた。オイルの入っていたリサイクルバケツ20ℓを廃品容器屋で225ルピーで購入した。このバケツの底に通気用の穴を空け、断熱シートを3重に巻いて、穴を空けて蓋を被せて出来上がり。総予算500ルピー(375円)なり。
 昨日生ごみを入れたコンポスターの中心部温度は43℃まで上昇していた。ゴミを約1kgしか入れていないので、2㎏~3㎏入れると十分温度が上がるだろう。

In the afternoon, I made out a composter cheaper more than the last model. 20 ℓ recycling bucket was purchased at Rs.225 at a waste container shop. I drilled holes for ventilation on the bottom of the bucket, and wrapped a triple insulation sheet, and covered by lid with holes. Total budget is Rs.500 (375 yen).
Core temperature of the composter was increased to 43 ℃, which is putted 1kg kitchen garbage yesterday. The temperature will go up 60 ℃ to put 2kg - 3 kg .

e0020945_2321169.jpg

 コミュニティで50kg程度の生ごみを毎日堆肥化するのも場所によっては有効だろう。スリランカは気温が高いので、重力換気による酸素供給に注意する必要がある。
 スリランカでは多くの廃品が商品になっている。人件費も安いので、日本よりリサイクルした廃品の行先は多いだろう。 あとは、分別収集して残ってくる可燃ごみのエネルギー利用ができるセメント工場や火力発電所を探す必要がある。

It would be effective to compost daily garbage of about 50kg in the community depending on the location. Temperature is high in Sri Lanka, so it is necessary to pay attention to the oxygen supply by gravity ventilation.
Waste is recycled easier than Japan, because many recycle goods are sold and labor costs is cheap. After, there is a need to look for thermal power plants and cement factories that can be energy use of combustible waste coming left to the separate.
# by ecoism-toshi | 2013-09-23 20:14
Kaduwela市のゴミ処理 Garbage separation site of Kaduwela
 最終日、国際連合人間居住計画のスリランカ事務所の方と一緒にKaduwela市ゴミの分別サイトの調査に行く。この市は ダンピングサイトの使用が裁判で禁止され、2年前からこの取組を始めた。
 市の人口は25万人、11万世帯の約80%からゴミを収集しており、20%は郊外の農家のため独自に処理しているそうだ。ゴミは毎日収集され、収集量は82〜85トン/日、約60%が生物系有機物(生ごみ)で約50トン、このサイトでの堆肥化能力は1日20トンなので、残りの約30トンはKolonnawaのダンプサイト横の堆肥化施設にRs.500/tで引き取ってもらっているそうだ。ゴミ処理予算は総額Rs.5,000,000/月だそうだ。

 ゴミの分別は2種類だけ、生ごみとそれ以外(ペットボトル、その他のプラスチック、缶、ビン、布、燃えないゴミ、その他)。トラックの荷台に仕切りを作って、分別している。
e0020945_15344245.jpg

Last day, we surveyed the garbage separation site of Kaduwela with a person of Sri Lanka office of United Nations Human Settlements Programme. Used Dumping site is prohibited by court, this city started this initiative two years ago.
The city has been collecting garbage from about 80% of the 110 000 households, population is 250,000, 20% former household have handle by themself on the outskirts. Garbage is collected daily, 82-85 tons / day, about 60%, 50 tons biological organic waste (garbage), composting capacity is 20 tons a day in this site. Because it, 30 tons garbage have taken to composting site of Kolonnawa at Rs.500 / t. Total disposal budget is said that Rs.5,000,000 / month.

ダンプされた生ごみは一輪車でコンポストサイトに運ばれ、幅2m 高さ1m積み上げられる。戻し堆肥を混ぜていないので、含水率が80%はあるだろう。これでは、堆肥化速度が遅い。

Only two types separation are garbage and other (plastic bottles, cans, plastic, paper, cloth, not burn items, etc.) are collected by one truck has a partition on the back.
e0020945_15363467.jpg


1週間ごとに6回切り返して1月半堆肥化したあと、回転式篩にかけて細かい堆肥(商品)と粗い堆肥と混入ゴミに分別される。

The compost is remixed 6 times at every week in month and half, it is separated into mixed waste compost and fine compost over the rotary sieve.
e0020945_15411063.jpg

粗い堆肥と混入ゴミは放置されていた。堆肥以外のゴミを人力で選り分け、粗い堆肥を生ごみに混ぜれば、水分調整と通気が改善され堆肥化速度が上がり、捨てるゴミも随分減るが、ひと手間かけることが出来ていない。

Mixed waste and coarse compost had been dumped out of the site. If the coarse compost is mixed to garbage, composting speed are increased, through ventilation and moisture are improved.
e0020945_15354394.jpg

生ごみ以外のゴミは人力で分別されてるが、Kolonnawaのダンプサイトでゴミ拾いで生計を立てていた人と違い、雇われているので、やる気が無い。ほとんどがKolonnawaのダンプサイトに送られる。

Worker are employed, there is no motivation, unlike people who had made living by scavenging in the dump site of Kolonnawa, Most waste are sent to the dump site of Kolonnawa.
e0020945_15422690.jpg

堆肥化費用はRs.500,000、コンポストの売り上げはRs.25,000で堆肥の売れ行きは良くない。スリランカでは有機栽培の普及率が低いようだ。最初はゴミ処理と割り切って、農家に堆肥を配り、堆肥の良さを知ってもらうと共に有機農産物としてブランド化し付加価値をつける必要があるだろう。

Total amount of compost sale at Rs.25.000 / month, in comparison Rs.500, 000, of composting costs. Recognition of organic farming seems to be low in Sri Lanka. Will need to add value as organic produce as refuse disposal, and distribute the compost free to farmers, as well as get to know the usefulness of compost.
# by ecoism-toshi | 2013-09-22 22:46 | 被災地・国際支援
アグロフォーレスト(Agro-forest)
 Bowlanaの荒廃茶畑をアグロフォーレストにする計画を進めている。住民の居住域に近く、家畜の餌、燃料、果物などの生産も可能な里山的利用を目指している。
 現状は、ススキに似たレモングラスが生えているだけの土地を以下のステップでアグロフォーレストと牧草地のバァフーゾーンに換えていく。
1.グリシィデアを等高線上に千鳥配置に植え、その間に牧草植える。グリシィデアは鉄の棒で20㎝の穴を掘って、枝を差し込むだけで植林することができる。、グリシィデアはマメ科の植物で窒素固定ができるので荒れ地でも育つ。この状態で1年~2年経てば、家畜の餌場として使える。放牧はしない。

2.2年から3年すればグリシィデアがシェイドになり、土壌に有機物層が生まれてくるので、ネイティブツリーと有用樹木を山の上半分に植林する。下部は家畜の餌場として残す。植える植物のリストを現地スタッフに作ってもらいいている。上部に森を作ることで下部への、栄養分の補給と保水能力の向上を目指す。

3.土地の周囲はグリシィデアのライブフェンスと棘のあるパイナップルの原種で野性動物の侵入を抑制する。山火事が多いので周辺部に水分を多く含む麻を植えて防火対策も行う。
予定地の中央に小さな谷があるので、その周辺の植生は変える。

受益者となる住民の手で植林してもらう予定だが、日本からの観光&ボランティアツアーを企画しても面白いだろう。スリランカの山間部では至る所に元茶畑の荒廃地があり、放置されている。この取組が上手く行けば、今後の荒廃地対策のモデルになるだろう。
e0020945_115939100.jpg
e0020945_1232826.jpg

We are planning that a devastation tea plantation land to agro-forest in Bowlana. Now, lemongrass similar to Japanese silver grass is only growing on the land. We are aiming for utilization the production of pasture, wood fuel, and fruit for residents, like “Satoyama” system. The agro-forest is consists of three parts: live face, buffer zone of pasture and forest, we plan the following steps:
1.Gliricidia sepium (:just say Gliricidia) is planted on the contour and planted C3 grass in the meantime. Gliricidia grow in wasteland since it is a kind of legume, fixed nitrogen which is possible to plant a branch just to insert the hole of 20 cm deep with a stick of iron. After 1 year or 2 year in this state, can be used as a feeding ground for livestock, it is not grazed.
2.Gliricidia will to become shade after three years from planting, organic layer is stacked on the top soil then we plant the useful trees and native trees on top of the mountain, we leave buffer zoon as a feeding ground on bottom of land. We aim to improve the water-holding capacity, and supply of nutrients and organic substance by creating by forest at the top.
3.Wild pineapple with thorns and live fence of Gliricidia are planted around the land to prevent the intrusion of wild animal. Also to be carried out wildfire, planting hemp containing a large amount of moisture.
There is a small valley in the middle of the land, it is will change the vegetation of the area.

It is scheduled to get planting by the hands of residents to be beneficiaries, but would be interesting even if tourists and volunteers planting from Japan. There are devastated lands of everywhere in the mountains of Sri Lanka. These efforts will hopefully, it will become a model of land recovery practice in the future.
# by ecoism-toshi | 2013-09-20 00:56 | 被災地・国際支援
サウ(ホットタピオカ)Sau:Hot sweet tapioca
 街角の屋台でサウ(ホットタピオカ 40ルピー)を売っていたので、飲んでみた。スリランカ人に作り方を聞くと、茹でたタピオカを温めたココナツミルクに入れ、砂糖、塩少々、カルダモン、レーズン、カシューナッツを入れると出来るそうだ。アーユベーダをしているスタッフに聞くと熱い飲物だが、体を冷やしてくれるそうだ。粘性が高いので対流が起きず冷めにくいので、飲み終わると汗をかく。
 お腹にたまるので、デザートというより、食事になりそうだ。

Sau(Hot tapioca Rs.40) was selling at food cart on the street corner in Pettah market. When you drink Sau, it is hard to cool down, because of convection not occur, viscosity is high. It builds up in the stomach, rather than a dessert. It will be a meal.
I asked a Sri Lankan Sau recipe, that boil tapioca is placed in coconut milk, then put sugar, a little bit salt, cardamom, raisins, cashew nuts. Guesthouse staff said who work with Ayurveda, “It is a hot drink, but it makes your body cooler.”
e0020945_14142464.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-09-19 22:44 | 旅の記憶
ラー(ヤシ酒)
 ココナッツプランテーションの近くを車で通った時に、ラー(ヤシ酒)を売っているお店を見つけた。一度、飲んでみたいと思っていたので、車を停めてもらい、ラー1杯50ルピーとおつまみの蒸かしたキャッサバ(20ルピー)注文した。
 早朝にココナッツジュースに砂糖と酵母菌を加えて自然発酵させたものだそうだ。飲んだのは午後だったので、発酵が進んでいてアルコール度も(たぶん6%程度)上がっていたが、酸化も始まっていて少し酸っぱかった。味はビールの苦味を抜いてヨーグルトとココナッツジュースを混ぜたような味がした。
 一緒に飲んでみた日本人は飲めないとギブアップしていた。

I found a shop that sells Raa(Palm wine) and asked to stop the car, when we drove through a coconut plantation. I had heard about Raa and my curiosity had been getting bigger. I ordered 1 cup of Raa (Rs 50) and steamed cassava (Rs 20) for snacks.
It was fermented by adding yeast and sugar in coconut juice early in the morning. When it was afternoon, alcohol concentration was also up to about 6% fermentation is progressing, but it was a little oxidation even begun. Taste like mixed with coconut juice, yogurt and beer removed the bitter taste.
My Japanese friend tried to drank it, but they could not drink. It is OK for me.
e0020945_13304148.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-09-19 14:00 | 旅の記憶
英語が口から出てこない
 現地で打ち合わせをしていて、スリランカ訛りの英語に少し慣れてきてヒヤリングは大丈夫だが、、単語が口から出てこない。日本でも英語を喋る機会を増やしておこうと思う。まずは、ブログで英作文から始めてみよう。

When I had taken a meeting in Colombo, it's all right to hearing and getting used to English accent of Srilankan, but the English word did not come out of my mouth. I think I'll keep increasing the opportunity to speak English in Japan.
 At first, let's start writting composition with English in this blog.
# by ecoism-toshi | 2013-09-19 05:37 | 被災地・国際支援
SEVANATHA
  Deltotaに行く予定だったが予定を変更して、SriLankaのローカルNGO SEVANATHAにMatale Townで行っている生ごみの堆肥化事業について情報収集に行く。この町を選んだ理由は過去のプロジェクトで関係があり、町が協力的であったことと、小さい町であることが理由だそうだ。
 4人のマネージーと8人のワーカーで10トン/日の生ごみを堆肥化している。堆肥は8~12ルピー/kgで販売しているが、今後は5エーカー農地へ還元し有機農産物生産も予定している。
 堆肥速度を上げるため、酸素供給を機械で行うか、検討しているとのことだったので、パッシブエアレーションの原理と効果的な方法を説明する。堆肥化方法については改善の余地が有りそうだ。
NGOの副代表と話したが、スリランカの大学の先生は上から目線で行動しないNATO(No Action Talking Only)と嘆いておられた。
e0020945_19434167.jpg

# by ecoism-toshi | 2013-09-18 22:37 | 被災地・国際支援
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧