カテゴリ:手堀り井戸( 45 )
粘土層
9mを越えたところで茶色の粘土が出てき始めた。明石市水道局からいただいた近くのボーリング柱状図がある。同じ地層なら、これから2mは硬い粘土層が続く。今の深さでは渇水時の水深は1m、貯水スペースにあと1mはほしいところだ。しかし、粘土層を突き破ると水がもれてしまう。どの深さで止めるか思案のしどころだ。
by ecoism-toshi | 2007-10-15 08:18 | 手堀り井戸
新井戸堀器
実習工場のTさんが新しい井戸堀器を作ってくれた。写真左が実習工場にあるエアーコンプレッサーで空気を送り、巻き上げた砂を掬い取る器具だ。私も少しは文明の力を使う。どうも、砂の層だと思っていたのは泥と砂が分離した結果のようだ。この装置に空気を約20秒流すと砂が巻上がり、補集器に砂が溜る。この砂を数回汲み上げると、泥が混じりはじめ写真右のベン付井戸堀器で効率良く掬えるようになる。逆に、右側の装置だと砂の入りが悪くなる。泥水と水での浮力の違いがよくわかる。伝統的な上総堀では、掘削時に孔壁を保護するために粘土水(ネバミズ)を入れるが、それ以外にも水の比重を上げ土砂を吸い上げるために役立っていたのだろう。
現在の井戸深さ9m。これからの難関は直径16.5cm井戸枠パイプと周囲の摩擦が大きくなるため、最後まで落とし込めるかだ。
e0020945_9323094.jpg

by ecoism-toshi | 2007-10-11 09:27 | 手堀り井戸
砂の層
8.5mできれいな砂の層が出てきた。水も澄み始め、いい感じと思いきや、堀り器に砂が入らない。砂に粘土が混ざっていると粘性が増し、泥水が浮力をだしてくれるため掘り器に土砂が良く入る。ところが、砂だけだと上がってこない。あと、2mをどうやて掘るか思案中。水質については、期待がふくらむ。
by ecoism-toshi | 2007-10-02 08:17 | 手堀り井戸
未知の領域へ
直径16.5cmパイプを沈めながら、掘り進んでいる。現在の深さは8.5m。よって写真の10mパイプは地上に1.5m出ている。以前、8.3mまで、試し掘りをしているので、ここまでの地層は解かっていた。これから、再び未知領域になる。9月25日現在、井戸の底からの水深は50cm。汲み上げた水は冷た〜い。渇水時期は地上から8mの位置に水位がある。あと約3m掘り進み貯水スペースを作ったあと、据え付け台を作り、手押ポンプを設置する。
e0020945_13213594.jpg

by ecoism-toshi | 2007-09-25 08:03 | 手堀り井戸
井戸の水位
長らく休止していた井戸堀を再開したようだ。御ぜん立てはしたので、あとは彼らの動きを少し見守ろうと静観していた。ここのところ、明石は雨がほとんど降っていないため渇水状態。井戸の水位も下がって、6.5mで水が湧き出していたが、今はまったく水がない。土が渇いている間に、以前使っていた道具で掘り進む作戦だ。
e0020945_10162212.jpg

by ecoism-toshi | 2007-09-11 08:16 | 手堀り井戸
井戸掘り器
水の中を掘り進む井戸堀り器が完成した。吸い込んだ泥水と土砂を止める弁に苦心した。最初は、先達者の考案された器具を参考に円形プラスチック弁で作ってみたがすぐに擦り切れてしまった。今回は実習工場にお願いして、半円金属板2枚が開け閉め出来る機構で作ってもらった。ちょっと操作にコツがいるが、我ながら良くできている。また、下向きの軸力を伝えるため直径27mmのポリエチレンパイプを使用した。現在6.5mの位置で水と土砂を同時に汲み上げているが、湧き出る水量は多く、水が渇れることはない。
e0020945_15463978.jpg

by ecoism-toshi | 2007-07-25 19:46 | 手堀り井戸
手押ポンプ
明石西ライオンズクラブに寄贈をお願いしていた手押ポンプが届いた。汲み上げ深さが8mを越える可能性があるので、15mまでの深井戸に対応できる手押ポンプだ。

実習工場にお願いしていた水の中を掘り進む新しい器具も完成し、明日から残り4mを掘り進む予定だ。何とか夏の間に、ポンプを据え付け冷たい水を汲み上げたい。
by ecoism-toshi | 2007-07-24 07:53 | 手堀り井戸
現在の水位
5月18日のブログに書いているように8.3mで水が出たあと、もう一度穴径を170mmまで大きする作業を行っていた。すると、今度は、井戸の深さが6.5mで水が出てきた。8.3mまで掘り進んでから、パイプを入れる予定だあったが側壁が崩れないようにパイプを入れた。梅雨に入り水位が上がっているのか、水を汲み上げても一時間ほどすると井戸の底から30cmまで水が湧き出てくる。水の中を掘り進むのは、これまでの道具では無理なようだ。新しい道具を考えなければ。
e0020945_15241284.jpg

by ecoism-toshi | 2007-07-08 15:24 | 手堀り井戸
雨にも負けず
4年生のH君が毎朝8時から8時45分まで井戸掘りをしている。今日で12日目になる。何故か、私のゼミに入りたいと言ってきたが、根気がなさそうで落ち着きの無い彼に課題を与えた。一月間、雨の日も風の日も一日も休まず井戸掘りにくる。野球部である彼の先輩、後輩の評判は「三日坊主でしょう」「まあ、1週間ですね」とあまり芳しくない。周囲の予想に反して、昨日で三週間目に突入した。もしかするともしかするかも。
by ecoism-toshi | 2007-07-03 07:54 | 手堀り井戸
ついに出た
学生諸君の奮闘の甲斐あり、8.3mの位置でついに帯水層に到達した。近くの作り酒屋の井戸が深さ6.5mだったので、同じ水脈なら高低差を加味して約8mで出ると予想していた。しかし、地面の底がどうなっているか解かるはずはない。水が出てホッとしている。水質が飲料水に適しているかどうか、水量はどれくらいあるかは実際に汲み上げて見ないと解からない。
これ以上掘るには、側壁が崩れてこないように、パイプを落とし込みながら掘る必要がある。最終的には10〜15mまで掘り進み、井戸の底に貯水スペースを確保する予定だ。手押ポンプはおかもとポンプのサンタイガー(最大楊程15m)にしたいが、井戸の口径を150mm以上にする必要がある。学生諸君には、口径を広げる作業を続けてもらっている。夏までには、手押ポンプを据え付け、水を汲み上げたい。
by ecoism-toshi | 2007-05-18 08:05 | 手堀り井戸
  

    平石年弘   明石高専建築学科教授 クライマー 父親・夫としての体験記
by ecoism-toshi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 09月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
ファン
ブログジャンル
環境・エコ
家庭菜園
画像一覧